Entries

09.22 ヒリゾ浜シュノーケリング

カテゴリ : 家族で遊ぶ
本栖湖キャンプより、ハリー家は富士急ハイランドへ、たーたん家は一気に南伊豆まで南下して中木漁港へ。
目的はここ数年メディアでも目にするヒリゾ浜です。
たーたんはこの記事を見て、早めに行かなきゃこの海は、、、と思っていたのでタイミングを計っていました。

キャンプ場を1泊予約していましたがペナルティを支払って、素泊まりの空きが見つかったので民宿泊に切り替えました。
2泊3日の本栖湖キャンプからの移動で、家族も疲れていたし、翌日は渡し船が出航することが確実だったので変更です。

まずは、「民宿かずさ」にチェックイン。素泊まりなんで近所の双葉にて夕食。
IMG_0612c.jpg
サチ嫁はどこに行ってもビール。美味しいんだろうな、ビール。

テント泊も愉しいんですけど、3泊目なんで皆すぐにzzz。素泊まりでも布団泊にしてよかったです。
s11984417_864498990329945_2060872724_o.jpg
風呂も入れたしね。

さて翌朝。
良いコンディションのようです。
IMG_0625c.jpg
だから来たんだよね~

ざっと下見。出航時間前ですが渡し船を並ぶ列です。
IMG_0623c.jpg
それもそのはず。シルバーウィークなんでAM6時には駐車場は満車。AM8:30から出航しますが、並ぶんですね。

チケット売り場はAM7:30時点で並んでません。
でも、6~7時には並んだんでしょうね。
IMG_0624c.jpg
聞くと、出航し始めて1時間ほどで列は解消するとのこと。

我が家はいつも通りですが、、ゆっくり。たーたんは並ぶってかなーり苦手です。
IMG_0634c.jpg
船宿でカップ麺、ゆっくりしてイイ感じ。

さて、行きますか。
IMG_0644c.jpg
リュウガはエガちゃんになっちゃった!!

ガラガラのボートで行きまーす。
DSC03019PMB.jpg

おお、見えてきた!みんなもう泳いでますね。
DSC03030PMB.jpg

まずは、ベースを設営なんだけど、小さな浜はテントで一杯。
しかもゴロタです。
DSC03032PMB.jpg
スペースがないんでポップアップは断念。でも真夏じゃないんで問題なしでした。

で、ひと泳ぎ。防水デジカメ水没です。。
海の写真、なーし。

先日のボート遊びで水没したSONY/TX20ピンク1号に続き、TX20ブルー2号もか。ここまで2年間問題なかったのにココに来て。
しかも、S120もロープウェーで結露したらしく標高2000mで水没とな。

やはり、コンデジはオリンパス・タフシリーズをメインにしたほうが良いのかな??
と思いつつ、ハンドリングが良いので、SONYのTXはTX5、10、20×2と使っているので未練あるなぁ。
サチ用に買った、TG-2があるので、しばらく使ってみます。S120は陸上では最強のサブカメラなんで買い直し。
もちろん、すべて保険適用です。アウトドアで遊ぶには携行品損害保険は必須ですよ。

さて、話を海に戻しましょう。
1本目、まぁまぁ、こんなもんかなと。でも透明度は今年ダイビングした、どこよりも高い(笑)
子供たちはウエット着てますが、スプリングなんで寒くなってしまったよう。サチは5mmロングなんで問題ないと。
たーたんは、荷物が入らなかったので、、、、ラッシュガードのみ。。父は寒いぜよ。

昼食挟んでで2本目。
イワシの絨毯。これは見ごたえあるね。そこに、アジと、タカベにイナダ単体、そしてベイビーなアオリイカ。
リュウガも、あれが(イワシ)見れて凄かったーって。父としては嬉しいね。

男3人は寒いんで終了。渡して貰って、漁港で子供たちはかき氷。
サチ嫁は、、一人で3本目。ダイビングはじめて、やっぱりサチ嫁は変わったよ。

夕方食。下田の回転ずし「にぎりの太助」まったくのハズレ。
適当に入ると、、こういう目にあいますね。
IMG_0655c.jpg
子供たちはサーモンと、マグロと納豆なんで関係ないですけど。


伊豆エリアはサチ嫁に運転してもらってたーたんはzzz。
沼津で交代したら東名は渋滞50km、AM12:30帰宅。なかなかハードな旅になりました。
IMG_0661c.jpg
変な話ですけど、たーたんも、たーたんの息子になりたいなぁ、めいいっぱい遊んでワープしたいよ。

さて、ヒリゾ浜ですが、興味ある方は早めがイイかも。
渡し船でしかいけない、秘境的なところもHITの要因かと思いますが、毎夏毎日、これだけ人が入れば、海も汚れます。
海の自浄作用と、漁協の努力(&商売っ気)で保たれているのかなとも思いますが、人間の足跡は確実にダメージを残します。
でもでもね、素晴らしい海を維持しよう!とかは無いですココは。ハッピーな地元民が$$(+_+)$$ですからね。

10年後に、きれいなヒリゾ浜で遊べるかは、、、。

09.19~21 本栖湖キャンプ

カテゴリ : チームそうめん
≪1日目≫
チームそうめん、ハリーのお誘いで、本栖湖キャンプに行ってきました。
IMG_0516c.jpg
到着は18時、タイガの志望校で行われる文化祭から駆けつけました。
学校見学もいいけど、受かるんかいな。。受験って、行きたいところを選ぶんじゃなくて、行けるところを探すんだよ。

それはさておき、いつもの宴に突入。
IMG_0521c.jpg
その辺に生えてるキノコを燻したら、なんかいい気分♪

≪2日目≫
朝食。この2枚同時に焼けるホットサンドメーカー、やっとベストな方法を見つけました。
IMG_0523c.jpg
これなら、ミミも焦げないね。

マイハニー・リュウガは、この絡まった感じが気に入ったみたい。
IMG_0530c.jpg

前夜、タイガの足に火傷させてしまったので、トレッキングは中止。のんびりしました。
IMG_0538c.jpg
5年生2人組は、プラモに夢中、、、では無く、すぐに飽きます。

午後は、本栖湖にレボ11を浮かべます。
DSC02985PMB.jpg
まずは、たーたんの後ろで、タイガに一通りの操船をレクチャー。

出入りのラダー操作もレクチャー。
IMG_0548c.jpg

そしたら、スイスイ。
IMG_0549c.jpg

慣れたら、ショーを荷物に。若干のトラブルもありましたが、無事帰着。
ココで漂流しても、1~2km先の湖畔に着くだけ。PFD着てればOK。
IMG_0553c.jpg
周りには、ウインド、SUP、カヤックいっぱい。むしろ、も少し漂流して危険を感じてほしいシチュエーションだったかな。

その後はたーたん居残りでジギングしてみました。
DSC03008PMB.jpg
湖って言えば湖畔からスプーンやミノーと思いますが、ジギングしてみました。

ダイワ(Daiwa) TGベイト

シルエットを小さく、高比重のタングステン30gで。
2~30mです。



トラウトは叶いませんでしたが、ものの10分でウグイ2匹。
DSC03015PMB.jpg
海のルアーをそのまま持ち込んだので、スレてないのかな。どちらもリアフックでした。
山に囲まれた日没近くは怖いので、すぐに撤収。

釣れればヨシ!気持ちよく焚火。
IMG_0574c.jpg

≪3日目≫
まだ絡まってるよ。
IMG_0579c.jpg

片付けて、それぞれの家族は、それぞれの目的地に向かいます。
IMG_0589c.jpg
気持ちよく休息のリュウガに、タイガはちょっかい。朝は忙しいからソレは止めときな。

朝霧高原の道の駅。レストランは2人とも不味いって不評。
IMG_0596c.jpg
しょぼい道の駅の、敷地裏側にフードパークなんて隠れてた。こりゃ喰わされたね。

本栖湖から、南伊豆へ。数時間の移動を経てやっとヒリゾ浜を確認。
IMG_0606c.jpg
入り組んだ海岸線と落ち行く夕日の残り灯、美しい。
翌日は、シュノーケリングの予定です。

09.12 ひとり海合宿 2日目

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
2日目はAM4時に目が覚めてしましました。
いつものホームゲレンデ、いつもの日の出前。でも出艇しない。

散歩したり、車でごろ寝してたり。

AM8:30、予約していたシークロップダイビングサービスへ。
こじんまり、アットホーム、そんな言葉が似合う居心地の良いショップですね。
DSC00369PMB.jpg
いつも海面から魚探の反射波を通して見ていた海中を、肉眼で見てみます。

今年はたーたんのダイビング復活年となりましたが、それはサチ嫁が10年越しにやっとライセンスを取り、
信頼できる近所のダイビングショップを見つけたからに他ならないのですが、、、
土曜日に釣りをして帰宅、日曜に早朝から移動してって2往復はきつい。現地型サービスも含め、臨機応変に遊べると幅が出ますね。

たーたんはさやさんというガイドさんとマンツーマン。
DSC00370PMB.jpg

この日は大盛況。団体が2つ来ていて、個人参加はたーたん一人でした。
いつもは、こんなことないらしいですが、海で遊ぶ人たちはフレンドリーな方が多いので、愉しいです。
IMG_0390q

まず、漁礁。
IMG_0391q
これこれ、イメージと違いました。

1本目は新漁礁~カロウ根、8m位見えてました。
オトヒメエビ。
オトヒメエビ

ミツボシクロスズメダイ。
ミツボシクロスズメダイ

これ、なんだろう。
IMG_0412.jpg

エグジット間際に、イワシと下の方にワカシ。
あんまり、突っ込んでる感じはなかったですけど、カメラで動き追うので精いっぱい。
IMG_0440.jpg

お昼。朝にお願いしておくと近所の蕎麦屋さんで出前してくれるスタイルです。
たーたんは様子がわからなかったので、一応、イオンでカツサンド持参。
DSC00371PMB.jpg
団体のおばさま方が、これでもかーってくらいにお菓子をくださるので、メチャ腹いっぱいになりました~。

お昼のショップ社長の話も面白かったです。
この貝コレクションの中に、1個50万円もの値が付いたものがあるそうです。
DSC00372PMB.jpg


2本目、真っ暗でした。ナイトダイビングのよう。
IMG_0471q
イセエビはあちこちにいっぱい。

テヌウニシキウミウシ。
テヌウニシキウミウシ
水中カメラを左右2灯にしただけで、写真が上手になったような気がしますね。

オルトマンワラエビ。
オルトマンワラエビ

アオリイカEGG。
アオリイカEGG
途中から、ガイドのさやさんがライトを渡してくれたので、愉しめましたよ。

港に戻り、車のピックアップを待つ間に漁師がチャリコを晩御飯用にさばいていましたが、たーたんが色々と話しかけると、1匹くれました。
なんと、昨日の四目に加えて、五目達成となりました。
DSC00374PMB.jpg
ショップと地元の関係が良いのでしょうね。

帰り際、ガイドをして頂いた、さやさんと。海の元気娘!って感じの方でした。
DSC00376PMB.jpg


火曜日の夕飯。
IMG_0502.jpg


今年は、シースタイルのボートもシュノーケリングもダイビングも、
遊びメニューが広がって楽しい限り!(^^)!

09.12 ひとり海合宿 1日目

カテゴリ : フィッシング
夏は終わってしまいましたが、まだまだ、海のベストシーズンはこれからです。
ってことで、一人で館山1泊してきました。

1日目は、カヤックフィッシング。
1人合宿と言っても、ヤスさんとTさんと待ち合わせて遊んできました。
DSC00335PMB.jpg
ヤスさんと行くと、2馬力積んでるんでラクチンです。

深度50mまではECHOMAP73DVはこんな設定。
左からMAP、455HZ、スプリット周波数で200HZ&77HZ。
つまりはMAP+3周波表示ですね。写真画質は見えにくいのでモノクロ表示にしています。
移動中の画像なんで、泡くらってますが。
DSC00314PMB.jpg
それ以上の深度は、MAP+2周波か、MAP+スプリットズームでボトムを拡大しています。
つねにMAPを出しながら、色々なデータを表示できます。
魚探で過去(左に)にさかのぼって、ポイントを登録すると、MAP上でも航跡をさかのぼってポイントを登録してくれます。
カヤックやスモールボートで今考えられる、最強の魚探じゃないでしょうか。

移動中に、ヤスさんトローリングでイナダゲットしてました。
DSC00336PMB.jpg

ポイント到着して、ヤスさんはリズムよく釣り上げます。
たーたんにもやっとこ。
DSC00337PMB.jpg

さば。
DSC00338PMB.jpg
キープは1本のみ。数本リリースしました。

わらさ。
DSC00339PMB.jpg
艇幅弱だったので65~70cmくらいでしょうか。

1泊予定なので、この日のキープは、全て神経締めして、エラと内臓を処理しています。
DSC00341PMB.jpg
胃袋から出したベイトは10cmイワシ。

ココでマダイ狙いに。
なんですが、マダイは出ず。
ポイントを数か所移動して、ほうぼうでも釣りますか~なんてヤスさんが言っていた直後に。
DSC00346PMB.jpg
デカホウボウ。

その後は、サワラでしょうか?
巻き上げ途中に、フッとリーダー切れてました。切断面が縮れてなかったので、サワラか太刀魚?

これで沖上がりです。

日傘をセットすると、急に優雅な雰囲気になりますね。
s2450.jpg

4目。マダイが欲しい。
DSC00350PMB.jpg
しかし、翌日、思わぬ形でGETするのでした。

この人たち、何をしてるかというと、釣った魚の全長合計を競ってるんです。
DSC00353PMB.jpg
砂浜に、、魚で通路でも造っているかのようです。

その後は住吉飯店別館。
DSC00358PMB.jpg
かた焼きそばがデカいです。

一人になって、ぶらぶら。
夕飯は、、スキレットとシングルバーナーでも買って、一人分の料理でもするかなんて考えながら、
徹夜明けで思考力の無い状態でカインズホームは危険な場所です。
DSC00359PMB.jpg
結局はゴムバンド1本で抑えました。
ヒマなんで、イオンもぶらぶら。

その後は北条海岸でボーっとしてました。
10分くらい、寝落ちして、、、
DSC00362q

気付いたら富士山。
DSC00366q

夕飯も軽く済ませ、外飲み。でも蚊やブヨが寄ってくるので、車内で。
DSC00367PMB.jpg

これら自由時間が一人合宿の良いトコロ。
普段は子供のメシやら、もちろん仕事もイロイロと追われてしまうので、なんも義務感なく過ごす時間がGOODです。
2日目に続く。





09.08 西川名ダイビング

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
さて、昨日40歳になり人生折り返しのたーたんです。
誕生日は、悪天候で自宅待機でしたが、翌日にサチ嫁とダイビングに行ってきました。

1本目、流れが速くて、濁っていて、暗くて、、、かなりタフコンディションでした。
IMG_0269R.jpg
ライトの構成を変えて左側に着けたのですが、あの濁りの中では、マリンスノー減少しているんでしょう。

だけど、影が右に出るよね、当たり前か。。
IMG_0266R.jpg


2時間の休息を経て潮待ち。
s11999296_855924367854074_953124474_o.jpg
別荘にいるかのような居心地の良いショップでした。

2本目はあのコンディションなら、、、ってことでカメラは留守番。
潜行時は半端ない流れでしたが、ボトムに行くとそれほどでもない。
しかも透明度も上がって、明るくなって。
カメラもってけばよかった。。そんなもんだね。

地形豊かなポイントで愉しめました。
マダイ、ヒゲダイ、モロコなどなど。デカい魚が逃げません。

波佐間でバショウカジキが上がったとのことで、おすそ分け。
s11991169_855926751187169_958813109_o.jpg
淡白で、なんというか、海外で食べるツナ寿司って感じ。

帰りは、みさき庵というところ。写真で気付きましたがソバ屋なんですね。
ヘギがたくさん置いてあったので、ソバが得意な定食屋さんかと思いましたが、逆ですね。
s11996396_855924334520744_1954874031_o.jpg

4人いて、誰もソバ頼まず。
s11996528_855924221187422_1227406282_o.jpg


サチ嫁に付き合う形で、ダイビングを再開した、たーたんですが、
なんだか、愉しくなってきちゃいました。
次は、どこに行こうか、なんて自然に考えてます。


09.06 ハラペーニョ ピクルス!

カテゴリ : 料理・食
おはようございます。昨日は天気図を読み誤って少し悔しい思いをしたので早起きです。

たーたんはというと、年齢の増加とともに辛い物が好き。
ピザやパスタに使ういわゆるタバスコは常用で6種類。
s11986197_854363664676811_1929339791_o.jpg
赤と青、酸味とかガーリックの混入などで、最低必要数なんです。
それとピクルス、ちょうど買ってきたトコロ。

昨晩、近所のスーパー銭湯家族で入浴。小さな直売所で、見つけました。
s11995327_854363731343471_238301208_o.jpg
青唐辛子100円。やるっきゃナイトです。
はやる気持ちを抑えて、冷静に慎重に本数を数えます。
1,2、、、、、6、、7、、GO!!

その割にはレシピはアバウトです。
なんてたって、サウナと、炭酸泉と締めのアルコホールに毒されてますから。
s11990999_854366751343169_1951299629_o.jpg
水100g弱。
酢100g弱。
塩  5g位。
砂糖10g位。
オレガノ2~3g。
以上、沸騰。もち、グーグル様ですが、かなり適当です。

して、青唐辛子を投入。
s11991193_854369498009561_1235849867_o.jpg

別皿にて、温度低下。
s11994056_854370891342755_1742884426_o.jpg
併せて、瓶を消毒。

詰めて閉じる、温度さらに低下。
s11999210_854372491342595_1390383576_o.jpg
完成である。


こいつと、ミートソースと、ホットドックだな。

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ