Entries

05.19 アシストフック作成 シングルフック・ニードル使用

カテゴリ : カヤック艤装・アイテム
ヒラマサ想定でアシストフックを作成しましたので備忘録です。
まずは、これまでのアシスト作成記事。

2013.06.11 アシストフック作成
2013.06.26 アシストフック作成 PART2
2013.08.09 アシストフック作成 備忘録&破断テスト
11.19 アシストフック作成 備忘録&妄想
2015.06.11 アシストフック作成 ジャコフック自作編

今回の道具。ほとんどが手持ちの物で追加購入は根付け糸のウルトラノット30号と柄付きニードル、それにシャウト!のフック。
IMG_3560o.jpg

ヒラマサジギングのメインジグは、CBマサムネとしました。
IMG_3562o.jpg
一番下は手持ちのブルピン。上は同色で各重さを揃えました。このジグは、重さが違うのに長さは全部一緒なんです。

目標の長さに目星をつけて2つ折りにします。ニードルを通す側は、後で短くなりますので5mm8~10mmほど長くとっておくとちょうどよく揃います。
IMG_3577o.jpg
18cmのCBマサムネでこのフックの場合は12cmにカットするとちょうどよい感じでした。10cmのTBベイトスリムなんかは6cmです。
折り返しやフックに挿す部分、2本の根付け糸が揃ったところで同じ長さにカットしたりしますので、余分が必要です。

根付け糸から芯を抜き、ニードルを通したところです。ソリッドリングを通して先端を掴んで引っ張り中を通すんです。
この写真くらいだと短いです。5mm位は残さないと、途中で抜けてしまいます。
IMG_3566o.jpg
これが大変。根付け糸次第なんでしょうが、ウルトラノット30号には中通しニードル(中)は大きかったようです。

1本通すのに10分くらいかかり指がヒリヒリ痛い。だから、家にあったこんなの使いました。
IMG_3575o.jpg
ニードルは小も買ってみよう。

根付け糸に針を刺し、写真の状態にします。この時、コツは馴染みやすいように少し斜めに刺すこと。
挿す前に熱収縮チューブを通しておくのですが、忘れました。。
IMG_3569o.jpg
右から始めて、左まではフックにだけ、まばらに巻いていますが、滑らないように下地ですね。瞬間接着剤を少々。
セキ糸ではなく、使い古しのPE1号です。

次はフックと根付け糸を、これもまばらに仮止め。
IMG_3570o.jpg

そして左に向かって密にきつく巻いて、折り返して右に同様に。
IMG_3571o.jpg
ここで、エイトノットを交互に3回きっちりと締めます。これで終わりでもいいんですが、、

タタキの部分も巻いてみました。
針先が貫通するときのメカニズムを想像すると、てこの原理から、
針先とタタキが少しでも近づく方向に力がかかるほうが有利と考えたからです。
IMG_3574o_201605190237568d7.jpg
ただ、タタキは巻いているPEラインがほどけやすいので、その前にエイトノットをしっかり締めたんです。

瞬間接着剤。吊るしたら、垂れないようにティッシュで余分を吸っておきます。
IMG_3579o.jpg
熱収縮チューブを入れ忘れたので、針先側から通しますが、これが大変。

お湯に通せば出来上がり。
IMG_3580o.jpg


09.24追記
=======================================
なかなか通りにくかったアシストラインですが、以下の感じでクリアしました。
IMG_4618b.jpg
1、芯を抜く
2、1/2に折る、この時に先側側を1cm短く。
3、ニードルを通す。
4、ニードルに通した状態で根元側のラインを前後に伸ばしたりやネジったりして柔らかくする。
リング通して、先側のラインも5mmくらいほぐす。
ニードルがラインから出ている穴を引っ張って拡大する。(←これ大事です)
5、写真のとおりペンチでニードルを引っ張りながら、回転させて引き抜く。
引っ張ってたらニードルの柄が抜けたのが、功を奏したようです。

後日、ニードル小小を買ったらだいぶ楽になりましたが、すぐに壊れました。。
=======================================
フック保護にはジグのパッケージビニールが食い込んでくれてズレ防止に良いです。
1、フックの平面と溶接リングの平面が直角に交差するように置いて、フック先端出口の位置(タタキ側の貫通する場所)をマジックで印をつけて、
  印から5mmくらい先を目指して斜めに差し込む。出口は網目の隙間を探って出さないと返しを抜くのが大変です。
3、タタキ側からPEで下巻き、針先側にアシストライン分を下巻きして上下瞬間接着剤で下側はアシストラインを仮固定。
  PEを折り返してアシストラインを溶接リングが直交するように仮固定。タタキは巻き不要。
4、右から左に本巻、左で折りかえして右に。8ノット交互3回、タタキを巻いて元の場所で8ノット交互3回。
  余ったアシストラインをカット。
5、瞬間接着剤をたらし吊るす、あまりはティッシュで吸い取る。
6、お湯で収縮チューブ、完成。
=======================================
こんな感じで、工程をまとめれば1時間に3本ペースです。

バレーヒル(ValleyHill) プロAAバイスEX

フックがデカい場合はバイスもすこしグレードアップしたほうが良いかもです。



オフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3

ボビンホルダーは安い物で十分です。PRノットもこれでやってます。





YGKよつあみ 柄付きニードル

ド定番で必需品、代用が効きません。ちなみに4号~極小・8号~小小・15号~小・30号~中・50号~大となっています。



オーナー針 ソリッドリング P-14

ソリッドはコレですが、そんな大きなものは要らないと思っています。だってメインラインが先に切れますからね。





シャウト(Shout!) ダブルバーブフック

フックはコレにしました。太軸でダブルバーブ。



YGKよつあみ ガリス ウルトラノット 5m

ウルトラノットは30号250lbです。オレンジが気に入ってコレにしました。



YGKよつあみ ダイニーマノットII 10m

普及品の定番はコレみたいです。



YGKよつあみ ザイロンノット 5m

で、高級品はコレ、強いようですがそれほど差を感じないでしょう。



2件のコメント

[C2355]

ニードルの代わりにボビンスレッダー使った方が失敗が少ないですよ。
  • 2016-05-19 21:43
  • 投稿者 : ごとう
  • URL
  • 編集

[C2356]

ごとうさん
ボビンスレッダーですね、ありがとうございます。
ニードル中はこりごりな感じです。。
  • 2016-05-19 23:36
  • 投稿者 : たーたん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fish13.blog72.fc2.com/tb.php/471-c8db8bb9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ