Entries

02.14 11月~2月の偽装・メンテなど

カテゴリ : ベイスポーツ16
まずはボート側、たいしたことじゃないけど便利グッズ追加です。
ダイソーの水道栓に引っ掛けてスポンジなんかを入れておくもの?
ロッドホルダーに通しておけば小移動の時などルアーを都度ロッドにかけなくてもOK。
それと足元に滑り止め。
IMG_5697B.jpg
ところでBS16のスロットルレバーにはどんなボートでも付いてるクラッチボタンがありません。
特に気にしていませんでしたが釣りをしている中で気付きました。
エンジンをOFFにして流しているときに出っ張るスロットルレバーをワンタッチで上げられるんです。
出っ張りがなくなり邪魔になりません。この使用は釣りをする人でないと思いつかないですね、さすがはヤマハのボートと思いました。

次は自宅駐車場のハンドウインチ。
旧ウインチは高さ約40cm、引っ張るボート側フックは約90㎝ですので近づくほどに下方向に押さえつけます。
だから、近づくと電動ドリルで巻いてもSTOPしちゃう。単管パイプを使ってかさ上げしました。
sIMG_5878A.jpg
副作用的にはぎりぎりまで寄せると縦2台の駐車場が20cmほど奥まで入れられます。

そしてトレーラー、まずはライトなものから。
ランチングの時に水際まで入れたトレーラーのフレームを渡りますが何度かコケたので滑り止め。
それとトレーラーのウインチベルトを伸ばして置いておくのですが、よく落っことすのでQボルトを追加。
IMG_5609B.jpg

トレのジャッキが走行中にガタついてヒッチを通じてフレームから車内まで響くので固定用のラチェットベルト。
sIMG_5839B.jpg

そしてトレ本体。
たーたんのトレはフレームはステンなんですがアクスルシャフト等はスチール。錆が回ります。
sIMG_5854B.jpg
昨年も同様にさび落としとジンクスプレーしましたが再度行います。

注意深く観察すると試しに置いておいた防蝕亜鉛周りはさびの進行が遅いようです。
なので、適当にカットし亜鉛を進行の早そうな各所に配置。
sIMG_5859B.jpg

これでも海水につけるトレ後部スチール部品は錆びると思いますが進行を遅らせることができれば成功です。
sIMG_5863B.jpg

そんなことしてるとVアームにクラック発見、まじか。。
前回と同じく溶接屋に相談、今度はボートをトレに積んだまま見せて話しました。
sIMG_5841B.jpg

2回起こったので、クラックの無い場所も強度アップのため肉盛り溶接してもらいました。これで全箇所強度UPです。
sIMG_5860B.jpg
このステンのプレートは内側に切り込みを入れて曲げるので表裏に肉盛り溶接することで強度UPするそうですが、
根本的にはボルトの絞めすぎが原因のようです。

次は苦労したこと、バンクブラケットが勝手な方向に向いていますが、これは外房に行きだしてから発生した現象です。
sIMG_5847B.jpg
館山と違って外房では波が荒い。湾内でもランチング中にボートが波で上下左右に動くんです。
BS16の船艇形状にも起因してますが、その時に荷重がかかるとバンクレールが勝手な方向に動いてしまいます。
Vハルですとこういう問題は起こらないでしょうね。

解決策はバンク固定バー。
延長バンクレール下に補強のために入れたチャンネルに穴あけして、トレのフレームに固定してみました。
IMG_0081A.jpg

IMG_0082A.jpg

それとキールローラーですが、乗っかりすぎて回っていないようです。
sIMG_5850B.jpg
荷重がかかりすぎて削れていますね。

キールローラーブラケットは最下部まで下げていますので、削れたローラーに併せてディスクグラインダーで調整することにします。
sIMG_5852B.jpg
これでセンターにボートが誘導されやすくなると思います。

おまけですがバンクレールが明後日の方向に向くとたーたん1人の人力では修正できません。
IMG_0080A.jpg
外房ではいらっしゃった方々に手伝って頂きましたが、いつも周囲に人がいるとは限らないので最後部に穴あけました。

さて、、電気系統のトラブル修正です。バックランプが左右とも点かなくなっていました。
レボ11&ガーミン魚探用に12V出力の小型バッテリーを持っていましたので、ミノムシクリップで簡易的に電流を流せるようにしました。
トレ後部は海水に漬けるので、どこか腐食かなんかで接点不良だろうと探っていきました。
IMG_0083A.jpg
コレと検電テスター、それに針があればすぐに断線部分は探せるはずなのですが、、後部という思い込みからかなり苦労しました。

なんと一番前。ソケットにコードを固定するネジが緩んでいただけ。
ちなみにほとんどのねじが緩んでいましたのでネジロック材を垂らしました。
IMG_0085A.jpg
車のマフラー近くでフレームに固定されているのでかなりの振動なのでしょう。

さて完了と思いきや今度は左ウインカーが非点灯になってる。昨日までついていたのに。
仕方ない、もう一度。今度は前をいじったからかと考えて、前側からチェックしていきました。
そしたら一番後ろとな(笑)勘が冴えないな。しかもウインカー内部に水が溜まってました。。
IMG_0084A.jpg
ドリルで2か所穴をあけて排水。コーキングで閉じる。ついでにコーキング処理をしていない全ランプも処理しときました。

あれ?まだ点かない。ウインカー単体では点くので原因を探るとコレ。
右側のカットした端子の内部で断線している模様です。場所がわかれば簡単ですが防水端子の特殊なものらしくメーカーにも単品販売なし。
IMG_0194a.jpg
適当なギボシで合わせようとしても直径合わず。被覆を半分カットした圧着端子で何とかなりました。
ココはコーキングじゃなく耐水グリス仕上げです。一度水が入ったウインカーは時間の問題でしょうから買っとかなきゃ。
反対側のランプASSYも防水処理したり配線まとめたりしときましたので持つでしょう。

反対側はこんな感じ、トレタイヤのすぐ後ろなんで飛び石とかあるのでガード的に配線をまとめました。
ココは海水に浸かる場所なんで念を入れて。
sIMG_0247.jpg
ついでに、BS16とつなぐラチェットベルトの固定部分ですが、きつかったのでドリルで突っつきました。

で、ドリンクホルダー増設。夏に向けてです、2か所だと昨年は不足でしたので。
sIMG_0246.jpg


時間が足りなくて、あんまり海には行けませんが、ボートいじりも愉しいんですよ♪
今年は溶接にチャレンジしようかな。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fish13.blog72.fc2.com/tb.php/504-68653c15
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

RANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
カヤックフィッシング改めベイスポーツ16にてトレーラブルボートフィッシングでチャレンジ中!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ