Entries

大分出張2

カテゴリ : 出張記
二日目は朝に何本か電話を掛けてさっさと仕事終了。

ヘレン・ケラーもきたという別府地獄めぐりへ。
また写真ばかりです。
8つの地獄のうち6つを回りました。何が何地獄だかは記憶してません。
距離にして200m程度なのですが源泉が違い、湧き出る泉質もまったく違うそうです。
どろどろ系は地中の粘土が溶け出してるそうですが水分は50年ほど前の雨水とのこと。
DPP_0045.jpg

DPP_0047.jpg

DPP_0048.jpg

DPP_0050.jpg

DPP_0058.jpg

DPP_0051.jpg

DPP_0057.jpg
ワニ園的なものがあるのですがワニの飼育には年中水温を30度前後に保つらしく温泉を薄めて使用していて、
他にはピラニア等の熱帯・亜熱帯の淡水魚も展示されてました。これは温泉熱を利用しているようです。
垂れ流しの源泉を何とか利用できないか思案の模様が浮かびますね。このワニたちは年中温泉に浸かってるということです。。

売店で70円、足湯で頂きます。家族も一緒だと楽しいんですけどね、寂しいです。。
DPP_0056.jpg


タクシーでスギノイパレスへ。
運転手さんと話していると別府も不況のあおりで観光客がかなり減って厳しい状況だとのことでした。
またたーたんが、この辺りの各家庭では温泉を引いてるのか尋ねると
戸建はほとんどの家で引いている。無い家は恥ずかしい思いをするね、とのこと。
引いたときにはお母さん連中は大喜びするのに数年もすると慣れてきて泉質が合わないとか違うとか、
あっちの地域は良泉質だとか文句を言う人が多いらしい。
源泉が2800もある別府市民にとって温泉がとても身近で誇らしいことがよく分かる会話であったが
その文句を言う女性はこの運転手さんの奥さんだろうなと思った。
それにしても温泉には効能というものがあるが毎日家庭で入湯できたら効果も現れるかもしれないですね、
これも聞いてみればよかったかな。
スギノイパレスでは昨日の竹瓦温泉とまったく違う造られた景観美を愉しみます。
山の中腹に立てられた棚湯からは別府市内~別府湾や肉眼では遠く佐田岬まで一望できます。
直線的かつ立体的な棚湯と別府湾のコントラストが絶景、サウナも前面ガラス張りで絶景。
b.jpg


風呂上りには映画館でうたた寝zzz。

まだ時間も余ってますがさあ帰ろう!
博多でタイガにお土産のベイブレードを探すため高速バスで移動。
DPP_0060.jpg
仕事してる風ですがブログ記事書いてます。

ベイブレードは見つかりませんでしたがポケモンの小銭入れを買ってあげました。
リュウガには携帯電話モック105円。。

自宅に着いたのはちょうどAM12:00。携帯のアプリによると2日間で33713歩、20.4kmでした。
帰りの電車でクシャミをすると鼻血が。。
たーたんの前から2~3人居なくなりました、第2波を恐れたんでしょう。ハズカシイ。。

これで後2つ仕事を片付ければGWは楽しく遊べそうです。

4件のコメント

[C418]

たーたんさん

仕事ですよね? でも羨ましいな~。

食べ物もおいしそうだし温泉なんてもう何十年も行ってない。

たくさん写真撮ってきてください! 仕事もたくさん。
  • 2010-04-15 16:06
  • 投稿者 : maxです。
  • URL
  • 編集

[C419]

>MAXさん
仕事ですよ~。でも仕事後は遊びです。^^

何十年も!
温泉嫌いですか??
  • 2010-04-15 16:33
  • 投稿者 : たーたん
  • URL
  • 編集

[C420]

お仕事??ご苦労様です。仕事片付けて連休浮きまくりですね!僕も浮くまくります。仕事にならなければ‥
  • 2010-04-18 07:11
  • 投稿者 : ホエア君
  • URL
  • 編集

[C421]

>ほえあ君
ですね~。
浮きまくりになるべく仕事と体調回復に努めてます。
GWは勝山で一つテンヤと館山でエギやりたいなぁ~。
  • 2010-04-19 17:16
  • 投稿者 : たーたん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fish13.blog72.fc2.com/tb.php/86-5873b7bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ