Entries

09.29 MIURA開拓

カテゴリ : フィッシング
朝どこに行くか迷います。

慣れた風裏の房総か、それとも貸しボートで行った三浦か。
前回の貸しボートでは良いとこ持ってかれたので三浦へ。出艇さえこなせば風は何とかなりそう。

出艇場所、駐車場を探して6時準備開始。
7時にて波の前でしばし傍観。

ざっぱ~ん!!

出れるの?
ここだけこなせば漕ぎはきついがOKな感じ。


ロッドをハッチに仕舞い、小波を待ってダッシュ!!
キス釣りの人が見ていて少し恥ずかしかったが無様にもなんとか沈せず出れました。。

向かい風の中漕ぐこと50分、やっと30mラインです。
全力4~5km/h、巡航では3km/hです。
船外機の威力を知らされた船出。

しかし、魚探映像は見慣れた寂しい感じ。
浅場ではイワシの群れも見受けられましたがそこは水深8mの世界。

30mの海中は静かなもんです。

でも、無心でシャクリ、漕ぎ、シャクリ、漕ぎ・・・。

もうロッドを持つ左腕は一体化して棒になったころ。
s004.jpg
何フグですか~~!!
なんか知らんがココロ折れました。。

実釣2時間で帰途へ。
15mあたりで遠くで跳ねる緑の魚。
近づいてみると海色が緑と青の境目。ゴミも浮遊するきれいな潮目(←変な表現ですね釣り人にしか解からないかなぁ)。
こりゃもらったとばかりにハッチに仕舞いっ放しのキャスティングタックルを取出しドラペンやらマヒジャークなど投げ倒しますがノーヒット。。
魚探には5mあたりに単体魚がたまに映るので1時間ほど引っ張ります。
このころには風もなく釣りやすいですが釣れない。
でも気づくとかなり大きな、周期の長いうねりが押し寄せているではないか。

サーフを見ると遠目にも大きな白波。
帰りは間違いなく沈かな~


さて着岸。
艇上の小物はハッチやらクーラーの中やらにすべて仕舞ってあるのでいつでも行けます。
波待ちを10分くらいしたでしょうか?

ここだ!ってこの日一番の全力漕ぎ。
上陸し、次の波に洗われてX13も横向きになりましたがセーフ。
よかった~


この三浦は開拓とは言えないかもしれませんがタータン的にはカヤック初場所開拓です。
自宅からラ・ヨーンも三浦もほぼ同じ距離で100km前後。高速料金も土日ならほぼ同じ。
帰りは14時発で大井の渋滞もなく高速はノンストップ。
神奈川方面も結構いいんじゃないかと。
公営の海沿い駐車場に停めたら帰りに2400円も掛かってしまいましたが道路の反対側には1日1000円
がたくさんあるじゃないですか。朝は海側しか見てないですからね~

千葉と神奈川、風向きに合わせて、釣りものに合わせて、
釣果を求めてマイポイントを増やそうと目論んでおります(^^♪

次回は10月の水曜会で長浜の予定で~す。

09.19 富山出張2日目 富山湾に浮いてみる!!

カテゴリ : フィッシング
さて2日目、待望の釣りの日です。

目覚ましかけずにAM7:00に路面電車が起こしてくれました。
DPP_0007.jpg

乗ってみたい衝動にかられながらも車で海岸を目指します。
途中釣具店を探すも市内はみつからず、情報GETならず。
前日のビリヤード店長曰く、子供時代は堤防から棒で海面を泡立てると豆アジが掬えたとのこと。
堤防や海水浴場を見て回ります。
連休ということもありどこもいっぱい。子供がたくさんです。

しかし、富山市内の海岸は大型船が見えるので避けることとし北上。
知らない土地でポイント選定するには何が必要か考えます。
1、エントリー、イグジットが容易であること。
2、当日の風向予報と帰着の方向ができるだけ近いこと。
3、定置網があること→回遊がある?
4、雰囲気、自分が浮きたいと思う景色など
こんな感じで北上していきました。
数か所巡りたどり着いたのはとある海水浴場。
近くには海洋深層水の工場があります。どん深の富山湾ならではですね。

ポイントはこんな感じ。べた凪です。
sP9190006.jpg

ゆっくり準備してエントリーは9:30、ラ・セレナのようなどん深ですが魚探にはアジらしき群れのみ。
まるで今年の内房のような画像ですがとりあえずベイト確認でサビキ。

くっついて来たのは10㎝未満の豆アジです。
何が釣れるかわかりません、未知のエリアですのでこの豆アジは泳がせておきます。

40m位からジギング開始。
特に反応なし。こまったなぁ~、魚探映像の海底地形だとタイラバとかやる気起きないし。

ちなみにもう一つ安全装備について。
防水ラジオです。
sP9190009.jpg
海上では暇つぶしに適当なAM流してますが緊急情報も入りますから装備しておいて損はないと思います。
この日は石垣島に台風直撃だったのでそのニュースが頻繁に流れます。
遠い沖縄のことですが一人海上にいるとなんだか怖いです。
それと竿置きも簡単に取りつけてみました。


遅めの朝食摂りながら考えます。
sP9190016.jpg
コンビニそばですが麺がゴン太、さすが越中。

何を狙うかもわからないので万能はメタルジグだな。
もし青物か底物の気配が魚探に映ったらインチクかな。
それでだめなら豆アジ釣って帰ろう。

そんなこと考えてたと思います。

しかし、ここは海と山と空のコントラストが素晴らしい。
伊豆エリアも良いですが、山の規模が違います。
海に浮かびながら北アルプスを望むなんて日本沿岸屈指の景観じゃないでしょうか。
sP9190017.jpg

気づくと近くには海保の船、潜水士みたいな人たちが飛び込んでます。
そんでゴムボートに乗り込みゴムボごと船にウインチで引き揚げてます。
訓練みたいですがずっと繰り返し行ってます。地道な訓練が救助の前線では役に立つのかと思うと頭が上がりませぬ。
でも、知らぬ海では118で隣にいるあの船が来てくれるのかなって思うと安心感かなりあります。
sP9190025.jpg

ほどなくしてHIT!!
最初だけ引いてあとは抵抗感だけ。エソと思いましたが太刀魚3.5本でした。
sP9190024.jpg
釣ってみたいと思っていた魚なのでうれしいです、初太刀魚。

しばらくして割と引くなと思ったのはこいつ。
sP9190029.jpg

やや風が強くなり帰途に就くも後方に違和感。
豆アジに食らいついたのは4.5本の太刀魚。
sP9190034.jpg
泳がせの枝ハリスは4号なんで放置で獲れたのはラッキーな感じ。

風も強くなりそうな気配、空の色がくすんできます。
とりあえず浅場に移動、実釣2時間程度ですが怖いので12:00沖上がり。
あっという間にウサギが飛び始めます。

イグジットが日本海(笑)
うまいこと小さめの波に乗った割には後ろから大波に襲われクーラーが流れ出す。
とりあえず陸に上がりクーラーを見てると波に乗って戻ってきました。
よかった~。

荒れ気味の海に後ろ髪ひかれながら一人でゆ~くり片づけして帰途につきます。

帰りに見つけた釣具屋さんでお買い物。
sP9190045.jpg
聞いてみると青物不調とのこと。遊漁は新潟方面に向かってると。
小さな船ならアオリが良いかも、太刀は最近聞かないからラッキーだねって。

次はおもちゃ屋さん。
子供たちのお土産を買うのも地方出張の楽しみなんです。
sP9190041.jpg

そんでやっぱ白エビの生も食べて帰らなきゃってことでちょっとハイソな雰囲気の回転寿司を見つけて。
DPP_0009.jpg

DPP_0010.jpg
赤出汁がおいしい。
タータン家は赤出汁でしたので懐かしい。

ここでもまた調子に乗ります。
DPP_0008.jpg


なんてゆっくりしてたら出発が夕方5:00になってしまった。
帰りは上信越道「横川SA」から関越全線まで渋滞です。
余計なことしないでさっさと帰ればよかった、連休の高速渋滞を忘れてました。。

翌AM1:00無事帰宅、無事に帰ってこれた事にほっとしながら、サクッと片づけ。
サチが待っててくれたので一緒に晩酌しながらさっそく太刀魚を頂きました。
DPP_0011.jpg

奥から炙り・刺身・ムニエルです。
おいしい魚ですね、やっぱ魚は寿司屋より自前を家で食べるのがおいしい!!
特に手前のムニエル炙ってみたら最高です。
表面は香ばしく、中はふんわり。
最近は炙りにはまってます。^^
 

今回の富山湾往復1050㎞の移動でしたが、ろくに調べもせずぶっつけで行きましたが何とかなりました。
ブリ属とかハタ系の魚をイメージしてましたが太刀魚嬉しかったです。
次の日本海はタイミング合えば新潟にでも行ってみようかと思ってます。

9.18 富山出張 ~漂流パック~ 

カテゴリ : 出張記
連休初日ということ電車バス予約取れません。
ということで目論見どおり車で、屋根にX13積んで朝5時に出発。

途中SAで仮眠して所々休憩しながら現地到着は夕方4時。。
運転は正味6時間くらい、かなり疲れました。
旅のお供は干し梅。
sP9180003.jpg
眠気防止と塩分補給で海上でも常備してますが、胃腸が調子良くなる気がします。

んで、仕事してホテルに9時着。
ホテルがやはり連休で取れなかったのでLAN無し。
何食っていいかもわからず、大学時代の富山出身先輩にTEL。
B級グルメ情報を引き出す。

一通り聞いてみたがそこは地方の夜。
閉まるのが早いのであり、全滅。
まだ寝るには少し早いので北陸に滞在しているらしいこの派手なオネーチャンにTEL。
ビリヤードがやりたくなりました。
石川の某プロのお店に居たようなので富山駅近くのビリヤード場を紹介してもらいます。
行ってみると綺麗なお店でまだ3ヶ月前にオープンしたばかりとのこと。
某プロが先に電話しておいてくれたようですぐに常連さんと合撞きに。
結果は6先2回やって2勝、ラッキーでした。^^
店長さんと話してみるとたーたんの地元に共通の知人・友人がいました~、面白いですね。
地方主張の夜ってやること無いのでたーたんは割と各地でビリヤードしてます。

で、ビリヤード場で現地情報をGET、富山のお奨めは白エビの唐揚げとのこと。

早速ホテル近くの居酒屋でまずはビール。
プリン君のおかげで普段はビールを全く飲まなくなった、たーたんですが疲れと開放感で1杯だけ。
DPP_0001.jpg
久々ってのもあるけどうまい~

で、おススメの白エビ。
DPP_0002.jpg
これも揚物の割にはさっぱりしてうまい~
AMの時間帯ですが夕飯まだなのでお寿司を。
DPP_0003.jpg


何でも美味しく頂けますね、これが家族とか友人とかと一緒に食べられたらもっと美味しいんでしょうがソコは一人出張の夜。
でも調子が出てきて頼んじゃいます。

カワハギお造り
DPP_0004.jpg

鶏せせりポン酢
DPP_0005.jpg

しめはオニギリと泡盛。
DPP_0006.jpg


食べ過ぎた~、もうお腹いっぱいです~


今回、X13を積んでくるにあたり、全く知らない海にてソロなので
以前から積もうと思っていた「漂流パック」をハッチ奥に結んだ予備パドルとともに装備してきました。
sP9170002.jpg

カロリーメイトに災害用の保存水、それにやや起毛のレインスーツを布団圧縮パックしたもの、これらをドライバッグにしまってます。この装備は今後積みっぱですが、必要があれば拡充していきます。しかし、パドルとこのセットで3kg程度、装備の充実も大切ですがカヤックの自重増加も気になるところです。
ちなみにハッチ内のバッカンは田吾作さんの記事を呼んで、水汲みバケツに使うこともあるかなぁ~ってことで丸型に交換しました。
sP9170001.jpg
ここにはストリンガーと日焼け止め、それにいざという時に備えてハッチにロッドを収納するためのロッドベルトなんかが入ってます。あと空いたスペースにはパラアンカーが常時、時々2軍ルアーケースなんか入れてます。
透明の板は100均まな板ですが使ったことありません。ハッチの上で気にせず刃物使ってます。

安全装備に関してですがPDFにもいくつか装備してます。
sP9190039.jpg
簡易コンパス・温度計付のホイッスル、ロープカット用のナイフそれにBOILのマルチツール。
防水携帯をリーシュするのは当然のワイヤー入り。
A型なので過剰装備と思われるかもしれませんが、思いついたらあとで後悔しないためにも装備するようにしてます。
もちろんこれら漂流パックは使わないことが大前提ですが、備えあれば。。


話は変わって、片道の高速代は練馬から1600円、私的には嬉しいけど特殊ですよね。実現して欲しくありませんが高速完全無料なんていったら異常な世界で市場原理に歪が生じ他の交通機関の運営が阻害され一部は崩壊し、また無料化終了後の反動が怖い気がします。一度廃線した地方交通は簡単には復元しませんから高齢化した陸の孤島は更に増えるでしょうね。この陸の孤島のうち多くが農家個別保障をもう一つの目玉政策として票田となっていたのなら皮肉な話です。国民政策の観点からは一部の人だけが得をする高速道路無料化よりより多くの人が受益するガソリン税の低減程度に留めていたほうが良いと思うのですが・・。

そんなことをノートPCで書き留めながら一日目の夜は過ぎていきます。
いよいよ明日は日本海、初KF!!

~つづく~

09.14 しめさば

カテゴリ : 料理・食
初めてしめさば作りました~。


3枚に下ろして塩をたくさん振りました。
DPP_1435.jpg

冷蔵庫で30分置いて、流水して、水気を切って、酢の中へ。
DPP_1436.jpg
15分で出来上がり。

DPP_1437.jpg

上段は炙りしめさばです。
超簡単でめちゃくちゃ旨い。なんでもっと早くやらなかったんだろう?
味噌煮もいいけど炙りしめさばが晩酌のお供になります。

台所で見覚えのある海苔を発見しました。
DPP_1344.jpg
そう、あの盤州金田漁協の海苔です。
さちが近所で買ってきたようです。
親近感を覚えてしめさばに巻いて食べてみました。

美味しいです。^^

次はしめさばの押し寿司がやりたくなりますね。

最初の写真でバット2つにしてあるんですが、
ひとつは30分、ひとつは1.5時間ほど冷蔵庫で水分を抜きました。
でも、結果は言われなければ分からないくらいの違いですね。
次回は酢にミリンやレモンを少量入れると変るみたいなのでそのへんもやってみます。


でもね、ホントはこんなの釣りたいなぁ~なんて。。
DPP_1303.jpg
葛西で撮りました。
DPP_1304.jpg
水中で見ると綺麗ですね。

葛西の名物、黒マグロが以前よりかなり減ってました。
なんだろう。
寂しい水槽でしたが釣りをするようになって水族館が更に面白くなりました。
KFのポイントで根回りダイビングしたらめちゃくちゃ面白いだろうなぁ~

連休はもしかしたら日本海。
浮けるといいですがどうなるでしょう。
FC2ノウハウ

CHOTARO釣り部 出たカンパチ70cm!!

カテゴリ : CHOTARO釣り&ビリ部
9月9日、平日に休みを申し合わせ三浦半島で貸しボートです。
参加者はたーたん・うーたん・ヌルポそして船長です。

3:45某所待ち合わせなのですが、前回遅刻の前歴があるうーたんには他の全員からTEL。
無事出発できて一安心。
道中少々の遠回りもありましたが出船は15馬力のこんな船でした。
縮小P9100003

たーたんは貸しボート初めてでしたが、たくさんのスタッフに出船作業してもらって大名釣りだなって感じ。
無風~微風で凪ぎのグッドコンディション。台風一過なんでどうなるのかな~?

ボート屋からはかんたんな説明とMAPを頂きましたが、いつも魚探に慣れているたーたんには
どこでやっていいのかさっぱり分かりません。
そこは船長の腕の見せ所。

朝からまずはサバの洗礼。
下まで沈めると何処でも定番のコイツですね~。
縮小P9100007
でも朝一ってボウズの恐怖から逃れるという意味でどんな魚でも嬉しかったりする時間帯でもあります。

適度にサバの引きを楽しみながら本命のイナダ狙いで沖方向に。
しかし、どこに行ってもサバエソばかり。


なぜかヌルポはみよしで1人キャスティング。。


とそこにうーたんに強い引き込み。
しかしバレた~!!残念。。
ガツガツしてたしパワーはあるけど持続性が少ない感じだったのでマダイか?

次はたーたんに異質の引きが。
サバや青物みたいではない感じ。
30cmくらいのコチ系の魚でしたが船べりでばれてしまいました。
マゴチにしては少しだけ白っぽかったし、少々トゲっぽかった魚体。何でしょう?

そして船長に突然のワカシが。
一同ヤルキモード。

続くのは飽きない程度のサバサバ・・・。
ガマンして皆でキープジギング。
うーたんもワカシ追加。

朝は涼しく過ごしやすかったが徐々に照りつける太陽でヌルポはまた壊れた模様。
縮小P9100009
みよしで立ったり座ったり。宇宙人とでも交信してるのか?


昼前になると3mあたりに一面の魚の絨毯。
見えそうでも魚種が分からない。しかしとにかく数が多い。
あちこちで食ってるのか食われてるのか水面も騒がしい。
この魚種を確定したくて皆で色々試す。
ジグ、タイラバ、インチク、コマセサビキ、オキアミやら。
一応群れの下から通すが反応なし、群れに触れるだけ。

ここでヌルポがキャストしてたルアーで引っ掛ける。しかし外れる。
それを見てたーたんはバイブを投げると3投目でくっついてきた。
縮小P9100012
コノシロだったようです。

その後潮止まりを向かえサバエソも釣れない時間帯へ突入。
しかし突然に船長の竿が海中に。
巻いては出されを繰り返しながら上がったのは良型のイナダでした。

潮止まりだろうがなんだろうが水中でジグを動かさなきゃだめ、
そんな空気で皆ジギング。
このころになってもまだヌルポはキャスティング。。

そこに最後のドラマフィッシュが、、
うーたんのシイラ用に買ったロッドがひん曲がってます。
縮小P9100014






上がってきたのは70cmのカンパチ!!
縮小P9100016

初ジギングでコレを釣り上げるとはさすがのCHOTARO釣り部長。


上がってみるとカンパチでけ~!!ぶって~!!
エラ内蔵抜いて3.2kg!!
縮小P9100017
ボート屋の親父はヒラマサだと言っていたがヒラマサなんて想定外なんでたーたんは分からん。
これ以外は4人でサバ30エソ10くらい。
秋の釣り満喫しました~。

釣果抜きでもこの貸しボート、かなり愉しいですね~。
皆でワイワイ好きなこと出来るし、遊漁船みたいに誰かに気を使ったり忙しくも無く仲間内のペースで釣りができる。
魚探もGPSも無しでどうやって釣りを組み立てていいか分からなかったですが
どうせ青物なんて画面にほとんど映らないでしょう。
無反応の画面で1日ジグをしゃくったりタイラバ落としたりって難しい。
でもって今日は台風一過でイワシも見かけませんし魚探付いていてもほぼ無反応の1日だったと思います。
そんな中でコレだけの釣果が上がったのは4人(キャスティングで誰かと交信してた約1名も含む)の
情報量と釣果のおかげですよね。

今日は操船と往復運転を船長に頼りっぱなしでとってもありがとうでした。
たーたんは昔の4級船舶のまま失効してるボート免許、更新しようと思いました~。



しか~し、帰ってホースで洗い物してると服の下に隠れていた自動膨張が。。
縮小P9100019
ちゃんと作動してくれました!!


夕飯に間に合ったのでお裾分けワカシの刺身とアラ汁、サバの塩焼きです。
人によってはワカシの刺身はいまいちって言いますが、たーたんは割りと好きです。
しつこくなくておいしいです。
縮小P9100022
って言っても下2列をタイガが1人で食べてしまったのですが。。
親としてはそれも想定内、半身は冷蔵庫の上段に隠してあります。^^

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ