Entries

10.07 メタルジグ ウレタンドブ漬け

カテゴリ : カヤック艤装・アイテム
高価なタングステンのメタルジグを買ってみたので前からやってみたかったウレタンドブ漬けにトライ。
DPP-2001.jpg
使ったのはZEST1液ウレタンクリヤージグ専用という商品。
細長い容器が使いやすかったです。

このウレタンって結局使いきりで保存しておくと固まってしまうみたい。
なので使用中のジグやタイラバ・インチク、在庫している物も一緒に漬けることにしました。

まずは段ボールにキッチンから持ってきた菜箸を差して乾燥箱を作成。
少々ネイリストのサチから適当にマニュキュア類を調達。
そして使用済みのジグはマニュキュアで傷を補修して乾燥。
DPP-2003.jpg
たーたんは学生時代から書くとか塗るという作業が苦手。
補修にもセンスの無さが感じられます。。

さていよいよ本番のディッピングです。
ココからは待った無しなのでウレタンのビンを開けたらスピーディーに。
DPP-2006.jpg
漬けた数分後にはアイの中に残ったウレタンを爪楊枝で絡め取ります。
ビンのウレタンが硬化しない様に部屋は除湿し、ビンはこまめに閉めてます。


ウレタンの食付きを良くするためにメタルジグの表面をサンドペーパーで傷を入れると良いらしいので
1個だけはやってみました。その結果は、、、塗料が浮いたようで失敗。。
DPP-2004.jpg

この失敗品と、カラーが気に入らず使ってないジグやタイラバをマニュキュアで塗装。
マニュキアはウレタンで塗装が流れるかとも心配しましたが大丈夫でしたよ。
DPP-2005.jpg
塗りの下手さ加減が病気のルアーみたいで少しだけ愛着出てきました。
自分の道具なんでOKでしょ!

途中に落っことして塗膜が汚くなったりマニュキュア追加したりしながらそれぞれ2~3回ディッピングしました。
それでも結構きれいにできましたよ!!
DPP-2007.jpg


ビンが細長いせいかウレタンはかなり減る感じです。
ビンの保管に関してはこんな感じでやってました。
DPP-2008.jpg
ビンの口を掃除して蓋を閉めてガムテープ、そのうえジップロックで2重に。
3回目の開栓時に蓋が硬化で開かなくなりましたがお湯を掛けたら内圧で何とかオープン。
中のウレタンも柔らかくなってました。
塗膜を薄くしたいときや、ウレタンが硬化ぎみの時には使えるかも。


アバラのヒビがまだ少しだけ痛いので完治するまではカヤックは我慢。
この状態が長くて秋のハイシーズンを逃してしまいそうなのでヤキモキしてます。
でも、痛みを抱えてカヤックに乗るのはトラブルに対してリーチですからいけませんね。

そんな感じでゆっくりしてたらKFMも定員いっぱいで締切。
今年は残念ながら不参加です。。


<備忘録>
大きな乾燥箱を使う。←ジグが揺れてくっつく。
ディッピング時の垂れる液をビンに戻さない。←ビンのウレタン硬化を早める。

2件のコメント

[C1274]

久しぶりにPC開いたら釣ってますね~♪塗ってますね~!
釣りにいけなくても楽しみ方は色々ありますから^^
早く良くなって下さいね。
  • 2011-10-08 20:14
  • 投稿者 : コロニャー
  • URL
  • 編集

[C1275]

こういうことって、始める前はチョイ面倒だなって思ってしまいますが、
いざやりだすと楽しくなってきます。^^
で、終わるとメチャ釣りに行きたくなりますね。
  • 2011-10-11 13:46
  • 投稿者 : たーたん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fish13.blog72.fc2.com/tb.php/196-0145c41c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ