Entries

04.10 次男リュウガの入園式

カテゴリ : その他・独り言など
この日は、次男リュウガの入園式でした。
DPP-5606.jpg
といっても、長男タイガが3年間通った慣れ親しんだ場所。
幼稚園には目新しさはありません。

デモね、次男ってカワイイ。
ほんとかわいい。
ついこの間までバブバブだった感じですが、それなりに園児になってるんです。^^
mDPP-5605.jpg

長男タイガには虐げられ、親にはお下がりを与えられ、それでもたくましく育つ次男。
でも、不安な時にはやっぱりママにべったり。
こんな姿が親としてとても愛おしい。
DPP-5607.jpg
たーたんは不安げなリュウガが大好きだよ。
その不安、すべてをという気持ちでできる限りともに感じたいと思う。

翌日からは初登園。
小さな体で不安と期待に胸膨らませる様子が見て取れました。
MDPP-5608.jpg

これからこの幼稚園に通い体もココロも大きくなるリュウガに楽しみでいっぱい。




ありがとう、リュウガ。

04.06 風よ!!

カテゴリ : その他・独り言など
いつになったら風と自分がシンクロするの~??

もう準備万端。
たーたん3号にはターボフィン付けたし。
DPP-5523.jpg
(比較です。)

ベイヤード&ボウブンには新品08号巻いたし。
DPP-5557.jpg

もう待ちきれん!!

朝八丸のライトルアーも始まったのでタイガと行っちゃおうか。
動力船なら多少の風でもなんとかなるかな。

04.01 UQ-WIMAXでコストダウン 156,000円/年 !!

カテゴリ : その他・独り言など
実は我が家の通信費が厳しくなっています。。
夫婦でガラケー2台=約10000円強 (←普通のケータイのことね)
ひかり回線約   =約 7000円

これをスマホ化すると、一人スマホで+5000円、2人スマホで+10000円。。
27000円!?無理です。

そこで見つけたのがUQ-WIMAX
すごいのは機器追加オプション
キャプチャ
+200円で2台目が持てちゃうんです、さすが後発。しかし同時接続は出来ません。
我が家の場合は自宅用にこんな奴。

キャプチャ2
有線LANポートがあるのでコレをSWハブ経由でPC2台にプリンタ2台&FAXでテレビ、無線LAN経由でノートPCとWiiに。
機器は多々あれど使うのはたーたんとサチの2人(というかほとんどがたーたん)。
同時に使うことはあんまりありません。
あってもわずかなんで優先順位設定で何とかなりそう。

つまり自宅のネット回線と外出用のWIMAXがセットで4080円で済んでしまう!
もっとつまり書くとですね、自宅のブロードバンド回線とスマホなりタブレットなりの外出用の機器が計4080円です!!
しかも機器追加オプションは2台までできる!!スマホやタブレットは+200円で2台持ちが出来ちゃいます。
これってメチャ画期的~!!
我が家のように使用時間が被らない家庭や、一人暮らしの人には最高のサービスだと思います。

同時に2回線接続を使いたい人には基本3880円+ファミ割りパック2480円=6360円でOK。
光回線よりやや安い金額で外でスマホやタブレットが使えるんですよ、それでも安いと思います。

通信費節約のカギはズバリ「高い携帯キャリアの通信網を使わない」・「プロパイダを排除する」ですね。
実社会と同じく、いかに中間マージンをカットするかというデフレ社会の常套手段。
イーモバイルでも良いですが機器追加オプション的な物がないです。
ともちんは魅力的ですがガチャピン&ムックを選びました。^^

これで我が家を再計算すると。
夫婦でガラケー2台      =約10000円強 (←普通のケータイのことね)
WIMAX+機器追加1台   =   4080円

なんと、27000円→14000円程度に圧縮できることになりました!!
年額にして156,000円のコストダウン!!!

スマホは使わないとして、ひかり回線単独と比べると
料金が3000円くらい安くなったにも関わらず、家の中と外出用の通信手段が確保できたことになります。

WIMAX+機器追加(もしくはファミ割パック)+ガラケー=最強ですよ!

気になる通信速度ですが我が家ではコンスタントに10~20MB前後!
理論値が40MBでベストエフォート、YouTubeのHD動画も楽々です。

たーたんが選んだ機器追加オプションはシャープのEB-A71GJ-B
DPP-5535.jpg
スマホと違って7インチなんでキーボードもOK!
持ち歩きはあまりしませんがipadなどの10インチと比べて必要があれば持ち歩けるレベル。
そして、WIMAXルーター内蔵のアンドロイド3.2。

スマホやアイフォンなんかの人は小さな無線ルーターにして持ち歩けばOKですね。




ココから申し込むと紹介元と新契約者に3000円ずつのギフト券がもらえるという太っ腹、実質機器タダ。
さすが、ケータイやプロパイダなんかと違って後発組のサービス。
sキャプチャ3

ちなみにUQ-WIMAXというのが本家WIMAXで契約期間の縛りは1年間。
他のプロパイダなんかのWIMAX(MVNO事業者というらしい)は少し安かったりするんですが、
縛りが2年間だったりが多いみたい。さらに無線ルーターが見た目は同じでもそのMVNO事業者専用に
なっているので後で別の会社が提供するWIMAXに乗り換えたりは出来なくなります。
そういった意味ではUQ-WIMAX(MVNO事業者の縛りのないルーターが届きます)を
1年更新ごとに安く最新機種を手に入れて使うまたは売るが良いと思いたーたんはUQにしました。


かなり安くなって便利になって大満足。
VIVA!WIMAX!!

03.16 うれしいNEWS!!

カテゴリ : その他・独り言など
明日、納艇を迎えてうれしいニュースを発見。

kayak55.com実店舗

なにが嬉しいかというと、たーたんが割と日常的に使う道に面していること。
釣りに行けば必ず使う道なのです。
店舗外観写真みて、あの建物ねってわかるくらいです。
タータン家から車で15分ですよ。

chizu.jpg


こりゃうれしい。便利。サイコー。

欲しいものがすぐに買える、試せる。サイコー。


FUNさんなんかも寄りたいとは思いつつも高速途中下車ってのもなかなかできないんで
ほとんど行かずじまい。


でも55実店舗は帰りの一般道ですからね。

01.24 グアム PIC&オンワード ホテル比較備忘録

カテゴリ : その他・独り言など
グアムのホテルについて子連れ旅行に利用する2つのホテル、
気になる方も多いと思いますので備忘録として書いておくことにしました。

≪PIC≫
キッズクラブで5ドル&昼食代で9時から4時過ぎまで預かってくれる(4~12歳)。プチ国際交流。
クラブメイトと呼ばれるプールスタッフがフレンドリーで監視体制も良い。時間ごとにキッズイベントが充実している。
ベビーシッターが8ドル/hで利用できる。日本人の20代女性が来てくれて安心した。
タモンから近いホテル群にある。でも中心街まで歩くことは無理。
ホテル目の前にトニーローマやカプリチョーザなどあり、到着日や食事せずにホテルに戻ったときは便利。
ホテル目の前にABCとガンシューティングがあり便利。
韓国資本のようで、日本2:中国韓国7:欧米1くらい。文化の違いもあるのだろうがうるさかったりもするが、
子連れだと紛れて助かるケースも多いので気にしなければ問題ない。
ロビー横のテラスからファイヤーダンスが見えるのでショーに参加しなくても雰囲気を味わえる。
10時過ぎまでプール際でライブ?をやってる時もあり気になる人もいるかも。プールから遠いタワー泊は関係無いと思う。


≪オンワード≫
プール・スライダーが充実、小学生以上プール主体で選ぶならばオンワードがおススメ。
プールの監視体制がPICより甘いように感じた、流水プールは監視無し。
ホテルの宿泊に1日1枚の朝昼どちらかに使える食事券がついてくる。
DPP-2438-1.jpg
そもそもホテルのビュッフェが安いので助かる。
PICは朝も昼も20数ドルだったので家族で毎日食べると結構負担感あるがメニューはPICのほうが充実していて飽きない。
タモン地区からは遠い。レンタカー派ならば問題ないがタクシーやバスは飲酒時以外は使いずらい。
レンタカーがあればKマート、GPO、ペイレスなど近くて買い物と食事には困らない。
ベランダのドアがとても重い。意図は違うかもしれないが子供には開けられないのでgood。
日系らしく日本語スタッフがPICより多い。アメニティもオンワードのほうが良い。
カヤックで渡れるアルバット島、目的地があるのは面白いしビーチ前より雰囲気が良いし餌付けも出来る。


ちなみにPICサイパンも泊まったことありますがほぼPICグアムと同評価です。
ホテル周辺には何も無いですがグアムより少しだけゆっくり、静かに過ごせるかな。

※注意喚起※ 車上荒らし

カテゴリ : その他・独り言など
8月28日の日曜日に車上荒らしに遭い、財布の中の現金を全て奪われました。
許せない犯罪ではありますが、KFに限らず海水浴やキャンプなど様々なレジャーで車上荒らしは聞きます。
恥ずかしいことに私は今までそういった話を聞いても注意書きがあってもどこかで「他人事」と思っていました。
だから車のロック以外に無防備だった自分に気づきましたのでこの記事を皆さんに読んでもらいたいと思います。


≪状況≫
●2人で1台の車(ハイエース)に乗り合って行きました。、商用車ですので最近の車にあるような防犯装置はついていません。
●場所は鋸南。当日ビーチクリーンがあり20艇ほど出艇しました。私たちは到着が遅れその中でも最後の方に準備・出艇。
●ビーチ正面の駐車場が満車だったので、そこからトイレの建物を挟んで反対側の駐車場に車を置きました。
●現地到着はAM5:20、出艇は5:50です。
●出艇から釣りをしてAM9:30に帰着。その後は片づけをしてAM10:10位からビーチクリーンに参加(正午過ぎに解散)。
●解散後に食事。会計で財布の中身が、札・小銭すべてないことに気付く。
●財布が入っていた小さなカバンはハイエースの助手席裏のくぼみに入れて、その上に着替えが入った大きなカバンを置いて、さらにその上にタオルを置いていた。
●小さなカバンの中には家の鍵や手帳など、財布の中身はクレジットカードや銀行のキャッシュカード、免許書なども入っていたがこれらは被害に遭わなかった。手帳にも万一ための現金5000円が入っていた、車には割と目立つ場所にアイポットがあったがすべて無事。
●車には鍵をこじ開けた等の形跡は無し、準備中以外は施錠もされていた。
●小さなバッグ→大きなバッグ→タオルと隠してあったが、現金を抜き取られた後も元通り現状に復してあった。


≪事後の状況把握≫
●私はカヤックと車を行ったり来たりしながら準備するタイプ。同行者はカヤックを運んだあとはすべての準備を車の横で済ませて施錠してから海に出るタイプ。従って同行者と2人で記憶を辿ると施錠せずに2人で同時に車を留守にした時間は出艇時と片付け時に2艇のカヤックを運ぶ間だけと思う。
●出艇時にカヤックを運んだ時は全てのドアが開錠されていた。片付け時にカヤックを運んだ時には後部の跳ね上げゲートのみが開錠されていた。財布は助手席裏。よって出艇時の犯行可能性が高いと思う。


≪考察≫
●出艇時はAM6時前。出来心の犯行とは考えにくい。
●他のKFアングラーとはトイレの建物を挟んで1台だけ死角に駐車していた。さらに到着時にはほとんどのKFアングラーは出艇していたため犯行に及びやすい状況か。
●現金だけ抜き取られて、その事実が分からない様に現状に復してあったので食事をしなければ帰宅まで気付かない。カード類は足が付くので不要の様で今回の私がそうであったように現金はどうせ戻らないので警察にも届けない。
●ゆっくり時間をかけて目立つカヤックを運ぶという行為は犯人にとっては絶好のチャンス。カヤックを積んでいればカヤックを運んで車を留守にするという事だし、顔を見られずに遠くからカヤックを運ぶチャンスをうかがっていれば良いだけ。
●死角に駐車時点で目をつけられた可能性も。財布の入ってそうな小さなカバンを隠すところも見られていたのだろうか。
●財布を全て持ち帰りあとで現金以外を捨てるというのが私のイメージする車上荒らしでしたが今回は違いました。中身だけを抜いて現状に復するという時間の掛かる行為は犯人にとっては大きなリスクと思われます。もしくはカヤックを運ぶ我々を一人が見張りをしてもう一人が犯行も考えられます。いずれにしろ犯行時間を短することは犯人の目的でしょうが手のかかる方法を選ぶには発覚を遅らせるという理由があると思われます。


≪対策≫
カヤックを運ぶ時や荷物を運ぶ時に車を留守にするときには必ず施錠する。
●現金・車の鍵・貴重品は防水ケースに入れてPFDやカヤックに収納する、車中に置去りにしない
●余計な現金は持ち込まない。盗られるかもしれない前提で最低限の食事代・免許証などだけを別の財布に入れる。(もしも財布ごと無くなっていたらカード類を止める連絡が多くて大変だし、自分の財布の中身を把握していないことに気づきました)
●周囲に気を配る。出艇前はどうしても早く海に出たくて注意散漫ですが、周囲を見ていれば仮に犯人が近くにいた場合は顔を見られたと思うこともあり抑止力になると思う。また周囲のKFアングラー同士で気を配っていれば犯行に及びにくい状況が作れると思う。
死角や周囲に人気の無いところにはなるべく駐車しない。
●私はそのまま帰宅して届けませんでしたが後になってで考えるとやはり警察に届けるべきだと思う。「現金だけだから」と放置するのは犯人の思う壺で再犯の可能性を上げると思います。
●犯行を目撃したり犯人を見つけても絶対に対峙しない。仮に相手が刃物を持っていたりして命を落としては元も子もありません。周囲の人を呼んで大勢で囲むなど以外には犯人を捕まえようとするべきでないと思います。
●車内の見えるところに小銭やカバンなどを置かない(貴重品が入っていなくても)。



私の被害は現金でしたが釣具や車の装備品の犯行も考えられますし、単純に車に悪戯をされる嫌がらせもありうると思います。色々な犯行方法があるとは思いますが結局のところ余計なものを持っていかない、貴重品は身に着けるということが対策の基本でだと思います。
これを読んだ方は私のように他人事だと思わずに防犯の観点から今一度振り返っていただきたいと思います。

05.26 ゲリラ豪雨・気象予報士つぬたり考察

カテゴリ : その他・独り言など
ちょうど1か月前に書いた04.25ゲリラ豪雨の記事に関して
気象予報士のつぬたりさんが自身のブログ内にて回答してくれたので転載します。

以下転載です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
外遊びにおける激しい気象現象への備え

ペーパー気象予報士つぬたりです。

いとこのたーたん氏のブログで、いわゆる「ゲリラ豪雨」の予報に関するトピックがありました。そこで、それに関してアウトドア実践派予報士としての私なりの見解を記載し、皆様がフィールドでの活動をより安全に、自然を適度に恐れながら楽しんでいくための参考としていただこうと思います。

まず、ゲリラ豪雨のような局地的な現象は、例えば「今日の昼間に関東のどこかで起こるかも」というくらいは大体わかります。しかし、その精度ではアウトドアの現場には役に立ちません。

現実的には、ピンポイント(市町村単位くらいの空間メッシュ&30分単位の時間メッシュ)でいつ・どこで起きるかを、その日の朝のうちから正確に予報することはほぼ不可能です。おそらく今から50年経っても無理な気がします。そのためには、そもそもとんでもなくきめの細かい気象観測網と膨大な数値計算が必要になるからです。

また、原理的に言って「時間と空間のスケールは連動する」ということを知るのも極めて大切です。ローカルな現象は時間が短く、大きな現象は時間が長い。予報についても、対象とする範囲が狭くなればなるほど、直近の短い時間についてしか確かなことは言えなくなり、その先は急激に不確かになっていきます。「一週間先まで頼れる局地予報」のようなものが実現されるのを待つのはさっさと諦めましょう。

それでは、ゲリラ豪雨のような局地的で激しい現象に対して、アウトドアの安全性を高めるために何ができるか?私の考えは下記の通りです。

1. まずは大まかに、「今日はそういうことが起こりやすい状態」という現状を認識する。この際、天気予報の「大気が不安定」というのは要注意ワードです。簡単に言うと大気の鉛直方向の温度傾斜がきつく、それを解消するために上と下がひっくり返りやすい→激しい対流によりモクモク雲ができて雨が降り、雷が発生し、下降気流が地面に当たって広がる時に突風が吹くということだからです。

このキーワードを耳にした時点で、今日は海や山での外遊びはやめておこうと判断するのもアリです。または、地面が温まって大気の不安定度が増してくる前に、午前中の早い時間にあがって帰るなど行動計画に柔軟性を加えるのも意味があります。とにかく心の中に警告ランプを一つ灯しておくことが極めて重要です。

この時には、見ている空間と時間のスケールは日本全土・半日~一日くらいです。地上天気図がやはり基本で、それに高層天気図を加えることができれば現象の理解が深まります。

2. 現場に着いたら、フィールドへ出る前に最新の状況をチェックする。ここでは先ほどの大きなスケールの情報に加えて、時間・空間ともにきめの細かい情報も必要です。

公共情報としては気象庁のレーダー・ナウキャスト(= now + forecast)が代表的で、それだけでもかなり役に立ちます。また、アメダス観測データを注意深くチェックし、近くに変な動きをしているところがないかを確認するのも有効です。気温や風向きが急に変わっているところや、周囲に比べ際立って多くの降水が観測されている地点があったら要注意です。

それに必要な装備として、ノートパソコンやスマートフォンの普及は歓迎すべき流れです。そのためだけにお金を払う価値あり。貴重な休日を心おきなく楽しむための有効な投資です。

3. フィールドへ出たら、上記のリアルタイム情報を定期的にチェックする。かつ、身の回りの天気の変化に絶えず注意を払う。

予報技術がどれほど進んでも、天気の基本は実況の観測であり、そして観測の基本は大気の変化を人の目と肌で感じとることです。個人的には、天気に関する人間の感覚というのはかなりあてになると思っています。空の明るさや雲の分布・形を目で見ることはもちろんですが、一番大切なのは「空気が顔をなでる感じ」に注意を払うことかな。顔をなでる感じは風の強さや温度・湿度、そしてそれらの時間的な変化を総合的に捉えているものです。

以上長くなりましたが、1. 事前に総観的なスケールの情報で心のスイッチを灯し、2. 直前には最新かつローカルな現況をチェックし、3. 現場ではそれらの情報の最新版と、あとは肌の感覚を研ぎ澄ませて天気の変化に注意を払うということでしょうか。

肌感覚はもちろん経験の積み重ねにより磨かれていきますが、色々な気象情報に関しても、解釈の練習および現場で起きたことからのフィードバックの繰り返しにより、注意すべきポイントや情報の見方の「感覚」が次第に身についてきます。

また、情報の集め方に関していうと、複数の天気予報サイトを見比べて判断するというのは誰しもやっていることだと思います。しかし、本当に大切なのは同じようなスケールの予報を横並びで比較することではなく、スケールの異なる情報を階層的に収集することです。

気象庁のサイトだけでも、気象衛星画像や天気図(地上・高層)および各地の天気予報・週間予報といった数千キロ規模・数日単位の大きなスケールの情報から始まり、アメダスによる数十キロ・数時間単位の実況の動き、そしてレーダー・ナウキャストによる5kmや5分といった極めてメッシュの細かい短時間の予報など、各階層にわたる情報が公共の資源として無料で配信されています。日本は素晴らしい!背後でそれを支えている人々の努力や設備投資を考えると、まさに税金を払っている甲斐があるというもの。これを活用しない手はありません。あとは民間気象会社の有料サービスに加入し、海や山など自分の活動分野に関する彼らなりのコメントを参考にする(でも、鵜呑みにはしない)のもいいと思います。

そして、それら諸々の情報収集や現象の解釈に確固たる背骨を通しておくためにも、アウトドア諸兄は気象学の基本的なところは勉強しておくのがやはりお勧めです。次回はそのために役に立ちそうな本をいくつか紹介したいと思います。いつになるかはわかりませんが…。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FC2ノウハウ

04.25 ゲリラ豪雨

カテゴリ : その他・独り言など
つい2時間まえの13:00くらいから私の住んでいる松戸市でゲリラ豪雨がありました。

この日の天気予報&天気図はこんな感じ。
日本気象協会が運営するtenki.jpです。
s天気図

なんとゲリラ豪雨を予想しているではないか!


当てにならないと一部で言われるヤフーの天気予報。
ちなみに海上でなく日常ではたーたんは便利に使ってますし不自由は感じません。
sヤフー天気


ここにも前後微風の予想に対して12時~5mと突風を予想してるではないか!



そこでわれらKFAが海に出るのに多用しているであろうGPVはというと
13:00
sGPV133.jpg
前兆予兆なし。その後もたしいて変わらず。

16:00
sGPV16.jpg
もしかしたらやや雨か?
でもこの感じではありませんでした。
風のほうもGPVでは予兆なし。


14:30に気象庁から発表される12:00の実況天気図は他のサイトの元になる情報と思われますが
やや情報量が多いですね。
たーたんには外遊びOKな雰囲気に見えますがどうなんでしょうか、>つぬたりさん
s実況天気図


実際は12:30くらいまではほぼ無風で春うらら、海に浮きたいなぁ~なんて思ってました。
やや風が出てきたかなと思ったらそのそばから突風、そしてすぐに大雨と雷。
30分で雨は止み、10分後に風が止む。
その後は元の天気に戻った。
その間1時間弱。雷の音がどんどん遠ざかることから範囲は狭く移動速度は速かったかと。



これが海上だったらどうするだろう。
携帯で海快晴などいろいろチェックするとしてもやはりたーたんは怖いのですぐ戻ったと思います。
風を感じてからすぐに戻って雨・波・風で着岸できたのか??

海上で様子見をするとしてもどこまで流されるのだろう??

どちらも遭いたくない状況ですが十分可能性のある出来事だと感じました。
むしろ、いままでゲリラ豪雨に遭っていないことがラッキーです。
状況はいつも違うと思いますが、「ゲリラ豪雨かも」っていう判断も頭に入れたほうが良いケースもありそうですね。

防水スマホがほしくなった今日のゲリラ豪雨、天気予報は複数見るに越したことはないし自分で判断しなければいけないので情報と選択肢の引き出しは多く持ちましょうって話でした~。

03.24 水道水の基準ってなんなの??

カテゴリ : その他・独り言など
いろいろと調べていました。
といってもあくまで一般人のたーたんがネット上をソースにした見解ですので鵜呑みにしないでください。
興味のある方は検索願います。
~~~~~~~~


昨日からニュースに取りざたされたヨウ素。
名前からするとあまり恐ろしそうではないですね。
同じくセシウム。これは怖い名前だ。。

ヨウ素に関しては金町の浄水場で「基準値」以上が検出されたとして話題になってますね。
「基準値」の認識、ですよ。
金町浄水場はたーたんの家から自転車なら20分くらいで行けます。
寅さんの柴又帝釈天のすぐ裏になります。
成人の場合は
ヨウ素131 300ベクレル(乳幼児100ベクレルとの報道)、セシウム 200ベクレル

しかし、驚くことに3/17に基準が改正されていたようです。
元々の日本基準はヨウ素 10ベクレル、セシウム 10ベクレルとのこと。

ちなみに世界基準になるであろうWHO基準は1ベクレル。
アメリカは0.111ベクレル。。。。


ちょっと待ってよ。
本日東京都の乳幼児に関して水道水摂取制限に関しては解除されたが、
その基準はこっそり「暫定基準」とか「指標」とか言われている。

実際の人体への影響はたーたん良く分かっておりませんが問題はそこではありません。
こんなアナウンスありなの?

震災後1週間で(現在は2週間経過)皆が福島第一原発に関心が集まるさなかに
従来設定していた基準値を30倍緩い暫定基準値へと改正。
さらには浄水場の汚染が顕在化した時には当たりまえのように300ベクレル(乳幼児は100ベクレル)を
越したとか下回ったとか。

政府には各専門分野のブレインが通い詰だと思います。3/17にこうなる事が分かってたんだ~
で、事前の対策が練られたのでしょうね。そりゃ管は官邸から出てこないわけだよね。。。(勝手な推測です)




これがこの国なのか。
大きく落胆しました。

基準値ってなんなの?
会見って何なの?

無知な自分ながらもこの数日考えていました。
いま東北にボランティアに行くことはできないが自分に出来ることで微力でも貢献したい。
実はたーたん、小さいながらも会社を営んでおります。
微力ながらも東北の分も自分のできる範囲で納税しようと意気込んでいました。
阪神のボランティアの経験がありますので日赤を通じて寄付もしてきました。

このネット上の情報が正しいのだとしたら政府を信用する気持はゼロになりました。
今日の会見で水道局と浄水場の担当者の会見がうろたえまくってましたが、あの表情に勝手に納得です。

非常時だからみな健康被害も分担しましょうって説明ならば納得が行きます。
だってそうだ、平常時にどれだけ福島に意識無意識は関係なく皆で負担を強いてきたのだろう。
恥ずかしながらたーたんは無意識でした。


でもねそれとこれとは別です、知って飲むことと知らずに飲むことでは覚悟が違いますよね。
健康被害の程度の問題でなく、ごくわずかでも検出された成分が体に影響するならば、
残り少ないミネラルウォーターが家族分には不足している。
親であれば考えることは同じですよね。
でも、その考える根拠となる情報、それを正確に我々にも与えてほしい。

たーたん家でも2回経験しましたが、
生まれたばかりの小さくて軽い命。
華奢で、でもとても愛おしい命。
成長することあるごとに勇気と希望を与えてくれます。
何に替えても子供たちを守りきる覚悟で育てています。

なんだか否定された気持ちになりました。
とても悲しいです。。


これが事実でなく風評であることを望みますが
もし事実であるならば1秒でも早く多くの人の目に触れるように理由とともにわかりやすく発表してほしい。

~~~~~~~~~~~~~

冒頭でも書いた通り鵜呑みにはしないでください。
有識者の方には諸説あると思いますが、今後自身で精査検証を続けたいと思います。

都会のオアシスに行ってみました。

カテゴリ : その他・独り言など
今日は恵比寿で打ち合わせがあったのですが、
遅れてはいけないと思い1時間早く出発したら1時間早く到着しました。。

なのでココで時間つぶし。
DPP_1134.jpg
恵比寿店は初めて行きましたがゆったりとしたスペースにサイクルからスノーシュー、ウエアやキャンプ用品など
ひとしきり物色することができました。

階段を上がると楽しげなディスプレイ。
DPP_1135.jpg
ターポン10が階段にぶら下がってます。

都会の真ん中でこんなもの展示してることに普段なら違和感感じるところですが
なぜか今日に限ってはとっても親近感が湧く。

随分外遊びをしていませんが、外遊び用品を見ているだけで気分にさせてもらいました。

欲しい物はいろいろありましたが
いつから外遊びが再開できるかわからないのでシーズナブルナブルなものは買えず。
ウォッチリストの登録のみですね。


しかし、モンベルって楽しい。
今年は夏物普段着もアウトドアウエアーを取り入れようかとか考えて1時間過ごしました~



PS
何人かの方からメールや電話を頂きました。
昨日書いたとある基準とは、福島第一原発前線で作業をしている方の基準値です。
あまり過剰反応をするつもりはありませんし、
たーたんがウォッチしている東大柏キャンパスではこの数値には今現在は遥かに及んでおりません。
あくまでたーたんの、今現在の判断基準を設けただけなので状況を見て個々で判断するべきと思います。

次回以降、もう少し考えてまとまったら津波に関して書きたいと思います。

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ