Entries

02.18~19 卒業スキー旅行

カテゴリ : 家族で遊ぶ
1泊でスキー旅行に行ってきました。
メンバーはくわ家とやす家と我が家の3家族-腹痛1ママです。

事の発端は、6年生の子供たちの間で皆でスキーに行こうと言う話が上がったのが昨年11月だったかな。
子供たちも少々調べたりしてるんですが、当然にまとまらないですね。
結局のところ大人で決めるんですが、我が家は忙しくて予約が12月後半になってしまった。近場の水上辺りが良かったけど
AM4:30集合から1日目は丸沼高原。
DSC00887PMB.jpg
ゴンドラがあるとラクチンでいいよね。

山頂からは白根山が正面に見えて標高2000m!
DSC00892PMB.jpg
風も強く寒いですが浅間山までくっきりでした。

夕方までひとしきり滑ってホテルへ。
S_5673245108767PMB.jpg

伊東園ホテル、食べ放題飲み放題で8000円程度なんで家族旅行にはぴったりです。
ちょいむかつくスタッフもいましたが、会計で1人分のキャンセル料が計上されてなかったので許す(笑)
IMG_0331b.jpg
この小6年生3人は幼稚園からの付き合いなんで幼馴染です。
とくにくわ家とは年少のさくら組同期ですので9年間!早いもんです。

食後は温泉ホテルのド定番卓球。
IMG_0336b_2017022115550155a.jpg

この2人は漫才中にしか見えないな。
S_5673244947363PMB_201702211555030f7.jpg

大人はちょい飲みながらさっさと就寝。
子供たちは集まってゲーム。
IMG_0342b.jpg
子供ってゲーム好きだよね、中学生になるとやらなくなるのかな?

修学旅行みたいで楽しかった様子。
IMG_0343b.jpg

2日目は以前も滑ったホワイトワールド尾瀬岩鞍。
前日のゲレ食が激込みで9人確保が難しかったのでコンビニ飯持ち込み。
ゴンドラ上の山頂ででも食べようかと思ってましたが、風が強すぎ。
仕方ないのでレストラン入口のベンチで頂きましたが、愉しいメンバーで食べればどこでもいいよね。
DSC00894PMB.jpg

スキーは15時上がりでソコソコの渋滞、リュウガは兄たちと遊ぶけど一人チビなんで疲れて眼が、、帰途SAで甘いもので補給中。
IMG_0344b.jpg
夕飯も地元で一緒に食べて解散。

さて、今シーズンはスキー終了。
そろそろ自分の時間が取れそうなんで釣りに行きたいです。風よ止んでくれ。

02.14 11月~2月の偽装・メンテなど

カテゴリ : ベイスポーツ16
まずはボート側、たいしたことじゃないけど便利グッズ追加です。
ダイソーの水道栓に引っ掛けてスポンジなんかを入れておくもの?
ロッドホルダーに通しておけば小移動の時などルアーを都度ロッドにかけなくてもOK。
それと足元に滑り止め。
IMG_5697B.jpg
ところでBS16のスロットルレバーにはどんなボートでも付いてるクラッチボタンがありません。
特に気にしていませんでしたが釣りをしている中で気付きました。
エンジンをOFFにして流しているときに出っ張るスロットルレバーをワンタッチで上げられるんです。
出っ張りがなくなり邪魔になりません。この使用は釣りをする人でないと思いつかないですね、さすがはヤマハのボートと思いました。

次は自宅駐車場のハンドウインチ。
旧ウインチは高さ約40cm、引っ張るボート側フックは約90㎝ですので近づくほどに下方向に押さえつけます。
だから、近づくと電動ドリルで巻いてもSTOPしちゃう。単管パイプを使ってかさ上げしました。
sIMG_5878A.jpg
副作用的にはぎりぎりまで寄せると縦2台の駐車場が20cmほど奥まで入れられます。

そしてトレーラー、まずはライトなものから。
ランチングの時に水際まで入れたトレーラーのフレームを渡りますが何度かコケたので滑り止め。
それとトレーラーのウインチベルトを伸ばして置いておくのですが、よく落っことすのでQボルトを追加。
IMG_5609B.jpg

トレのジャッキが走行中にガタついてヒッチを通じてフレームから車内まで響くので固定用のラチェットベルト。
sIMG_5839B.jpg

そしてトレ本体。
たーたんのトレはフレームはステンなんですがアクスルシャフト等はスチール。錆が回ります。
sIMG_5854B.jpg
昨年も同様にさび落としとジンクスプレーしましたが再度行います。

注意深く観察すると試しに置いておいた防蝕亜鉛周りはさびの進行が遅いようです。
なので、適当にカットし亜鉛を進行の早そうな各所に配置。
sIMG_5859B.jpg

これでも海水につけるトレ後部スチール部品は錆びると思いますが進行を遅らせることができれば成功です。
sIMG_5863B.jpg

そんなことしてるとVアームにクラック発見、まじか。。
前回と同じく溶接屋に相談、今度はボートをトレに積んだまま見せて話しました。
sIMG_5841B.jpg

2回起こったので、クラックの無い場所も強度アップのため肉盛り溶接してもらいました。これで全箇所強度UPです。
sIMG_5860B.jpg
このステンのプレートは内側に切り込みを入れて曲げるので表裏に肉盛り溶接することで強度UPするそうですが、
根本的にはボルトの絞めすぎが原因のようです。

次は苦労したこと、バンクブラケットが勝手な方向に向いていますが、これは外房に行きだしてから発生した現象です。
sIMG_5847B.jpg
館山と違って外房では波が荒い。湾内でもランチング中にボートが波で上下左右に動くんです。
BS16の船艇形状にも起因してますが、その時に荷重がかかるとバンクレールが勝手な方向に動いてしまいます。
Vハルですとこういう問題は起こらないでしょうね。

解決策はバンク固定バー。
延長バンクレール下に補強のために入れたチャンネルに穴あけして、トレのフレームに固定してみました。
IMG_0081A.jpg

IMG_0082A.jpg

それとキールローラーですが、乗っかりすぎて回っていないようです。
sIMG_5850B.jpg
荷重がかかりすぎて削れていますね。

キールローラーブラケットは最下部まで下げていますので、削れたローラーに併せてディスクグラインダーで調整することにします。
sIMG_5852B.jpg
これでセンターにボートが誘導されやすくなると思います。

おまけですがバンクレールが明後日の方向に向くとたーたん1人の人力では修正できません。
IMG_0080A.jpg
外房ではいらっしゃった方々に手伝って頂きましたが、いつも周囲に人がいるとは限らないので最後部に穴あけました。

さて、、電気系統のトラブル修正です。バックランプが左右とも点かなくなっていました。
レボ11&ガーミン魚探用に12V出力の小型バッテリーを持っていましたので、ミノムシクリップで簡易的に電流を流せるようにしました。
トレ後部は海水に漬けるので、どこか腐食かなんかで接点不良だろうと探っていきました。
IMG_0083A.jpg
コレと検電テスター、それに針があればすぐに断線部分は探せるはずなのですが、、後部という思い込みからかなり苦労しました。

なんと一番前。ソケットにコードを固定するネジが緩んでいただけ。
ちなみにほとんどのねじが緩んでいましたのでネジロック材を垂らしました。
IMG_0085A.jpg
車のマフラー近くでフレームに固定されているのでかなりの振動なのでしょう。

さて完了と思いきや今度は左ウインカーが非点灯になってる。昨日までついていたのに。
仕方ない、もう一度。今度は前をいじったからかと考えて、前側からチェックしていきました。
そしたら一番後ろとな(笑)勘が冴えないな。しかもウインカー内部に水が溜まってました。。
IMG_0084A.jpg
ドリルで2か所穴をあけて排水。コーキングで閉じる。ついでにコーキング処理をしていない全ランプも処理しときました。

あれ?まだ点かない。ウインカー単体では点くので原因を探るとコレ。
右側のカットした端子の内部で断線している模様です。場所がわかれば簡単ですが防水端子の特殊なものらしくメーカーにも単品販売なし。
IMG_0194a.jpg
適当なギボシで合わせようとしても直径合わず。被覆を半分カットした圧着端子で何とかなりました。
ココはコーキングじゃなく耐水グリス仕上げです。一度水が入ったウインカーは時間の問題でしょうから買っとかなきゃ。
反対側のランプASSYも防水処理したり配線まとめたりしときましたので持つでしょう。

反対側はこんな感じ、トレタイヤのすぐ後ろなんで飛び石とかあるのでガード的に配線をまとめました。
ココは海水に浸かる場所なんで念を入れて。
sIMG_0247.jpg
ついでに、BS16とつなぐラチェットベルトの固定部分ですが、きつかったのでドリルで突っつきました。

で、ドリンクホルダー増設。夏に向けてです、2か所だと昨年は不足でしたので。
sIMG_0246.jpg


時間が足りなくて、あんまり海には行けませんが、ボートいじりも愉しいんですよ♪
今年は溶接にチャレンジしようかな。

02.03 中学受験体験記

カテゴリ : その他・独り言など
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

01.04~07 次男&親友でスキー

カテゴリ : 家族で遊ぶ
長男の受験で次男はとばっちり。
遊び盛りに連れて行ってあげられないのでいつもの湯沢マンションに泊まってスキーしてきました。
もう次男は父親と2人ではあんまりみたいなんで友人N君を誘って3人です。
今回は滑るのは中2日間ですか、前乗り翌日帰りですので楽チン。

前乗りPM9時に出発、最初は興奮してた子供たちですがそのうち落ちますね。
IMG_5881A.jpg
寝てる間にばびゅーんと到着。

静かに3時間運転するのでまぁまぁのヘトヘト。
IMG_5882A.jpg

温泉に入ってアルコールで交感神経をなだめます。
IMG_5883A.jpg

翌日はゆっくり。朝食は恒例のカップ麺。
IMG_5885A.jpg

昼から滑りました。なんせ結構な降雪なんです。
DSC00775PMB.jpg

食事してすぐに雪遊び。
DSC00792PMB.jpg
もう滑らなくっていいんだって。5本程度なんで1日券がもったいないけど楽しいならイイや。
おかげでたーたんは一人で15本ほど滑れましたがファミリースキー場なんで湯沢中里はイマイチ。

ナイター時間まで遊びきりました。
DSC00818PMB.jpg

夕飯は外食のつもりでしたが聞いてみたらスーパーがいいんだって。
でも腹ペコなんでココもいつものしょっぱい焼き鳥。
IMG_5905A.jpg

買い物して部屋で頂きます。
IMG_5908A.jpg
父一人で2人を引率してるんで子供2人の写真ばっかりですね。

落ち着いたらトランプ。
IMG_5916A.jpg
これ楽しかったなー、腹痛で笑いました。

2日目、天気は曇り空ですが昨日より好転です。
石内丸山、やっぱメジャースキー場は快適ですね。
DSC00826PMB.jpg

ひとしきり滑って大別当の上、ここではカマクラ作りしました。
DSC00848PMB.jpg

お昼はゲレ食。
DSC00855PMB.jpg
N君のびっくりチキンカツカレーですが、さらに大盛。1/4でギブアップ(笑)
代わりにタータンの腹いっぱい。

朝からリフトストップまで滑りきってソリ遊び。
遅めの夕食は維新のラーメン。
IMG_5918A.jpg
さすがにたくさん食べるだろと思いましたが、2人とも疲れて時折遠くを見てフリーズしてました。
なんでまた、、たーたんは腹いっぱい。

夕方から疲れで喧嘩も始まるかと思いきやまた大笑い。
子供同士っていいね。
翌朝まで眠って風呂入ってゆっくり帰宅しました。

2年生2人の引率はかなり大変ではありましたがリュウガとN君、できることにそれぞれ違いがあり、
リュウガに足りないことも見えたりして、これはこれで親としてもよい経験かな。

12.25 自宅船台作成

カテゴリ : ベイスポーツ16
さて、トレーラーにトラブル発生。。
前回フロントのVアームにクラックを見つけ溶接してもらいましたが、リヤにも小さいながらクラックらしきものが。
溶接屋に見せるとやはりクラックだと。

ボート降ろさなきゃなんですが、トレーラーの車検時に作ったタワーは大変だしリスキー。
そこで1週間構想し、船台を作成することにしました。
sIMG_5857B_201612260157381ae.jpg

図面はこんな感じでテキトーです。

まずはボートから重量物を下ろします。
IMG_5738B.jpg
バッテリーとタンク×2それと予備タンクで75kgほどでしょう。ガソリンは数日とはいえ保存が怖いのでデリカに給油しました。

次は船台のバンクレール作成。
IMG_5791B.jpg
木材は以前の失敗品をカットして再利用です。

あとは単管パイプをカットして、繋いでいくだけ。
サスケの自宅練習セットみたいなのができました(笑)
IMG_5821B.jpg
単管パイプを多く買ってしまったので補強がいっぱいですが接地点が増えて安定したので良いでしょう。

既設のリヤ側のウインチですが、ボート側のフックの高さが93cm、ウインチは40cm程度です。
ボートが近づくにつれ、地面向きに引っ張ることになりますのでサポートバー。
IMG_5838B.jpg
作成しながら思いつきましたが、ウインチ自体の高さを上げてやればいいんですね。
そうすれば普段のウインチ作業も楽になりますが、年末で時間がないのでそのうち作ります。

バンクレールにちょうどリビングで入れ替えた古カーペットを巻いてシリコンスプレー。
IMG_5837B.jpg
ちょっと高さが違うのはトレーラーのバンクレールの高さを修正するために今回は高めに作りました。
修正が終わったら正確な寸法にカットします。
ですので、ボートごとトレーラーをジャッキアップ、木材挟んでしのぎました。

ウインチ作業自体は文明の利器なんでらくちん。無事完了です。
IMG_5840B.jpg

ボートの前は軽いので落っこちることもないと思いますが、見た目からしてこわいので挟んでおきました。
IMG_5843B.jpg

下部も念のため落下に備えてます。
IMG_5842B.jpg

後部はこんな感じですが、保管時はフックを留めておきます。
IMG_5844B.jpg

ゆすっても乗っても大丈夫。トレーラーより全然強い感じです。
1.5万ほど費やしてしまいましたが、パイプの長さや留める位置をマーキングしておきましたので
次回車検の時は割と簡単にボートを下ろせると思います。
毎年クリスマス前後は南の島で過ごしていたんですが、今年はタイガの受験大詰めのためこんなことしておりました。
さて、メンテを一気に終わらせよう。



12.05 外房空振り

カテゴリ : フィッシング
ライトタックルも携えて、睡眠もバッチリ!
意気揚々と外房に行ってきました。

しかし、ダメ、ノーバイトノーフィッシュww
そんなもんですね。
DSC01331PMB.jpg
こんな感じで船団に囲まれてジギングしてました。
でも、近くにルアー船が1隻いて、後でHPを見たらジギング・キャスティングともにポツポツと釣ってるんですよね。

小潮ですが、流れは複雑。
DSC01332PMB.jpg
沸き立つような、流れがぶつかってるようなところにボートを入れると2回転しました。
まるでディズニーランドのホーンテッドマンション。
変化に付いた魚はいないかなと2回ほど突っ込みましたが、気持ち悪くなっただけ。

ライトタックルは軽くてなんとか5時間ジギングできましたが、巻き取りが不足してラインスラッグが出てしまう。
やっぱりこのリール購入だな。

たーたんは手が小さいのでロープロじゃないとダメ、一択な感じです。

いつも獲れるほどヒラマサは甘くないよね。
でも一つずつ問題解消しながら目指す、幼稚園児のように成長してるかな。
そろそろシーズンも終わりでしょうか、漁師も獲れてないみたいでした。
アオリイカのティップランのシーズンですので、ヒラマサは春までお預けかもなので、筋トレしとくとしましょう。

12.03 対外房ヒラマサ用タックル再考

カテゴリ : お買い物
ここのところ外房からヒラマサ狙いで出撃していますが、やっぱり内房とは色々と違いますね。
太平洋に面しているので、ほぼ常にうねっていて大変。。
なんで今週日曜日の出撃に備え水曜日からは6時間睡眠でAM3時に起きるという早寝早起き対策をしてみてます。
これで酔うならたーたん自身のスペックなんで仕方ない。
それと、トレーラーからのランチング。スロープにそこそこの波があるので勝手が違うんですね。
トラブルもありましたのでこれは別途修正の予定です。

で、今日の本題はタックル。
たーたんはDAIWA好きでもありますがスペックとか比較しやすいのでDAIWAと安価なメジャークラフトにできるだけ統一してます。
これまではジギングにソルティガコースタル 60S-3/4・FとキャスティングにキャタリナCASTING HIRAMASA79S・Nを使っていました。
でもね屈強な腕は持っていないので筋力体力不足、ハードすぎて続かないんです。船酔いも含めダウンしちゃうんです。。

なんで、少しライトなタックルを準備。
ジギングはメジャークラフトのオフブローOB-B58/4です。すでに廃盤モデルなんでTBで取り寄せてもらいました。
リールは手持ちのこれ。

ラインは最近こればっかりです。

3号50lbですが試したらLJ-3には3号は230mあたりが限界でした。
ベイトタックルのお試しなんで他のリールは物色していませんが、将来的にリールはこんなのに代えるかも。


マイボートジギングはあんまりキャストしないし、ベイトリールはロッドの中心線に近くハンドル軸延長もロッドに近いから楽チン。
さらにはオフブローOB-B58/4はスパイラルガイドってことで番手違いで3本目です。スパイラルガイドは賛否ありますがたーたんは好み。
メリットは大型が掛かってロッドが絞り込まれたときにラインがロッドに触れることを防いでくれます。
それと、トップガイドが下向きなんで糸がらみが起きにくい。
デメリットはガイドに引っ張られてロッドが捻じれる(魚のほうにロッドを回転させれば解消?)、
スプールにラインが偏ること(レベルワインダーがあればOK)か。
結局は好みでしょう。
スパイラルガイドのベイトジギングロッドはスミスからも出てたと思いますが、まずはOB-B58/4でやってみます。

次はキャスティングロッド。
リュウガのサッカー大会の帰りに江戸川で3本テストしました。
sDSC_0025.jpg
●キャタリナCASTING HIRAMASA79S・N ~100g
●ソルティガドラド SG オールラウンダー 71S・F ~45g
●tailwalk SQUALL黒潮ver2 66M  ~60g
ナス錘とプラグで試してみましたところ、
飛距離はキャタリナ>ソルティガ>SQUALLとなりますがプラグでキャタリナとソルティガの差は10mほど。
これは地面の上で全身を使ってフルキャストした場合。
たーたんのBS16は広いバウ側でボートの横方向にフルキャストするとボートがローリングして落っこちそうになります。
それにほとんどはリーニングシート付近から上半身を主としたキャスティング。
なんとなく、ボート上をイメージしながら再現して投げてみると、
キャタリナ≧ソルティガ>SQUALLとなりました。
SQUALLはタイガのシイラ用にヤフオクでなんとなく買ってあったものなので予想通り除外として、
ソルティガがメインになりそうです。体力面以外にも小さなボートなので7fくらいじゃないと操作しにくいという部分も。
50g前後までのルアーはソルティガ、それ以上に重いルアーはキャタリナかな。
と、わかってはいたが実験してみました。こういう小さなことを納得しとかないと釣行時に集中できないんです。

最後はリール。
左・14’カルディア3520PE-H、右・15’ヴァデル4000H
DSC_0016PMB.jpg
カルディアはシャロースプールにラパラのラピノヴァ・エックスマルチゲーム200m2号33lbが、ヴァデルはスーパージグマンX8の3号50lbが300m巻いてあります。

スプール。
DSC_0018PMB.jpg

ボディ。
DSC_0021PMB.jpg

入れ替えました。
左・ヴァデルスプール+カルディアボディ。
右・カルディアスプール+ヴァデルボディ。
DSC_0024PMB.jpg
これで、ジギング用は軽く3号300mになり、キャスティング用も軽くなりましたが2号ってのが不安がありますね。
たーたんの場合はメインはジギングということでとりあえずです。

さて、詰まるとところかっこいいソルティガをジギング・キャスティングのメインに。
カーボンやアルマイト仕上げは世代的にヒットなんでしょうね。
sDSC_0027.jpg
意識していませんでしたが、世代違いだからかアルマイトの色が若干違います。

そう、たーたんはカーボン柄が大好きです。
最近変えたスマホも赤ボディにカーボン柄カバーで狙ったのですが家族には不評でした。
ssIMG_5588B.jpg
デリカの内装パーツも全部カーボンパネルに代えています。

上はソリッド&ホワイトティップを試してみようと更新したティップラン用のSKR-S702EL/TR。ティップランロッドはいつのまにか3本になってしまいましたが、この手のロッドは安価なので良さそうなら深場用も買おうかと思います。
sDSC_0028.jpg
中は50g以上のキャスティング用のキャタリナ。下はジギングで疲れた時用のベイトジギングとタックルが落ち着きました。

さて、いろいろと手持ちのもので再考しましたが、結局のところ体力面と操作性からキャスティングロッドは
オフショア系メーカーのヒラマサキャスティング用で7f前後のライトなものが良いのかなとかも思っていますので、
来シーズン以降でしょうがリールと併せて再検討となりそうですww
いつか1mオーバーのヒラマサを掛ける時が来たとしたら、ロッドをへし折られたら、、それはそれで面白いでしょ。
それからヘビータックルに代えて再挑戦すればよし、ゆっくり愉しむこととします。

11.20 外房は空振り

カテゴリ : フィッシング
先週に続き、外房に行ってきましたが、良い思いはそう続かないもんですね。。

前泊は恒例のアマゾンプライム、タブレットで映画。
DSC01325PMB.jpg
毎度のことですが、一人前泊を愉しみすぎて寝不足なんです。

海のほうは無、、、相変わらずうねってますが、今年最後の小春日和で気温は20℃ほど。
前週の美味しい思いをしたポイントを中心に探ってはみましたが魚信がありませぬ。
遠くにフラッグが見えたのであんなとこに瀬があったっけ?行ってみようかな、なんて思っていたらフラッグが近づいてるくる感じ。
これは仲間のKちゃん登場でした、LINEの予告通りでした。
DSC01326PMB.jpg
互いに酔っぱらって流されましたww
たーたんは朝一に出たにもかかわらず1時間以上も戦線離脱、Kちゃんも同様だったようですが起こしてもらいました。
初めてアネロン2錠目を飲みました。

さて、釣りのほうはというとアカハタ1尾だけで昼過ぎに上がりました。
DSC01327PMB.jpg

釣果もないので美味しいご飯は無し。仮眠を経てさっさと帰宅し夕飯に間に合いました。
ちなみに前週のヒラマサは前日夕飯に余った身と兜、カマを煮付けてみました。
DSC01323PMB.jpg

そして、アカハタは定番の湯引きでポン酢。
sDSC_0008.jpg

わずかな、貴重な1尾だったのでアラも出汁としました。
sDSC_0009.jpg
スープになりそうです。

ところで、やっとフィールドの穂崎さんとお会いしました。
片づけていたらライジン号が見えたので遠くから声かけてみました。
この日は漁師さんも含め獲れている人はいなかったようで、前週にたーたんが釣れたのはスーパームーンのおかげですね。







11.13 ヒラマサW

カテゴリ : フィッシング
先週は出れなかったので意地になって、ヒラマサ狙いに勝浦で出艇してきました。

ココから出すのは2回目、ポイント分かりません。
でもガーミンの海底地形図任せでポイントを絞って、、3投目くらい。
DSC01302PMB.jpg
70cm、ヒラマサ!実は釣ったときはワラサだと思ってました。
ヒラマサジギング用として春に買っておいたソルティガコースタル 60S-3/4・Fで初フィッシュだったんですね。
そりゃそうだ、今まではライトジギングロッドでワラサだったので感覚が違いました。
釣りに行く回数が減ってきてそんなことすら忘れてww

さらに数投目、、バラシ。

また数投目。
DSC01303PMB.jpg
65cmでした。まだこの時点では2尾ともワラサだと思っています(笑)

で、またバラシ。
1時間弱で2/4これはこれで対策せねばいけないが、寝不足と太平洋のウネリで酔ってしまい久々のアネロン服用。
急激な眠気から戦線離脱です。

ちなみにジグはすべてCBマサムネ95g。全てストップの時に食ってきました、いわゆる食わせの間ですね。
こんなにはっきりと体感したのは初めてです。

1時間ほど横になってウトウトしながら漂っていたら隣に海保の巡視艇が。近いのに双眼鏡でたーたんを見てました。
死体かなんかと思われたんだろうか。
でも心配して声をかけてくれたのでありがたいですね。
なんでもこのエリアは徹夜空けの漁師が勝浦港に戻るライン上なんで、彼らは居眠りするから突っ込まれないように気を付けてと。
どんなエリアなんだ。だから見回るのか―。

さて釣り再開。
寝る前まではワラサならいくらでも釣れる気持ちでおりましたが様変わり、チャンスタイムを逃したようです。。
でも寝ているときに気になっていた捕食音、ペンペンシイラ。
キャスティングタックルではルアーが大きくて乗らなかったのですが、流して移動してたら勝手に掛かりました。
DSC01313PMB.jpg

2匹のヒラマサとハードなジギングで腕が痛いので体がついていきません。
以前は釣りに行くために多少の筋トレしてましたが最近はめっきり、でも再開の兆しアリです。
で、スロジギやタイラバ。コレもバレましたがサバかアジかのブルブル系。

帰りがけにシイラ追加。
DSC01315PMB.jpg

結局朝一番がチャンスタイムの日だったのかな?
帰途、勝浦と言ったら勝浦タンタンメンしか思いつかないので国道沿いのてっぱつ屋というお店に。
DSC_0003PMB.jpg
味噌味にしたら辛味と相まって中々美味しかったです。

帰りの車内でふと思う、あれはもしかしてヒラマサ?
そういえば真下に突っ込んでたよな、ジギングロッドがぶち曲がってたなー。
帰って仲間にラインして見てもらったらやっぱりでした。
IMG_5550B.jpg

2匹捌いて、さきほど少し頂いてみました。
IMG_5551B.jpg
身がしまっててヒラマサだね、でも神経締めしたからか当日はコリコリし過ぎかも。
2日ほど寝かせてみようかと思います。

今年はボートを購入して、MYボートでヒラマサ釣りたい!って考えていたのですが、
あっけなくクリアしちゃいました。でもまぁワラサと思っていたので。
この日はダイビングに行こうかなーなんて思ってたんですけど、風が弱く外房日和でしたので正解でしたね。

11.09 カヤック艇庫改め備忘録

カテゴリ : カヤック艤装・アイテム
X13時代にイレクターで作ったカヤック艇庫ですが、その後レボ11を経てBS16と海上での乗り物が変わってきました。
BS16になってからは、そのまま家の裏において物入れにしてましたが、せっかくなので収納性を上げるべく更新しました。

現状。
IMG_5109B.jpg
その辺に放置した感じ。

この、テーブルは便利ですが腐って穴空いてます、梅雨時には2種類のキノコが生えてました。
IMG_5110B.jpg
下にカヤックを収納するためにテーブルの高さが1.2mと使いにくい。

全バラして、テーブルの高さを85cmにするためイレクターをカット、錆が浮いた金属パーツは落として塗装。
IMG_5113B.jpg

買ってきた板材も塗装。パネコートなんで表面はウレタン塗装済み。
IMG_5133B.jpg
下部の板材はホールソーで穴空けて裏面は湿気の影響もありそうなのでアクリル系塗料で塗装。
テーブルはまた腐っても簡単に交換できるので、家にあったダイソーのアクリル系塗料で。

端材があったので、よく使う釣り具を収納してるルーフボックスの前にミニテーブル。
IMG_5135B.jpg

完成。
裏に置いてあった物が収納出来てスッキリ。
IMG_5134B.jpg
翌日の雨上がりに様子見たら、テーブルの上に溜まっていましたので7%ほどの勾配を付けました。
それと、切断面から浸水する様子でしたので、テーブルのみ切断面にコーキング薄塗。
これで、しばらくは持ってくれるでしょう。

おまけ。
TVのリモコンが強く押さないと反応しなくなってきました。
洗浄後の写真です。
IMG_5131B.jpg
手から浸透する油分が原因のようです。
ばらして右のゴム系のシートはお湯と中性洗剤で洗う、基盤には油がべっとりなんでパーツクリーナーで洗う。
これでとりあえず復活しますよ、でもシートに浸透しているようで1年程度で悪化しますので再洗浄です。
爪を折らないように注意しましょう。

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ