Entries

3.28 我が家にデリカがやってきた!

カテゴリ : お買い物
3.11震災のこの日は我が家にとっては車を入れ替えの日でした。
5年乗ったキューブキュービック。
コンパクトカーのくせに室内・荷室は広いし燃費も良いし、リヤゲートは横開きで
屋根積みのカヤックに干渉しないので海遊びには最高の車でした。
DPP_1143.jpg
海に山にと思い出いっぱい。
新しいオーナーのところでも活躍してくれることでしょう。


キャリア類を外して洗車するとシンプルです。
DPP_1142.jpg



でも、子供たちの成長に合わせて大きな車に買い替えようってことでサチ主導でデリカD:5に決定。
午前中にキューブを売却し帰宅、仕事しながらそろそろ納車に行こうかな~って時に大きな揺れが。
揺れ始めは棚やら書類やら必死で抑えてましたが、途中から諦めてトイレに避難。。
電車も動いていないので納車はならずでしたが2日後にメチャビビりながら納車へ。
いつ揺れるともわからない中、新しい相棒を自宅に連れ帰りました。
DPP_1141.jpg
ひょんなことから出会ったこの車、登録後10ヶ月の新古車なんです。
しかも半年しか売られなかった色で希少色(不人気色??)。

我が家に来てくれてありがとう。


でもね、このデリカって車は曲者ですよ。
一応、ミニバンってカテゴリーに属すると思いますが、まぁミニバンとしては出来が悪い。
収納やら細かい装備なんかかゆいところには全く手が届かない。。
そういう部分ではトヨタや日産には到底敵わないですよね。

でもでも、そんなうわべの装備ではなくやりたいことを叶えてくれる愉しめる車ではないかと思います。
海に山にココロ動かしてくれるのではないかと期待しております。

震災後はガソリン不足で乗れませんでしたが、やっとこの週末家族でお出かけしました。
子供たちも気に入った様子でたーたん満足です。

更にさっそくカーボンパネル10点で遊んでみました。
DPPP_1150.jpg

DPPP_1151.jpg


カーボンって今でこそハイテクとは言えないですが、小学生時分のたーたんにとってはまさにハイテクの象徴でした。
車好きだった少年にはF1やGTカーの曲線までもカーボン成形されたボディに憧れたものです。
あれから25年以上(四半世紀か!!)が経過した今、
自転車のパーツや携帯のデコレーション、そしてデリカD:5の内装などなどまとっております。
カーボン(調のものも)あふれています。

幸せなんです、無条件に。^^


たーたん的にはまずキャリアの取り付けなんですが、まだそこまで手が回りません。
しかも車高は1870㎜、カヤック車載には難儀しますよね。
もちろん事前にシュミレーションしてますが、それは次の話題。
取り付けたらレポートしますね。

03.24 水道水の基準ってなんなの??

カテゴリ : その他・独り言など
いろいろと調べていました。
といってもあくまで一般人のたーたんがネット上をソースにした見解ですので鵜呑みにしないでください。
興味のある方は検索願います。
~~~~~~~~


昨日からニュースに取りざたされたヨウ素。
名前からするとあまり恐ろしそうではないですね。
同じくセシウム。これは怖い名前だ。。

ヨウ素に関しては金町の浄水場で「基準値」以上が検出されたとして話題になってますね。
「基準値」の認識、ですよ。
金町浄水場はたーたんの家から自転車なら20分くらいで行けます。
寅さんの柴又帝釈天のすぐ裏になります。
成人の場合は
ヨウ素131 300ベクレル(乳幼児100ベクレルとの報道)、セシウム 200ベクレル

しかし、驚くことに3/17に基準が改正されていたようです。
元々の日本基準はヨウ素 10ベクレル、セシウム 10ベクレルとのこと。

ちなみに世界基準になるであろうWHO基準は1ベクレル。
アメリカは0.111ベクレル。。。。


ちょっと待ってよ。
本日東京都の乳幼児に関して水道水摂取制限に関しては解除されたが、
その基準はこっそり「暫定基準」とか「指標」とか言われている。

実際の人体への影響はたーたん良く分かっておりませんが問題はそこではありません。
こんなアナウンスありなの?

震災後1週間で(現在は2週間経過)皆が福島第一原発に関心が集まるさなかに
従来設定していた基準値を30倍緩い暫定基準値へと改正。
さらには浄水場の汚染が顕在化した時には当たりまえのように300ベクレル(乳幼児は100ベクレル)を
越したとか下回ったとか。

政府には各専門分野のブレインが通い詰だと思います。3/17にこうなる事が分かってたんだ~
で、事前の対策が練られたのでしょうね。そりゃ管は官邸から出てこないわけだよね。。。(勝手な推測です)




これがこの国なのか。
大きく落胆しました。

基準値ってなんなの?
会見って何なの?

無知な自分ながらもこの数日考えていました。
いま東北にボランティアに行くことはできないが自分に出来ることで微力でも貢献したい。
実はたーたん、小さいながらも会社を営んでおります。
微力ながらも東北の分も自分のできる範囲で納税しようと意気込んでいました。
阪神のボランティアの経験がありますので日赤を通じて寄付もしてきました。

このネット上の情報が正しいのだとしたら政府を信用する気持はゼロになりました。
今日の会見で水道局と浄水場の担当者の会見がうろたえまくってましたが、あの表情に勝手に納得です。

非常時だからみな健康被害も分担しましょうって説明ならば納得が行きます。
だってそうだ、平常時にどれだけ福島に意識無意識は関係なく皆で負担を強いてきたのだろう。
恥ずかしながらたーたんは無意識でした。


でもねそれとこれとは別です、知って飲むことと知らずに飲むことでは覚悟が違いますよね。
健康被害の程度の問題でなく、ごくわずかでも検出された成分が体に影響するならば、
残り少ないミネラルウォーターが家族分には不足している。
親であれば考えることは同じですよね。
でも、その考える根拠となる情報、それを正確に我々にも与えてほしい。

たーたん家でも2回経験しましたが、
生まれたばかりの小さくて軽い命。
華奢で、でもとても愛おしい命。
成長することあるごとに勇気と希望を与えてくれます。
何に替えても子供たちを守りきる覚悟で育てています。

なんだか否定された気持ちになりました。
とても悲しいです。。


これが事実でなく風評であることを望みますが
もし事実であるならば1秒でも早く多くの人の目に触れるように理由とともにわかりやすく発表してほしい。

~~~~~~~~~~~~~

冒頭でも書いた通り鵜呑みにはしないでください。
有識者の方には諸説あると思いますが、今後自身で精査検証を続けたいと思います。

都会のオアシスに行ってみました。

カテゴリ : その他・独り言など
今日は恵比寿で打ち合わせがあったのですが、
遅れてはいけないと思い1時間早く出発したら1時間早く到着しました。。

なのでココで時間つぶし。
DPP_1134.jpg
恵比寿店は初めて行きましたがゆったりとしたスペースにサイクルからスノーシュー、ウエアやキャンプ用品など
ひとしきり物色することができました。

階段を上がると楽しげなディスプレイ。
DPP_1135.jpg
ターポン10が階段にぶら下がってます。

都会の真ん中でこんなもの展示してることに普段なら違和感感じるところですが
なぜか今日に限ってはとっても親近感が湧く。

随分外遊びをしていませんが、外遊び用品を見ているだけで気分にさせてもらいました。

欲しい物はいろいろありましたが
いつから外遊びが再開できるかわからないのでシーズナブルナブルなものは買えず。
ウォッチリストの登録のみですね。


しかし、モンベルって楽しい。
今年は夏物普段着もアウトドアウエアーを取り入れようかとか考えて1時間過ごしました~



PS
何人かの方からメールや電話を頂きました。
昨日書いたとある基準とは、福島第一原発前線で作業をしている方の基準値です。
あまり過剰反応をするつもりはありませんし、
たーたんがウォッチしている東大柏キャンパスではこの数値には今現在は遥かに及んでおりません。
あくまでたーたんの、今現在の判断基準を設けただけなので状況を見て個々で判断するべきと思います。

次回以降、もう少し考えてまとまったら津波に関して書きたいと思います。

03.22 漠然とした不安はやめました。

カテゴリ : その他・独り言など
たーたんにとって今最も怖いのが放射能汚染。
広島・長崎の各資料館で見たことがよぎります(程度は別として)。

でもね、政府も発表してるとおり直ちに影響はありませんよ~って。
「直ちに」??
じゃあ、長期的には影響あるかもしれないの?
そもそも放射線、放射能、ウランなんて言葉は知っていても別世界の話ですよね、我ら一般人は。。

乳幼児を子育て中の方や妊婦さん、癌患者さんだって居ますよね。
一般人と同じに考えて良いのか、判断に迷うところだと思います。
だからこそ我々は個々の価値観に沿って自分で判断したい。
というよりもきちんと事象を把握しておきたいってのがたーたんの本音です。

たーたん家でもたーたん自身は「多少の影響が出る程度」の放射能を浴びてもいいんです。
どうせ人生折り返し地点ですから。
でもわが家には6歳と2歳の息子たちがいます。
彼らに関してはそうはいきません。


そこで色々と調べていました。
こんなマップがあります。
各測定所の機器状態とか精度とかはわかりませんが、
近隣のモリタリングスポットを参考に数値の変化を追いたいと思います。
たーたんの場合は柏の東大キャンパスでした。

変化を追うに当たって次に数値が許容範囲内かどうか、その計算が必要になります。
この方法は検索して頂ければたくさん出てきますので必要な方はやってみてください。

たーたんの場合はとある基準値の1/3をわが家の避難基準として設定しました。
この数値に達したら西に移動します。

こう決めて、漠然とした不安が取り除かれ少し楽になりました。
雨が降っては家に閉じこもり北風が吹くからと言って閉じこもり。
闇雲に、それではいけません。

何が良くて何が悪いのか、明確にすると楽になります。

政府発表では今は安全ですよとは言ってくれても、~になったら危険ですってのは言わなそうな雰囲気ですね。
心配性なためこんなこと考えていますが脅してるつもりは全くないです、
有るかもしれない事象に対しては自分なりの策を練っておいても損はないかなと思ってます。
自分なりが間違っていればそこで修正したいと思います。



今週は松戸のラーメン有名店「富田」にチャレンジしてみようかと思います。
ここはいつも2時間待ちらしいですが、たーたんはマニアではないのでラーメン食うのに並ぶことはできません。
でもチャンスならば20分くらいなら待てるかな。
空いてるといいなぁ~

自宅待機でじっとしてるのはそろそろ終わりにして
積極的に外出したいと思います。
捜索も支援も、復興ももちろん大切ですがその根源となる日本の国力を衰退させてはいけません。

03.19 ラジオ&ロッドホルダー完成形

カテゴリ : カヤック艤装・アイテム
X13ロッドホルダー完成形。
下書きはしていたけど完成は無いなと思いボツネタにしていました。
縮小P8220004

裸足&クロックス、シイラ用のルアーなんでおそらく昨年夏の写真だと思います。
左にGPS、中央に魚探とロッドホルダー&竿休め、右にペンチホルダー
中央下には防止ラジオ&キッチンばさみ。
これらすべてがRAMにてマウントされております。

今回の震災にてラジオの携行を考えた方もいらっしゃると思います。
我々は海の上では携帯以外に情報源がありません。
ぜひ、防水ラジオの携行をお勧めします。
通常時はスピードラーニングばりに英語番組とか、生活相談みたいなのを海上で聞いてますが
非常時には携帯電話に比べて絶大な威力を発揮してくれると思います。

ボケットラジオをPFDに入れておいても良いかもしれませんね。
いずれにせよ、防水ラジオを携行しましょう。

たーたんの購入したラジオはコイズミ電気?単4電池4本で稼働し2000円くらいで買いました。


しばらくは浮こうなんて気分にならないですが
落ち着いてもこの教訓、忘れてはいけません。

輪番停電について思うこと

カテゴリ : その他・独り言など
輪番停電、仕方がないし準備して受け入れなければいけないと思う。

たーたんが住んでいる松戸市では月曜火曜ともに結局行われなかった。
月曜日は予定時間中にアナウンスありましたが火曜日本日はアナウンスなし。
明日の計画も22時30分現在発表されていないようだし我が家族的には非常に困りますが、非常時なので良しとします。
でも、森田健作千葉県知事が東電に対して千葉県沿岸部の被災地でも計画停電が行われていたと怒っていました。
中には予定通りすでに3回停電が起こった地域もあると思います。

対してたーたんの住む松戸市は0回です。

大変なのはわかりますが、輪番の字の通り行ってほしい。
被災地にこれ以上負担を強いないでほしい。

そう強く思いました。

ちなみにわが家の対策状況ですが、やはり日常品の確保に苦労しました。
ただ真っ先に思いつく懐中電灯は以下の通り沢山です。
DPP_1069.jpg
釣りをする人ならばヘッドライトなど持っていると思います。
長方形のLEDライトは元々車内を照らすために1個持っていましたが追加購入しました。

MONOTAROで1個1000円くらいで昨日買いました。
MONOTAROを利用できる人はまだ間に合うかもしれません。


政府や東電あるいは他の誰かに対して今は批判をする時ではないと思います。
それぞれの立場で、今できる、やらなければいけないことを一つ一つ、私たち個人も確実に行うべきだと思います。
辛い時ではありますが、被災地の状況を考えれば越えられると思います。





必ずこの国は復興します。
がんばろうニッポン、がんばれニッポン。

03.11 室内ダッチ

カテゴリ : 料理・食
ダッチオーブンを使ってIHコンロでローストチキン(手羽)ができるのか、実験です。

敷き詰めた食材はこんな感じ。
DPP_1042.jpg
少なめなのは夕飯に合わせて作りましたので保険のため。


保険はグリルで焼きました、写真はこれから焼くところ。
DPP_1043.jpg

出来上がりの写真は撮り忘れました。男2子のため食事時は動物園です。
グリルでは普通の手羽焼き。美味しいですが、柔らかくほどける感じはありませんね。
でもタイガは翌日の弁当で食べて喜んでいました。^^

続いて室内ダッチ版。これも写真はありません。
火は通ってますが1時間弱かけても油が落ち切らない。
肉質は柔らかくおいしいですが脂っこい。失敗作です。


夕食の残りを再度1.5時間ローストし夜のお供に。
DPP_1044.jpg
これ、こんがり&油が抜けきって身もほろろ。
これが夕飯に食べたかった。

ちょうど翌日の朝食用のパンが焼けてました。
DPP_1045.jpg

子供たちが食べない端の部分で耳チキンサンド。
DPP_1046.jpg
これが絶品に旨いです。
販売されている食パンの耳の部分はたーたんも苦手なんですが
ホームベーカリーの耳はおいしいですよ。

結果、時間を掛ければおいしくできることがわかりました。
でも残り物で少量をローストして計2.5時間。
4人家族分をIHで料理するのは難しいことが判明。

やっぱ、炭火で上からも過熱しないとだダメなようですね。


前回美味しかったダッチ残りエキスラーメン。
今回は骨の部分も煮込んでみました。
DPP_1048.jpg

しかも今回はインスタントではなく生麺。
DPP_1049.jpg
鶏ガラしっかり味が出ておいしい~^^

味的には前回のビーフ&チキン&ベジタブルには敵いませんが
ダッチの焦げや残り汁を捨ててしまうのはもったいなさ過ぎることが立証できました。

ダッチラーメン最高です。
ユニフレームのおかげですね~




FC2ノウハウ

03.03 長崎出張2日目の散策

カテゴリ : 出張記
2日目は早起きしてまずは出島へ。

長崎といえば出島、出島といえば長崎。
イメージではこんなでしたが実際は違います。
DPP_0973.jpg

埋め立て後にビルが建設され、取り壊され復元中の様子。
DPP_0970.jpg

位置は正確らしいですが復元された建物はセットな感じ。
DPP_0972.jpg


展示物をゆっくり見ていたら船の時間がせまり半分くらいで見学は終了。
スペイン・ポルトガルに並んでオランダは大航海時代以降の列強かと思っていましたがどうやら間違っていたみたいです。
東インド会社のイメージが強烈過ぎたようです。


乗船したのはブラックダイアモンド。
DPP_0979.jpg
2年ほど前に解禁になってからずっと来たかった軍艦島(正式名称は端島)に向かいます。

申し込んだツアーは高島観光の高島・軍艦島上陸コース

このコースは世界遺産にする会理事長の坂本氏がガイドをしています。
現在氏及び団体の活動の功にて軍艦島は世界遺産暫定リストに登録されたそうです。

ツアーはまず隣の高島にて1/100の模型や資料館で学び、そのうえで上陸するコース。
高島・軍艦島に向かう道中も三菱造船のドッグや炭鉱となっていた島々を説明して頂く。
ある島は地下海中炭鉱のため陥没してしまっっているそう。

周囲6キロ以上ある高島でさえこのように炭鉱跡が張り巡らされ陥没の危険性が指摘されているとの事で、
海中に伸びた炭鉱は水を入れて蓋をしてあるだけのようです。
DPP_0981.jpg

DPP_0982.jpg

軍艦島1/100模型では坂本氏の育った部屋や思い出も含めて興味深いお話がたくさんありました。
DPP_0980.jpg

上陸は停泊所が南側になるため冬の北風の時は確率が高いが、夏には60%程度とのこと。
うねりが大きく不可能かもと思いましたが、幸いにして上陸することができました。

第1、第2、第3と見学所があり、各所にて坂本氏説明に聞き入り移動中もぴったりくっついてお話を伺いました。
坂本氏は軍艦島に育ち、高校は隣の高島に船で通う生活だったとのことです。
坂本氏を含めこの島で育った方にとってココは故郷です。
こここでは書けないし、書ききれないくらいのお話を伺いました。
写真にて見てみてください。


DPP_0984.jpg
周囲450m×150mの島(大型タンカーを横に並べたくらいだそう)には台風時には波が島を通り越すことも多かったそうです。右側の建物は日本初の鉄筋コンクリート建物だそうです。
ココに当時5000人の人が暮らし、人口密度は世界一、東京の9倍だったとの事で驚きです。

DPP_0985.jpg

DPP_0986.jpg

DPP_0987.jpg

DPP_0988.jpg
手前は台風にて破壊された壁。
オレンジの煉瓦造りの建物の壁は台風により流されて、大きな塊が大分離れた場所に散らばっていました。

DPP_0989.jpg
写真ではわかりにくいですが中央に見える階段から右側に炭鉱に向かうエレベーターがあったそうです。
左側は浴場。仕事から帰った男たちは真っ黒の服のまま入浴したそうです。
この階段が生死を掛ける段、事故のサイレンが鳴るたびに子供同士で互いに父の安否を確認しあったそうです。
DPP_0990.jpg
石炭を運ぶベルトコンベアの橋脚が連なっています。
奥に見える建物は7階建ての小中学校。
坂本氏から3年前の写真を見せて頂きましたが、この3年で明らかに荒廃しています。


DPP_0992.jpg

DPP_0993.jpg
シルエットが軍艦土佐に似ていたことから魚雷による攻撃を受けたというエピソードもうなずけます。

DPP_0991.jpg
この軍艦島こと端島はもともとは水成岩からなる小さな島でしたので、植物が自生しておりません。
そこに幾度の埋め立てにて人が住める環境を作り出したので緑がない。
なので建物屋上に植物を植えたり壁が緑に塗られたりしていたそうで、写真中央左側が塗られているのがわかりますか?


しかし、皮肉なことから37年放置された現在には廃墟と化した建造物と自生した多くの緑が混在しています。
石炭という化石燃料を採掘するために造られた島。
石炭から石油へのエネルギー革命により放置され、廃墟となった島。
坂本氏は言いました、ここに来て感じて欲しい。

エネルギー自給率の低い日本。
化石燃料の枯渇。
これが日本の将来なのか。
これが世界の将来なのか。


まぎれもなく廃墟だと思います。
でも、たったの37年。
人類なれの果ての縮図なのか。






下船後は遅めの昼食に。
長崎にはご当地B級グルメとしてトルコライスというのがあります。
神戸にも同じ名前のものがあった気がしますがドライカレー・とんかつ・ナポリタン・キャベツの4点構成。
まさに大人版お子様ランチですね。
頂いたのは出島ワーフ内にある西洋亭。
テラスもありますが窓際の席から一人で長崎港を眺め、軍艦島のことを考えながら頂きました。
DPP_0997.jpg
これ、東京のオフィス街でランチメニューに出したら受けると思うけどなぁ~
どれも誰もが好きなものばかりで美味しいんですがボリュームありすぎて少々残してしまいました。。
とんかつがおかず、ドライカレーとナポリタンが主食、キャベツは箸休め。
主食が2品あり食べるペース配分が間違っていたようです。
最後はナポリタンを主食にドライカレーを食べるという変な組み合わせに。

荷物を自宅に送るためにホテルに戻ると目の前に
「カステラ一番電話は2番~♪」のあの店の本店が。
DPP_0994.jpg
知ってる店には親近感がわきますね。

次に向かうは長崎原爆資料館&爆心地周辺散策。
この2年で出張にて広島・松山・富山・大分と行っていますが大分以外は路面電車の町ですね。
DPP_0995.jpg
もちろん、現地の方には日常の足なので通勤通学の方が多く見受けられますが
たーたん的には物珍しくキョロキョロしているのでギャップが楽しい感じ。


原爆資料館は、広島に続き世界で唯一核攻撃を、しかも2回もうけた日本国民として
自分の中にきちんと現実を刻みたいと思いましたが正直辛いです。
爆心地にて黙祷をささげ空港へ向かいます。
DPP_0996.jpg

長崎空港ではちゃんぽん屋がおいしいらしく並んでいます。
最後に意地汚く皿うどんを頂きました。
DPP_0998.jpg
しかしココで問題発生。

ぱりぱり麺が苦手&中華丼などの餡かけが苦手なたーたん。
皿うどんはNGでした。
子供時代に某RGハットにて食べ敬遠したのはこの皿うどんだったようです。


飛行機に乗り自宅に着いたのはPM11時。一日よく遊んだなぁ~
サチに土産話をしながらいつの間にかzzz。


03.02 長崎出張の夜

カテゴリ : 出張記
AM5時出発で長崎へ。
眠いzzz

現地にはAM11:30に着。
仕事を終えて長崎市内のホテルへ移動。
1時間くらいゆっくり残務してから外をぶらぶらと。
ホテルにてレンタル自転車を借りたので楽チンです。

飲み屋街をぶらぶら。
DPP_0961.jpg

でも長崎といえばまずはちゃんぽんかなってことで中華街をぶらぶら。
DPP_0962.jpg

ココは神戸・長崎・横浜と日本3大中華街といわれているらしいですがその中でも最古との事。
長崎全般に言えるのですが、日本初の~ってのが多いです。
それもそのはず、鎖国時代に窓口となっていた長崎。
アジア文化も西欧文化も大抵は西からやってきますから
日本(江戸幕府)開港後にもまず長崎、多くは長崎にってモノは多かったんでしょうね。

でも、横浜なんかに比べると小さな中華街です。
道路が「田」の字型になっていますが、平日だからなのか営業しているのは「田」の右下部分1/4だけ。

なんとなく選んだのがこの店
DPP_0963.jpg
最古の中華街もさびれちゃってるんだなぁ~なんて思いながら入ると店内はほぼ満席。
3~4人でテーブルいっぱいにいろいろ食べてるグループが多いです。
私のように一人客でちゃんぽんや皿うどんを食べる人も数人。
さらには女性一人客もいます。

ちゃんぽんは3種あり840円~1575円。非常に悩む。
特上は牡蠣からスープを作るらしい。これにしよう!!



待つこと3~4分すぐに来ました。
DPP_0966.jpg
麺はやや太くてうどんみたいだ。
具材も20種類入ってるらしくてエビやイカはもちろん、頂上にはフカヒレ、
ミートボールみたいなのとかホタテとかさらには砂肝らしき肉?なんだか分からないものまでいっぱいです。
一番旨いのはスープ。さすがは牡蠣ダシ。30過ぎて覚えた野菜の甘みもいっぱいです。^^
麺で具材を食べるというより、スープで麺と具材を食べる感じ。
結構大盛りでしたがこの日は朝の飛行機でおにぎり1個とサンドイッチのみで過ごしてしまったので
完食できました。^^
DPP_0965.jpg

実はたーたん、近所に出来たばかりの某RGハットに小学生時分に父に連れられてから敬遠してました。
あれから25年。長崎に来なければ一生食べなかったであろうちゃんぽんが旨いということを発見してしまいました。

ちゃんぽんをラーメンというかうどんというかわからないですが
こんな1575円なんて高い麺は食べたことないのでそのせいかもしれませんが。
たぶん、長崎の人に言わせるとちゃんぽんはちゃんぽんなんだろうな~

食後は魚でも食べながら焼酎でも飲むかな~なんて思ってたんですが
ちゃんぽんがあまりに海鮮だったため刺身もなんだかな~って感じになり家族へのお土産を買い求める。
DPP_0969.jpg
家族用においしかったちゃんぽんと未開拓の皿うどん。
タイガはリクエスト通りウルトラマンの宇宙斬鉄怪獣ディノゾール。
今でも毎月新怪獣がソフビでリリースされてるんですよ~
リュウガはタイガがそうだったように電車大好きなので来週開通する九州新幹線さくら型の鈴。
親が一瞬の隙で数メートルワープする2歳児に鈴は良いかなと。


その後は自転車&徒歩で街中ぶらぶらし和洋折衷の建物や水面に写るライトアップされた景観などを撮影しながらホテルへ。
長崎の町は客引きがいるような店がないのか繁華街もうっとおしくなく快適ですね。
DPP_0967.jpg


まだ9時過ぎなので暇だな~なんて思っていると
ホテルの隣にサウナがありましたので初トライ。
スーパー銭湯的なサウナは好きでよく入るのですが、サウナ屋さんってのは初めてです。

しかしココが大当たり。
サウナの入り方っていうプレート通りにやってみたら疲労は除かれ適度に疲れて眠くなりました。
サウナには12分×3回入りましたが、退屈はしませんでした。
というのも釣り人2人が翌日の釣りを談義していたから。
じっくり聞きましたがテレビの音が大きいのと方言ですべては分からず。
サウナで頭がのぼせてたのかもしれません。。

どうやら60~70mラインでアミカゴを使って釣るらしいです。
棚が広いのでハリスは2ヒロ、ポイントに入れれば10枚は行けるだろう、でもポイント間違えればゼロだよ、
俺に任せとけみたいなこと言ってました。
「あこ」って言ってましたが何の魚かはわからず。
あご=トビウオですが違いすぎますよね。

話はサウナ屋さんに戻りますが、入口以外はタオル腰巻やガウンでマッサージ室、ちょい飲み屋、
薄暗い中で全chが見れるリラクセーションルーム、漫画コーナーすべて入れます。
スーパー銭湯ですと一度自分の服に着替えると面倒で再入浴ってしないですがこのシステムは快適でした。
ホテルに荷物も携帯も置いてきて3000円だけぽっけに詰め込んで来たのも正解でした。
携帯が鳴らないというだけで一種の安心感があります。
おかげで2時間みっちりで1260円+ビール500円で満喫。


初サウナ屋さん気に入りました。
房総でも探してみようかな。
いや、近所でも欲しい。


そんなでホテルに帰ると瞬殺でした~




いよいよ翌日はたーたんが行き焦がれていたあの島に上陸です。
~つづく~

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ