Entries

08.22 夏マダイ

カテゴリ : フィッシング
8月最後の出艇という事になりますが、もうシイラもせいぜいペンペンだろうからこの日はマダイ狙い。
事前にマダイ先生にメールで聞いておいた水深前後を探る予定。
ですが、魚探&GPS一式忘れた。。。
P8210702PMB.jpg
日の出前に到着してましたがテンション下がってゆっくり出艇のAM6:00。
いつもの一式がある左側が淋しいです。
最近、忘れ物や無くし物が多く注意しなきゃななんて思っていた矢先に。。

ま、無いものは仕方無いのでその水深であろう辺りでラインで水深を計りながらエリアを絞り込みます。
でもなんも無し。魚探ないとベイトの状況も分からないのでエリアを変える判断が出来ず。

そんな折り、風が止みうねりが大きい状況に。
周囲のウサギはいなくなりましたが1ヶ所だけウサギが残る場所が。うねりもそこだけ不規則な感じ。
おそらく地形変化だろうという事で移動。
で、2発目にドン。
P8210711PMB.jpg
55cm夏マダイGETだぜ~!!よかった。
そこではサバが釣れましたが1匹だけキープ。

すぐに風が出てきて周囲はウサギだらけ。もうあの場所は分かりません。
たまたまかも知れませんが神のご慈悲で一瞬のチャンスを頂き良い結果が出たという事にしておきましょう。

この日は初めて潜水艦を見ました。
遠くに停泊していてずっと気になっていたんですが、そのうち海保の船とともに走り去っていきました。
P8210707PM.jpg
潜水艦って後ろでものすごい水しぶきあげながら海上では効率悪そう。

さて、朝食を頂きAM9:00沖上がりです。
P8210718PMB.jpg

魚探と一緒にしてあった神経締め具も無かったので脳天ピック&血抜きのみ。
P8210719PMB.jpg


早上がりだったので観光向け魚屋さんへ。何十回も目の前を通っていますがはじめて入りました。
P8210721PMB.jpg
先入観かもしれませんがだいたいお高い気がします。。

いっぱいリリースのゴマサバが480円もするのか。
P8210720PMB.jpg
なんかリリースがもったいなく感じ。
キンメの干物が中サイズ2枚で780円、こちらは安すぎな感じ。
今日はマダイが居るので何も買いませんが、ボーズの時にキンメ買いに来ましょう。

帰りは幕張PAで1.5時間zzz。
毎度のことながら寝不足釣行からのPA熟睡は楽しみにさえなっております。

マダイはユウコEXを呼んで鯛しゃぶとして頂きました。
7107.jpg

さて、シイラ。
カヤックからメーターは今年も達成できず。
来夏にまた繰り越しです。

08.11~13 キャンプat大鳩園

カテゴリ : 家族で遊ぶ
お盆は初心に戻って大鳩園で3日間キャンプしてきました。

ココは予約不要のキャンプ場が便利な互いに自営業なご近所と2家族。
もうタイガも3年生なんで荷物運びには戦力なってきました。
DSC06695PMB.jpg
川沿いで涼しいとはいえ助かります。

たーたんはというと、設営はソコソコに昼寝。
DSC06711PMB.jpg
これがマジ最高!!
周囲にはちょっかい出す子供たちが居るんですが、せせらぎが掻き消してくれます。

朝食は簡単に流水麺で冷やしうどん。
夏キャンプには麺物が重宝ですのぅ~。
DSC06719PMB.jpg

食後はこのキャンプ場のメインポイント、飛び込み!
DSC06730PMB.jpg

しばらくビビっていたリュウガもジャンプ。一度やればできるんだ、あとはひっきりなしに飛びっぱなし。
DSC06773PMB.jpg

午後からは滝まで探検です。
DSC06781PMB.jpg

DSC06789PMB.jpg

夜は移動の疲れもあって早々に就寝。


~2日目~
朝食は川のすぐそばで頂きました。
これは気持ちいいね~
DSC06806PMB.jpg

で、またジャンプ。
兄弟ジャンプです。
DSC06809PMB.jpg

次は嫌がるズッキーを連れて男ジャンプ。
DSC06891PMB.jpg

花火して、、
DSC06794PMB_20130821024851048.jpg

2日目の夜は宴会のはずが・・・。
サチが早々に撃沈。
DSC06923PM.jpg
次いでユウコEXも。
DSC06924PM.jpg


~あっという間の3日目です~
帰途、昼食は近くの「ゆきやなぎ」といううどんそばの店へ。
DSC06932PMB.jpg
こっそり蕎麦通のたーたんですが、たしかに蕎麦は美味しいです。
でも提供時間やオーダーミス。もう行かないかな、田舎で蕎麦喰うのに30分は待てんぜよ。


次は前回も行ったニジマス釣りへ。わが家で行く近場の管釣りじゃ絶大な威力のイクラも無力。
DSC06940PMB.jpg
帰る人がブドウ虫をくれたので何とか食材GET。
DSC06955PMB.jpg

こういう作業もあとわずか、淋しくなるのかな。
DSC06969PMB.jpg

渋滞もなく2時間弱で帰宅。子供たちは従妹の帰省もあって上の子たちにべったり。
DSC06985PMB.jpg


やっぱり大鳩園はいいなー。
直線的なラインで区切られた商業的な雰囲気もなくアバウトがサイコー。
予約不要な人たちが集まるので煩い兄ちゃん姉ちゃんは別としてお隣とも和やか。

お盆=大鳩園なたーたん家ですな。

08.09 イルカの館山

カテゴリ : フィッシング
大き目のシイラと夏の魚狙いってことで行ってきました。

AM5:10出艇。
30分ほどして潮が動き出すとあちこちに大きな潮目が。
するとどこからともなく集まってくるペンペンシイラ。
P8080613PMB.jpg
ペンペンはそこかしこで跳ねてるのでやれば釣れるがMAX4~50㎝な感じ。。
狙いは中型以上なので潮目を変えながら探す。
途中、所々根も打ちつつ移動するがこっちもお留守。

潮目プカプカしなががら、暇になって自艇にくっつく小魚を撮影してみた。
P8080627PMB.jpg
といっても釣りに来ているのでルアーを入れ続けるしかない。
イワシもサバも何もいない。。シイラは小さいトビウオを喰っているみたいでした。
トビウオが滑空してる真後ろを背びれを出して真っ直ぐ泳ぎながら着水を待つシイラは魚雷のようでカッコイイ。


普段は行かない沖の潮目でイルカの大群が。
P8080647PMB.jpg
イルカは夏になるとたまに見かけるんだがホント大群。30匹以上はいたと思います。

ほとんどはプシューって感じで呼吸してるんですけど、水族館で見るような頭から飛び出してジャンプしてるやつも。
中にはレボ11に3m位まで近づいてきて並走するやつまで。
P8080638PMB.jpg
ここで朝食。イルカに囲まれながらおにぎりを頂きました、イルカショー独り占め贅沢です。

さて、朝食後は戻りながら潮目打ちと沖の地形探索。
いくつか良さそうな地形も新発見しましたがGETしたのはジグサイズの魚だけ。
P8080661PMB.jpg

海水浴場も近いので早上がり。
魚は釣れませんでしたが、小魚とイルカに囲まれたクルージングでしたね。


話は変わりますがコレ、すごく良いです。
第一精工 ノットアシスト 2.0
第一精工 ノットアシスト 2.0

これまでも1万円くらいで似たような商品ありましたが4000円以下です。FGノットを手で組むより早いし何より締め込みが不要なのがGOOD!!仕組みは堀田式?FGノットですが、不安でしたが何度か実釣で使ってみて信頼できるFGノットなことを確認しました。小さく収納もできるし、さすがナチュラム部門1位の商品です。

08.09 アシストフック作成 備忘録&破断テスト

カテゴリ : カヤック艤装・アイテム
アシストフックを自作するときに細かなところを忘れるので記録公開しときます。
フックの向きをコントロールするために一番楽な方法を再度模索しました。
前回まではこちらから。
06.11 アシストフック作成
06.26 アシストフック作成 PART2

まず、デコイのツインパイク♯1の収縮チューブをはがしてみました。
IMG_1657.jpg

針との結束部分の拡大を見ると、たーたんの方法と同じ。
アシストラインをぐるっと1周針に巻き付ける方法ですね。その上からせき糸巻き。
違いはせき糸部分が短いです。たーたんは8~10ミリ巻いてましたが5ミリくらい。
アシスト7085
これでいいならラクチンと思ったのが今回の記事のきっかけ。テストしたくなりました。


ツインパイク#1と同じくタタキから結び目まで1cmの場合はアシストラインは9cmです。
まずはソリッドリングに結ぶ。この状態だと1重です。
アシスト7081

たーたんの場合はずれないように2重結び。2重結びにするには左の輪を1回転ねじります。
この状態で一番左の輪を指でソリッドリングと一番右の輪を上から被せて、ソリッドリングを引き抜きます。
アシスト7082

これで2重完成。手で締められるくらいまで左右の長さを揃えて引っ張っておきます。
アシスト7087



次は、アシストフックをバイスに固定。
ルアー買うと付いてくるプラケースに挟むとチクチクしなくてよいです。それにフックに傷がつかないので錆びにくそう。
アシスト7098

1本目は先ほどのリングの結び目が2本並んでいる側を下にして針とリングが直角になる様にセット。
アシスト7099

巻き付けをペンチでフックの奥側に60度位ずらして、アシストラインを奥側からぐるっと一周。
フックとリングが同一平面になる様に仮止め。仮止めの時はアシストラインがタタキから外れないように
また抜け防止のためリング方向に引っ張ると良いと思います。
アシスト7100

行きは密に巻いて帰りは5周くらいです。ハーフヒッチ交互3回で留めてカット。
アシスト7101

2本目は写真のように針先を揃えて平行に、リングの2本並行結び目は奥になります。
アシスト7102

同様に奥側からぐるっとアシストラインを回して、2本のフックとリングが同一平面になる様にします。
少しくらいずれていてもいいんですが出来るだけ平面に。
ずれる場合は、アシストラインをねじりながら仮止めすると良いです。1本目と同じくリング方向に引っ張りながらです。
今回は地獄バリで針先が向かい合うようにしました。
ちょい巻き付けが長かったですね。5mmの予定が7mmくらいかな。
アシスト7103

そして2本のフックの一番深いトコロとリングを引っ張って本締めします。
2本のフックが同一平面に収まっていないときはこの時に微調整。
アシスト7104

引っ張る器具は100均のワインオープナーを適当に曲げてカットしたものです。
最初はアイスピックの先を曲げたのですが、押す目的の道具は引くとすぐ抜けて失敗。
ワインオープナーは2個セット100円、順調です。
アシスト7105
この後は熱収縮チューブを被せて完成、巻き付け5mmだと後から通してもラクチンです。
ちなみにライターは×、ドライヤーは△、熱湯がよさそうです。



最後にやりたかった破断テスト。
アシスト7084
≪結果≫
左上から順に
下巻あり・瞬間接着剤なし→セキ糸破断・アシストライン抜け
下巻なし・瞬間接着剤なし→セキ糸破断・アシストライン抜け
下巻なし・瞬間接着剤なし→フック折れ
下巻なし・瞬間接着剤あり→フック折れ
と出来すぎなまでに差異で検証できる結果。4パターンの結果から、
●下巻ありなしは関係なし。
●瞬間接着剤はやった方がよさそう。

本当はサンプルを増やさないとテストには意味ないですが、フックが折れてもったいないので止めときました。
というのもどのパターンであれ左右に引っ張った力加減がPE2号を引っ張って切るよりもかなり強く引くからです。
つまりたーたんが通常使用するPE0.6~2号+FGノットまたはPRノットの場合は上記のどれでも良いことになります。
余談ながら、フックが折れる場合は目視では伸びたりせず、突然パキンと折れます。

折れる場所はココ。引っ張り器具は写真でいう一番下の深いトコロ。
フックが伸びるという事は合わせ不足で針先にチョン掛かりの状態が想像されます。
アシスト7088


アイテム揃えて自作しましょう。
釣り具の作成の中では、かかる費用・手間と満足度のバランスがかなり良いと感じています。
オーナー針 ソリッドリング P-14
オーナー針 ソリッドリング P-14


YGKよつあみ ガリス シーハンター 5m
YGKよつあみ ガリス シーハンター 5m

写真で使っているのはたーたんの標準、30号です。
カツイチ(KATSUICHI) DECOY パイク佐藤曲げ AS-05SP
カツイチ(KATSUICHI) DECOY パイク佐藤曲げ AS-05SP

今回使ったのは♯1/0です。
カツイチ(KATSUICHI) デコイ パイクプロパック AS-03P
カツイチ(KATSUICHI) デコイ パイクプロパック AS-03P





オフト(OFT) CF コマーシャルバイス
オフト(OFT) CF コマーシャルバイス


オフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3
オフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3

丸いところないと使いずらいと思います。
ベルモント(Belmont) スプリットリングオープナー先曲り(PE用)
ベルモント(Belmont) スプリットリングオープナー先曲り(PE用)


08.03 チームそうめん ボディーボード祭り

カテゴリ : チームそうめん
夏になると活発なチームそうめん。
サーファー・ハリーの発案で外房・大原海水浴場でボディーボードをやってきました。

大原と言えば釣り人にとっては外房遊漁船の聖地ですが、この日は波乗り。

リュウガはまず、波と闘い。
DSC06575PMB.jpg

もちろん敵わないのでクワちゃんが遊んでくれてます。楽しそうです。
DSC06556PMB.jpg
ちなみに、タイガと同じくリュウガもモンベルのライジャケデビューです。
子ども用としては最強と思ってます、モンベルフリーダム。

ほどなくして昼食、海でみんなで美味しいですね~
DSC06589PMB.jpg

サチが前夜にたくさんの唐揚げしてくれたので子供たちもよく食べてました。
DSC06596PMB.jpg

結局、タイガもリュウガも自分ではうまく乗れないのでたーたんが全身を使って乗せてあげる。。
DSC06624PMB.jpg
当然、父は波にもまれるんです。
男の子が2人もいると交互に休みなく。
終了時には波に酔って気持ち悪くなってしまいました。


一度帰宅してハリー家にて恒例のパーチー。
で、みんなで徒歩帰宅。
夏夜は気持ちいい。

小学生のころ宇佐美で毎夏やってましたが、大人になってもボディーボード面白い。
来年もやりたいですね!
DSC06655PMB.jpg
気付けば最近りゅがの写真ばっかり~

07.30 アマダイGET!!

カテゴリ : フィッシング
一昨日、内房に行ったばかりですが久々に自分の釣りをする時間が出来たので行ってきました。
といっても午後から。出艇は14:10(笑)

まずはシイラ探しをしますが見つからず。
昼下がりなので沈んでると見当をつけジャークベイトやジグミノー系メインで潮目を打ってもダメ。
20mからのジギングもダメ。

やっぱ無理か。でも夕方になれば出てくるかもと期待しながら
下から上までのジギングで底物・青物・シイラを探す作戦に変更。

掛かってくるのはサバばっかり。
サバに嫌気がさした頃、海底の窪みを発見。
Uターンして落としてみるとHIT!
P7300387PMB.jpg
うれしいー!アマダイ、40cmくらいでした。
やってりゃいつか釣れるだろって思いつつ縁がなかった初魚種です。


とはいえ、シイラ探しは続きます。
が、やっぱサバばっかり。終了、5時着岸。

シメサバ2本キープ。
P7300388PMB.jpg
実釣2時間のショートフィッシングでした。

帰りに忘れ物を探しに一昨日の富浦に。
ロッドホルダーとタックルボックスありました、そのままで。
P7300389PMB.jpg
これとMDとパドルをまとめて置いといて片付け時にタイガにあそこにある黒い一式持って来て!って頼んだら
見事に黒い物だけ車に積み込んでたようで。。
ま、見つかってよかった。

アマダイは翌日の夕飯にサチが酒蒸しにしてくれました。
IMG_1601.jpg
美味しかったけど、冬が旬と言われる魚だからも一回釣らなきゃ。


木曜日はタイガとダイワ主催のキス釣りに行きます~
不参加となりました。。残念。

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ