Entries

06.27 4~6月のメンテ

カテゴリ : ベイスポーツ16
車検の時にスペアタイヤを外し取り付けるときに2mくらいのロープで
穴とフレームを行ったり来たりして固定していましたが、ずれないようにきつく縛るのがもう大変。
なんで冶具を作成しました。L字アングルは旧陸運局使用のものをカットし塗装しました。裏側も同じ感じです。
s-DSC_0704.jpg 
タイヤを裏返したので雨水がたまることが判明、カバーをかけることにしました。
そしたらカバーにも雨水がたまるよね。。木材を下からビス止めしました。

うん、これでOK。ウインチのハンドルに干渉しないように少し右寄りにセットしときました。
s-DSC_0705.jpg 
12インチの特殊なトレーラー用に合うカバーなんて無いだろうなと思ったら
ありました。ペラペラでなく厚手で14インチ用でサイズ感も合格です。

中にグリーンのロープを通してカバーに水がたまる現象を回避しましたが、まだたまる時があります。
s-DSC_0673_20180415162435967.jpg 
3個入りボールを買ってきて中に空気入れを使って注水して弛まないようにしたら改善です。
台風とかだと外れてしまいそうですが200円ですので。ネットも付属の物を使いました。
春の嵐はOKでしたが海沿いの台風はどうでしょう?

コーキング切れ発見。全部で6か所ほどありましたので補修です。
ほんとは剥がしたほうが良いのでしょうが継ぎ足しです。マリン用じゃなくセメダイン製です。
 s-15152.jpg

ボートをランチングするときにウインチベルトのフックを引っ掛けておくQボルトが
タイヤの前に見えますね。内房仕様だとこれで良かったのですが、
外房は特に南風で波っ気があるとボートが揺れてよろしくありません。なんでエンジンの推進力で少し前まで乗っけるのです。
なんで前側にフックキーパーを増設です。
s-DSC_0749.jpg

アスクルシャフトの錆が進行しジンクコートが浮いてきました。
海の近くに置くようになって進行が倍増した印象です。。
ひどい部分は錆を落とし1回目をスプレーしたところ。最近はジンク+グリスでコーティングを試していました。
ひどいのは前側のみ、だんだん錆が浮く仕組みがわかってきた気がします。
走行中の飛び石等でジンクに傷がつく→表面はグリスが塗られているので電蝕しない
→錆びることができる傷部分から錆びる→表面ではなくジンクの下から錆が広がる→ジンクが浮く。
s-DSC_0746.jpg 
ジンクでなければグリス塗布は正解かもしれませんが、
ジンクは身代わり電蝕ですので表面にはなにも処理してはいけないですね。
今回の補修箇所はジンクのみですので少し様子を見て、考えが正しければグリスは剥がそうと思います。

ガーミンのHPからVer.upを確認すると4.10ってのがUPされていました。
sDSC_0748.jpg 
でもたーたんの73DVは日本語版。対応しているかわからないので販売店に確認すると
非対応とのこと。クイックドローが搭載された2.30のみ日本語版もVer.upされてますが、
その後に14回もUPされているものがすべて非対応とな。日本語版のデメリットです。
単語表記の違いだけなんで次回以降に買うとしたら安いUS版で十分です。
(そもそも日本語もおかしいし、ポイント名とかは日本語使えませんし)

外房前半戦は最終週に行こうかと思ってまっしたが、残念なことに行けず。
夏は内房で遊びますかな。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fish13.blog72.fc2.com/tb.php/540-8e840b85
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
カヤックフィッシング改めベイスポーツ16にてトレーラブルボートフィッシングでチャレンジ中!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ