Entries

※注意喚起※ 車上荒らし

カテゴリ : その他・独り言など
8月28日の日曜日に車上荒らしに遭い、財布の中の現金を全て奪われました。
許せない犯罪ではありますが、KFに限らず海水浴やキャンプなど様々なレジャーで車上荒らしは聞きます。
恥ずかしいことに私は今までそういった話を聞いても注意書きがあってもどこかで「他人事」と思っていました。
だから車のロック以外に無防備だった自分に気づきましたのでこの記事を皆さんに読んでもらいたいと思います。


≪状況≫
●2人で1台の車(ハイエース)に乗り合って行きました。、商用車ですので最近の車にあるような防犯装置はついていません。
●場所は鋸南。当日ビーチクリーンがあり20艇ほど出艇しました。私たちは到着が遅れその中でも最後の方に準備・出艇。
●ビーチ正面の駐車場が満車だったので、そこからトイレの建物を挟んで反対側の駐車場に車を置きました。
●現地到着はAM5:20、出艇は5:50です。
●出艇から釣りをしてAM9:30に帰着。その後は片づけをしてAM10:10位からビーチクリーンに参加(正午過ぎに解散)。
●解散後に食事。会計で財布の中身が、札・小銭すべてないことに気付く。
●財布が入っていた小さなカバンはハイエースの助手席裏のくぼみに入れて、その上に着替えが入った大きなカバンを置いて、さらにその上にタオルを置いていた。
●小さなカバンの中には家の鍵や手帳など、財布の中身はクレジットカードや銀行のキャッシュカード、免許書なども入っていたがこれらは被害に遭わなかった。手帳にも万一ための現金5000円が入っていた、車には割と目立つ場所にアイポットがあったがすべて無事。
●車には鍵をこじ開けた等の形跡は無し、準備中以外は施錠もされていた。
●小さなバッグ→大きなバッグ→タオルと隠してあったが、現金を抜き取られた後も元通り現状に復してあった。


≪事後の状況把握≫
●私はカヤックと車を行ったり来たりしながら準備するタイプ。同行者はカヤックを運んだあとはすべての準備を車の横で済ませて施錠してから海に出るタイプ。従って同行者と2人で記憶を辿ると施錠せずに2人で同時に車を留守にした時間は出艇時と片付け時に2艇のカヤックを運ぶ間だけと思う。
●出艇時にカヤックを運んだ時は全てのドアが開錠されていた。片付け時にカヤックを運んだ時には後部の跳ね上げゲートのみが開錠されていた。財布は助手席裏。よって出艇時の犯行可能性が高いと思う。


≪考察≫
●出艇時はAM6時前。出来心の犯行とは考えにくい。
●他のKFアングラーとはトイレの建物を挟んで1台だけ死角に駐車していた。さらに到着時にはほとんどのKFアングラーは出艇していたため犯行に及びやすい状況か。
●現金だけ抜き取られて、その事実が分からない様に現状に復してあったので食事をしなければ帰宅まで気付かない。カード類は足が付くので不要の様で今回の私がそうであったように現金はどうせ戻らないので警察にも届けない。
●ゆっくり時間をかけて目立つカヤックを運ぶという行為は犯人にとっては絶好のチャンス。カヤックを積んでいればカヤックを運んで車を留守にするという事だし、顔を見られずに遠くからカヤックを運ぶチャンスをうかがっていれば良いだけ。
●死角に駐車時点で目をつけられた可能性も。財布の入ってそうな小さなカバンを隠すところも見られていたのだろうか。
●財布を全て持ち帰りあとで現金以外を捨てるというのが私のイメージする車上荒らしでしたが今回は違いました。中身だけを抜いて現状に復するという時間の掛かる行為は犯人にとっては大きなリスクと思われます。もしくはカヤックを運ぶ我々を一人が見張りをしてもう一人が犯行も考えられます。いずれにしろ犯行時間を短することは犯人の目的でしょうが手のかかる方法を選ぶには発覚を遅らせるという理由があると思われます。


≪対策≫
カヤックを運ぶ時や荷物を運ぶ時に車を留守にするときには必ず施錠する。
●現金・車の鍵・貴重品は防水ケースに入れてPFDやカヤックに収納する、車中に置去りにしない
●余計な現金は持ち込まない。盗られるかもしれない前提で最低限の食事代・免許証などだけを別の財布に入れる。(もしも財布ごと無くなっていたらカード類を止める連絡が多くて大変だし、自分の財布の中身を把握していないことに気づきました)
●周囲に気を配る。出艇前はどうしても早く海に出たくて注意散漫ですが、周囲を見ていれば仮に犯人が近くにいた場合は顔を見られたと思うこともあり抑止力になると思う。また周囲のKFアングラー同士で気を配っていれば犯行に及びにくい状況が作れると思う。
死角や周囲に人気の無いところにはなるべく駐車しない。
●私はそのまま帰宅して届けませんでしたが後になってで考えるとやはり警察に届けるべきだと思う。「現金だけだから」と放置するのは犯人の思う壺で再犯の可能性を上げると思います。
●犯行を目撃したり犯人を見つけても絶対に対峙しない。仮に相手が刃物を持っていたりして命を落としては元も子もありません。周囲の人を呼んで大勢で囲むなど以外には犯人を捕まえようとするべきでないと思います。
●車内の見えるところに小銭やカバンなどを置かない(貴重品が入っていなくても)。



私の被害は現金でしたが釣具や車の装備品の犯行も考えられますし、単純に車に悪戯をされる嫌がらせもありうると思います。色々な犯行方法があるとは思いますが結局のところ余計なものを持っていかない、貴重品は身に着けるということが対策の基本でだと思います。
これを読んだ方は私のように他人事だと思わずに防犯の観点から今一度振り返っていただきたいと思います。

08.28 鋸南KF and BC

カテゴリ : フィッシング
この日は早朝からKFをしてその後はビーチクリーンというメニューです。
うーたんと2人で向かいましたが、日の出直後くらいには到着したのですがみなさん早起きですね、最後の方です。

出艇はAM6時前、実釣3時間くらいでしょうか。
自分的なメニューは青物&シイラ。
でもイワシもいないし途中は早潮にてチョッピーな海面に翻弄されました。

それでも遊んでくれるのはエソ君。
P8280004.jpg

延々と何も映らない魚探でしゃくり続けると青物がヒットしますが、、すぐにバレてしまいます。
とその隣でうーたんキャッチ、30cm位のソーダの様でリリース。
即座にたーたんも再ヒット&再バレ。
ソーダが30cm位だとするとフックが大きいのかも知れませんね。

しばし2人でおしゃべりしながらしゃくってると、うーたんが流木についたシイラのジャンプを目撃と。
たーたんはシイラタックルで周囲各方向から流木めがけて打ちまくりますが見つけられず。
ちなみ持ち込んだシイラタックルはダイコーヘミングウェイHWC65L + ダイワ・シーゲートライト3500Hなんですが、
たーたんの体力ではこのロッドで投げてアクションをつけることは長くは続きません。カヤックからのキャストはどうしても腕力に頼ることになりますのでもう少しライトロッドでオンスが投げれるくらいでちょうど良い気がします。

そうこうしていると時間も迫ってきて徐々に浅場へ移動。
途中コロさんとあいさつをして、その後にやっとお土産確保のイトヨリダイです。
P8280006.jpg

こいつが吐き出したエビなんですが、これって冷凍エビに見えるんですけど。
P8280007.jpg
だれか一つテンヤでもやってたんですかね。

このイトヨリはサイズが手ごろなんで鯛めしに挑戦するつもりでいます。


着岸、片付け、そしてビーチクリーンです。
20人以上のKAが集まって手分けして1時間。みっちり拾いました。
しかし、燃えるゴミは比較的少なく、ガラス・陶器が多いと感じました。
おそらくライフセーバーや他団体もゴミ拾いはしていると思いますので花火やペット、空き缶などは拾われているのでしょう。

こうやって地元との関係を強くしていくことは房総のカヤック聖地を守るためにも必要な行動だと思います。
発起人の方や資材を準備して頂いた方には感謝ですね。
そしてイベント的な取り組みだけでなく、常日頃の一人一人の取組みや
こういったブログ記事を読んだ方の問題意識が高まることが出来れば最高ですね。
l_a31f9cfb9065432f877659c2a623bff6d97b31de.jpg


そして大食い店好きのうーたんのリクエストで定番の住吉飯店へ。
たーたんは学習したので通常盛りの担担麺。
うーたんは五目ラーメンを完食してました。



お会計で気付いたことが。
財布に札も小銭もすべて無くなっている。。。
どうやら車上荒らしに遭ったようで一文無しです。

退店時にビーチクリーンメンバーも住吉飯店に来ていたことに気付いたのですが、ちょっとこの件にショックがあって声をかけることが出来ませんでした。
たーたんはプチパニック。

担担麺を奢ってくれてうーたん、ありがとう。

実はたーたんのお財布には数日前に他の趣味の道具を売却して数万円の臨時収入が入っていたんです。
そんなお金を持ってくるなんて、車内に置いてしまうなんて。
自身の不注意なんで仕方がないのですが悔しい気持ちでいっぱいでした。


不幸中の幸いにして現金のみの被害、免許やクレジットカードなどはすべては無事で、
免許書とともに家の鍵なども入っていましたので考えるだけでぞっとします。

この件に関しては再発防止の観点からも次回に記事をまとめたいと思います。

08.27 チームそうめん1周年そうめん

カテゴリ : チームそうめん
チームそうめんのそうめんの由縁、昨年行った流しそうめんですが今年も流しましたよ。
DPP-1803.jpg
1年生に混じっておこぼれ作戦のリュウガが父としてかわいいです。

この竹は昨年切り出したもので、かなり汚れていましたがノブさんとクワちゃんが綺麗にしてくれました。
その間、たーたんが何をしていたかというと翌日のKFの準備、すみません。。

しかしなんでこう夏の冷たい麺類、特にそうめんはこんなに美味しいんでしょうね。
さらに流すとおいしさ倍増ですよ。
DPP-1806.jpg
でも子供たちは流れてくるそうめんを掴むのが楽しくて食べずにお椀をいっぱいにしてます。

大人のお供はキンキンに冷やしたアルコール。
DPP-1802.jpg


お肉の準備も忘れません。
クワちゃんタカちゃん夫婦でラブリーに焼いてくれます。
DPP-1810.jpg


お腹が膨れると子供たちも流したいと。
ノリと勢いで楽しむ子供たち、たくさん流し過ぎ。。
DPP-1808.jpg
カヤック艇庫がそうめんに役立ってます。

いつものとおり調子に乗ってタイガはそうめんまみれになりました。
DPP-1805.jpg
そしてやはり今年も枝豆やら缶詰みかんやら流しました~。

途中から近所のズッキー家も参加して子供たちは盛り上がり。
大人たちは宴会突入。

夜には花火をやって今夏最後のイベントを締めくくりました。
夏の終わりに最後の線香花火。
DPP-1816.jpg
夏が終わるって他の何にも替えられない特殊な感情がたーたんにはあります。
でも夏は必ず待った無しで終わるのです。

そして季節の移り変わりは誰にもどんなときにも平等に秋がやってきます。
さみしい反面、楽しみの秋。

四季のある日本に生まれ育ったことに感謝しています。

08.11~13 初キャンプ3Days

カテゴリ : 家族で遊ぶ
7月中には行こうと思いつつ、仕事・遊びに忙しく延期になっていた家族キャンプ。
いつもながらに突如のたーたん家ではありますが、お盆休みを利用して行ってきました。
休み目前の2日前になって「どっかないかな~」と呑気に探してみるが予約はどこもいっぱい、そりゃそうだ~。

しかし見つけましたよ、予約不要の先着順。
前日にサチと2人で準備して向かうは大鳩園キャンプ場
DPP-1752.jpg
荷物満載、夢いっぱい!!

しかし、お盆休みに恐怖の先着順なんでかなり早く出発でAM5時、到着は8時過ぎ。
でもそんなに混んでいませんでした。AM10時に着けば十分な感じかな。

到着して早速われらのベースを設営し上流に遊びに行きました。
DSC00558.jpg
家族皆でハイテンション!!

というのも束の間、お昼の準備に取り掛かりますが、雨が降ってきたので急いでタープを張り、
DSC00634.jpg

中はこんな感じです。
DSC00644.jpg

お昼は前夜にダッチに詰めてきたチキン。
そう、このブログには何度も登場しているこの日のために練習した?あのチキンです。^^
DSC00626 (1)


DSC00673.jpg

食後も子供たちは遊びっぱなし。
しかし息子たち、いつもは仲良く遊ぶも時間の経過とともにケンカも起こるのですが
この日は全くそういうことがありません。目の前に流れる名栗川で夢中になって遊んでます。
言葉には表しにくいですが、そういうことかと親は納得。
DSC00677.jpg

夕飯のラーメン用にチキンの骨を煮込みながら、子供たちはシャボン玉。
DSC00701.jpg

雨後の斜面にシャボン玉の畑作り、夢中のようです。
DSC00715.jpg
後ろにはケシュアのポップアップテントが見えますが、子供が小さいので3人用テントですが家族4人でそれほど窮屈でもなかったです。寝るだけと割り切って設営撤収の楽なタイプが正解だったと思います。

夕飯はチキンのラーメン。
DSC00739.jpg
小さい器に山盛り。。

食後には雨も止んだので花火をして、子供たちはあっという間に就寝。

大人はアルコールタイムにリブやらとんがりコーンやら焼いてますが、
我らも疲れて缶チューハイ杯2本でダウンです。
DSC00777.jpg

翌朝、撤収に備えて少々片づけながら朝食。
のつもりが、とっても愉しいし翌日も特に予定が無かったので延泊の方向で。
管理人に延泊の了解を得て、サチは買い出し。
その間も子供達は遊びっぱなし。

昼食を終えると家族みんなでお昼寝タイム、気持ちいい~。
DSC00803.jpg

夕飯はBBQ的なものなので準備も要らず。
何度目だろうか、飛び込みタイム。
DSC00860.jpg

DSC00813.jpg
こういう写真はデジイチだと撮りやすいですが、コンデジで設定するのは難しいですね。

夜はまた花火。
DSC00939.jpg

DSC00956.jpg
リュウガはまだ良いこと悪いことの区別が曖昧なので興奮して花火で我らを追い掛け回す。
本人は楽しそうだが家族は本気で怒ってます、熱いですから。

そして就寝。
翌日は朝から撤収、AM10時にチェックアウトです。

たーたん家初のキャンプでしたが、大成功。
みなで楽しい時間を過ごしました。
わずか3日間ではありますが、もうすぐ3歳のリュウガは成長が見られます。
初日は、水に近づくことが少し怖い様子(雷も鳴ったし)。
2日目は、じゃぶじゃぶどこでも遊んでました。木製の橋も渡れるようになり飛び跳ねたりしてます(危ない)。
3日目には、調子に乗って橋から2回落っこちました(怪我無くて良かったー)。
タイガも、子供ながらに何か手伝おうという気持ちが芽生えた様子(時間かかるので面倒なんですけどね)。

なかなか連泊出来るチャンスは少ないと思いますが、来年以降はお盆休みのキャンプは定番になりそう。


帰りは観光客向けのニジマス釣り。
DSC00969.jpg
4人で6匹頂きました。
DSC01001.jpg

夏の炎天下ではスイカより旨いかもしれないスイカバー。
DSC00988.jpg


せせらぎでリラックスしたり食事の準備に忙しかったり、
子供たちの笑顔に囲まれとっても愉しい時間を過ごすことが出来ました。

08.06 ニジマス掴み取り~夏祭り~アンパンマン~デート??

カテゴリ : チームそうめん
チームそうめん、この日は車で20分程度の近所で行われるニジマス掴み取りへ。
昨年はたーたん家で参加したのですが、今年はチームそうめんで行ってきました。

寝不足で出発したたーたんでしたがいきなりのアクシデント。
それはガス欠。。
踏切で一時停止したらプスンプスン・・。

保険会社のロードサービスを呼んで待つこと30分、無料で10L入れてもらい事なきを得ましたが、
踏切の中だったら・・・想像することも怖いですね、これからは給油ランプ着いたら入れます。

到着すると出遅れたためもう皆準備万端。
子供たちの狩猟本能がプンプンしてますよ。
DPP-1743.jpg
そして、子供のイベントではよく感じるんですがわが子に良い思いをさせようとの親の欲望。。
もちろんたーたんもですからね。^^

10分間の掴み取りタイムを終えて子供たちは勇者の表情へと変貌。
TDPP-1739.jpg

リュウガも負けじとチュー(させました~)。
tDPP-1744


一旦帰宅して各自ニジマスを食します。
相変わらず、わが子たちはちゃんと食べてくれます。
DPP-1751.jpg



そして夜にはたーたん的には夏中心のメインイベントといっても良い夏祭り。
DPP-1742.jpg
写真は前夜の設営後にこっそり撮りました。
鬼太郎や鼠小僧たちが集まって来そうな静まり返ったグラウンドにしばらく見入ってしまいました。

でも翌日はこんなに人間がいっぱい。
小学校で行われた夏祭り、チームそうめん親の半分くらいはこの小学校の出身者。
DPP-1745.jpg
祭りが終わると夏はもう終わり。
すぐに秋の足音が聞こえてくるでしょう。



翌日曜日はタイガはショウ君とスイミングの1泊キャンプ。
たーたんの知らない早朝に出発。

次男はどうしても長男の遊びに引っ張られますが、こんなチャンスは無いので横浜アンパンマンランドへ。
タイガは3回行ってるけどリュウガはこれが最初で最後だろうな~。
DPP-1750.jpg

散々遊びまくりました。
DPP-1741.jpg


夕飯はもちろん中華街。
御上りさんみたい(高校・大学は横浜育ちなんだけどね)だけどたーたんは中華街好きです。
2歳児リュウガだけなら夫婦で抑え切れるので初めて食べる形のある高級食材は、
DPP-1747.jpg
やっぱ違うね~って言いたいところだけどコレはおいしいとは思えない。
っていうか味なんか無いし。春雨かもしれないけど今は無きバーミヤンのフカヒレ炒飯のほうが美味しいよ。

でも中華街にはこんなきれいなところも有ります。
DPP-1749.jpg
メイン通りより裏通りが好きなたーたん、人の行く道の裏に花あり。
この建物は学校!!のようです。


翌日はリュウガも保育園へ。
子供たちが居ないなんてココ数年無いですがサチから「たまには2人で」とデートのお誘いが。
お盆前なんで仕事もそれほど立て込んでないとホイホイついて行くと・・・SCでいろいろ買わされました~。
こんなんも実は楽しかったりして。



ありがとう、家族。

08.03 得意のマハタ~

カテゴリ : フィッシング
この日はうーたんと南へ出撃。
到着してみると波打ち際がちょっと怖い。
近隣で出艇できそうなところで少しでも条件の良い場所を探し回るもそう変わらない。
ゆっくり準備しながら上げ止りを待って周期の合間で出れそうなタイミングを見つけ出艇。
割と濡れずに済んだ。

出艇はAM6:30。潮色が悪い。イワシが居ない。。
あわよくば根青緑の3冠達成を目論んでいたのでがっかり、でもキープキャスティングしか出来ることはないよね。
沖の海況は悪くないが沖縄方面にいる台風からの周期が長く大きなうねりが艇を上下させる。

満潮で潮が動かないのでまずは根ということでストラクチャーを爆撃する方針で。
7時過ぎにマハタ。
50cmチョイでよく引きました、突っ込みで♯2のジギングロッドが折れるかと思った。
sP8030009.jpg
たーたんはマハタだけは狙ってよく釣れる。
自分ではマハタ得意とか思ってしまった。
リーリングのリズムがこの魚種とマッチしているのだろうか??

その後は緑と青を探して4時間ほど漕ぎまわる。
でも釣果はこれだけ。
sP8030016.jpg
不安定な夏の天気、落雷が怖いのでこの日は空を良く見た。
黒い雨雲が遠くで雨を降らしている様子が見える。雷は鳴っていないようだ。
少々雨に降られたが大粒ではないので気持ちいくらい。
念のため岸際に寄りいつでも避難できる場所でアジ釣り。
でもアジさえも釣れなかった。

終了。。

マハタはうーたんにあげてしまったのでこの日は前回のアジとコショウダイを夕飯に。
アジはもちろん、コショウダイの塩焼きが絶品!でも狙って釣れるわけじゃないよね。




ポイントは非公開ですがたーたんを知る人は場所が分かると思います。
着岸時は降雨後でしたので海水浴客は2人1組のみ。
遊泳ゾーン外の岩場脇の砂浜にPM13:00に上がりました。
その後ライフセーバーの方に話しかけられました。
要約すると、
着眼時は周囲に注意してほしい。
今日のような人の少ない日は良いですが、人のいるときは着岸時間帯もずらしてほしい。
なるべく遊泳ゾーンからは離れて欲しい。
その都度状況をきちんと判断して下さい。
といった内容です。

警告というような言い方・内容ではなくとってもソフトで世間話的なおしゃべりです。
でも、当たり前のことですので守らなければ警告や制限などになってしまいますよね。
この辺りは皆で注意しましょう。
特にルアー等のフック。着岸時にしまっておくのはもちろん、着岸後もカヤックの上にフックがない状態をキープ。
これ、たーたんも最初の頃やってしまったのですが、カヤックは物珍しく子供が寄ってきたりもします。
一方カヤッカー自身は片づけに車との往復などフックをそのままにしてカヤックを離れること、危険です。

小さな配慮で防げる事故は他にもあると思います。たーたんも一つ一つ気付く限り実行します。



次回はうーたん、ついに鋸南デビュー宣言。
愉しみです~

07.30 南房総 あじすくい

カテゴリ : チームそうめん
今回もチームそうめんでイベントに出撃。
南房で開かれるあじすくいです。
たーたんが去年終了後に発見したイベントなんで今年初参加です。
観光協会主催なんで大人500円、子供200円とリーズナブルなところもうれしい限り。

到着すれば子供は待ちきれずに指示に従い準備体操から。
sDSC00364.jpg

たーたんは会場沖に引っ張られてきた生簀が気にナリマス。
DPP-1661T.jpg
アナウンスではアジ・サバ・マダイと言っていましたが良型のカワハギも見つけました。
定置網からそのまま持ってきてるのでしょうか。

早速海で戯れるとほどなくして召集が掛かります。
気合の入ったグループも居たりして、さらには海岸線には列ができてます。
DPP-1662.jpg

我らチームそうめんもなめ猫バリに準備万端(古すぎますね)
sDSC00409T.jpg

ちょっと拍子抜けの合図でスタート、思い思いの場所を探りますが、
人が多すぎて濁りがきつい。
たーたんは網を海中に入れて早歩き作戦。
DPP-1663T.jpg

チームそうめんメンバーも健闘中ですよ。
sDSC00430.jpg

sDSC00428.jpg
居ないね~、でもリュウガもこの後1匹GET、父としてはその顔が忘れられません~


アジすくい後はまた海水浴。
そして、できるかできないかたーたんもドキドキだった腹出しタイム。
新一年生に、アジのお腹を出してもらいます。
キッチンばさみでお腹を切って、内臓出してえらを取る。さらには太い血管を取り除くことまでやらせてみました。
sDSC00501.jpg
最初は気持ち悪いとかなんとか言ってましたが、皆すぐにできるようになります。いや、夢中になってましたね。
たぶん無理だろうなって思ってたたーたんの予想を良い意味で裏切ってくれました。
で、たーたんとサチで3匹を刺身となめろうにして皆で試食タイム。
ドキドキしながら食べる子供たちの顔ったら親たちには堪りませんね。

そんなこんなでアジすくい+海水浴+アジ調理&試食で海を後にし向かったのは
内房定番のビワソフト。
sDSC00533.jpg
おまえらホント、いい顔してるよ!
だからまた、忙しくても面倒でも、釣りに行きたくても連れて行っちゃうんだよね。
たーたん的には勝手に我が息子5人衆です。^^


で、またまた内房定番のばんや。
普段スーパーで金目鯛ったら高くて手の出ないたーたんをよそ目にノブサンがオーダー。
ちょい頂きましたがこりゃ旨い、でも釣り人的魚類価格ヒエラルキーとしてばんやでは頼むまい。
DPP-1664.jpg
たーたんはイサキの塩焼き。
遊漁ではメジャーターゲットの様ですがたーたん的には圏外&割と大衆魚なんで背伸びして頂くがこれも旨い、THE塩焼き。
でもちょっとこの日はびっくりしたことが。
たーたんはばんやに行くとメニューを眺めながら、周りの人たちのオーダーも眺めます。
10数回はココに行きましたが5人家族でばんや寿司を全員頼んでいる家族。
たーたんの場合は全オーダーの70%が朝採れ寿司850円、倍の値段のばんや寿司は一度も頼んだことありません。
それを家族5人全員で、、すげー。初めて見ました。
大人数の場合は色々なものをオーダーしてシェアしてることはよく見ますが。
余計なお世話ですがね~、我が家の息子どもに無いですよ。10年後の食費に今から怯えてるくらいですから。


帰宅して片付けながらアジ分配。並べてみるとこんなにいました。
sDSC00542.jpg

ハリサンの、アジが目から抜け出す役立たずの540たも網に
一匹タイ系が混じりましたが調べてみるとコショウダイというらしい。
初めて聞く魚ですがせっかく頂いたので明日の晩御飯で塩焼きですね。
DPP-1667.jpg


帰宅後は恒例の牽制しながらアルコールタイム突入。
ママ友、パパ友みな常識人なんでちゃんと遠慮するんですよ。
sDSC00545T.jpg

でも結局はエンドレスたーたんの餌食に、うひゃひゃ。
sDSC00546.jpg
しかしながら餌食は当のたーたん家かも。
サチは椅子から2回もひっくり返り青タン作るし、ワインにべロって階段で寝るし。
たーたんは最後まで粘るも起きたらタイガに「寝てる間にみんな帰っちゃったよ」って言われるし。
まぁ楽しければ良し、この調子で行きましょう(ごめんね>ALL)。

そんなで翌日起床は午後様デス。
夫婦で二日酔いなんで近所の公園でご近所さんと遊んだりしながらゆっくり過ごす日曜日。
DPP-1666.jpg

夜はスイカタイム。
DPP-1669.jpg
夏ですね~(2回目)

で、アジはというと現在一夜干し中。
アジは裏切らずに絶対旨いので愉しみ。
DPP-1670.jpg

次回、このチームそうめんは鱒掴みに出撃予定。
またアップします。


ありがとう、海そして子供たち。

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ