Entries

お勉強

カテゴリ : カヤック艤装・アイテム
お勉強のために本を購入しました。
といってもヤフオクで3冊合計1800円でした。

海のボート釣り教室
魚探大研究
釣りマップ千葉
縮小IMG_0166

縮小IMG_0167

のぶぞうさんのページを参考にさせていただきました。
魚探大研究はマジ勉強になります!

7/17初内房は風の中・・。

カテゴリ : フィッシング
内房は新舞子海岸まで行ってきました。
縮小SANY0002

事前の予報で午後からは風が強いとこのこと。
なので現地5時着にて予定を組んで、前日早く寝て・・起きたら7時!!なぜ??

でもせっかくの平日1日休みなのでとりあえず向かいました。
初めての場所なので下見のつもりでいいやってね。
現地着9時半、通勤ラッシュの時間でしたが下り方向なので2時間くらいで到着です。
思ったより近いなぁ。時間帯理解してないけどETCで高速半額だったし。

準備をしてると雨振ってきます。
縮小SANY004
準備を終えて車で待機、風が強くなる前にとりあえず出たいなぁって雨は無視して
浮かんでみます。

浮かんだとたんに風が・・・。
いつでも撤収できるように近場で作戦ですがサーフがすっごいことになってます。
しかもジャリメをつけようとしてもつけられない!風波うねりでエサ付けが思うように行きません。
やっと1匹つけてももう一匹付ける間に風で仕掛けぐちゃぐちゃになるし。
ガルプも持ってきてるのでこっちにしようかと思いますが風模様から
とりあえず2~3投げで撤収なのでガルプは未開封のままにしときたいところ。

なんとか2~3投したところで撤収です。
もちろん釣りにはなってませんがいいんです。
きょうは浮かんだだけで満足です。下見のつもりですから。
しかもカヤック波乗りも体験できたし!

さっさと片付けて他の海岸も下見です。
その前に昼食にはうわさの梅乃屋に向かいますが「店主体調不良のためしばらく閉店」と書いてあります。がっかり。皆さん気を付けましょう。
食事場所を探しながら上総港~富津まで海岸線をドライブしましたが
南風のときは上総港と富津が比較的良いようです。まあ地形どおりですね。
上総港は半島上空にはもがすごい速さで雲が流れていましたが、出せそうです。
半島の先、海上に目視出来る風の通り道が出来ますのでその先に出なければ良さそうです。
でも風向き変わったりすると怖いのでタータンは出ませんが。

カヤックの聖地富津も下見して来ました。
いままで他の方のHPやブログで描かれていた地形を自身の目で確認できました。
大潮干潮には歩いて・・・
第一海保まで漕いで・・・
なるほどこういうことだったのね。
縮小20090717145646

今後に繋がる風の日でした。
結局、なんにも食べることも無く夕方無事自宅に到着です。

カヤックキャリア リアバー追加

カテゴリ : 車載
後ろから車載時に人工芝を車に敷いて乗っけてたんですが
どうしても砂をかんで車を傷めてしまう。なので新しくリアバーを追加しました。
車載も一人でラクラクになりました。

作業中こんな感じでしたが、スーリー874はX13の場合、キールがあたるので使えませんでした。
ギリギリな感じでしたので他のカヤックならOKでしょう。
できたら裏積みでなく表だと上げ下げのときにカヤックを半回転しなくて済むと思ったが。
縮小IMG_0139

んで、平積みの完成はこんな感じです。
874使うつもりでしたんでラックパット無しです。
でも75㎝のラックパットだと2~3cmたりず入らない!
この辺にもう少し工夫が必要ですね。
縮小P1070821

縮小P1070822

前後はこんな感じです。
ルーフBOXは屋根からはみ出ていますが、BOXの固定部分がフット外側でもOKだそうです。
もちろんBOXはミラーからは、はみ出ていません。
縮小IMG_0147

縮小IMG_0144
キューブキュービックの場合X13は1.1倍以内なので赤旗は不要ですが
ティップ折れロッドをフラッグ用に海上で使っているので、車載時も利用してます。
車よりカヤックのほうが後ろにはみ出ていますのでフラッグがあれば忘れてドッカーンは
無さそうです。

車にカヤックとBOXをつめる車種って限られてます。
スーリーのフット幅で見るとキューブキュービックって小型車なのにアルファードやランクルより
広いんですね。サイドが真っ直ぐだからでしょう。

今回使った商品はINNOのクロスホルダーです。
これ3セット、縦の2mのバー・横129㎝のバー。


しかし、この後X-13にトラブルが発生です(キャリアとは無関係)。
しばらく入院することに。このお話はまた次回に続く。


FC2ノウハウ

ホンビノス

カテゴリ : フィッシング
6月に入り試乗会後にウータンと一緒に三番瀬に出ました。
市川側・船橋側ともに反応無し。

船橋プール近くでハマグリみたいな貝を見つけます。
干上がったゴカイのウンチ浜を2人で歩いてみるとこの貝いっぱい落ちてます。
アサリとシオフキも落ちてます。

縮小SANY0014
持ち帰って調べてみるとホンビノス貝といい外来種のようです。
その夜お店(タータンの奥さん実家は近所で焼き鳥メインの料理屋なのでよく行きます)で
白ハマグリの酒蒸しなるつまりはホンビノス貝がありました。
聞いてみると市場で最近流通し始めたそうで発砲スチロールには船橋産と書いてあります。
食べればそれはもちろんおししい。
持って帰ってきたホンビを明日食べるのが楽しみっておもってましたがそんなに甘くないんです。
明日塩抜きしていた箱を開けてみると貝腐敗臭。兄に聞いてみるとホンビは病気持ちが混じるので
氷とブクを入れなければいけないらしい。

そこで次回は気合を入れて大潮狙っていきます。
また他にも目的があります。
これまで買ったロッドでどの長さが使い安いか?
魚タン購入したので取り付け位置の検証やなどなど。

ところでタータンは中2~20歳くらいまで100本強ダイビングやったり、大学時代は夏休みに葉山で
ヨットレース運営していた知人のおっさんとこに泊り込みでお手伝いしたりしてました。
4級船舶(今は2級と呼ぶ?)も失効してしまいましたが持っていました。
でもあのころはつりに興味を示さなかったなぁ。待ち時間に竿持たされたことあったんだけどね。

こんな経験もあり海の怖さは少しだけですが知っています。
風や波・うねりってどのくらいいけるのか?
風・波はセットが多いでしょうが、うねりのみのときもありますよね。
大潮の早い流れも探してみたいです。
一つ一つ体験していかないと意図せず全部一緒にやってきたときには困りますからね。
安全第一。海で命を落としたくはありません。

そして大潮の早朝から入ります。
例によって反応無しかと思いますが、
市川航路側でタンカーの引き波ってどの程度か実験しようと待っている間に
なんとなく投げているとシーバスが!!
ちょっと寄せてランディングネットの位置を確認に振り返ると引き波が!!!
んがー!?近くに迫る引き波にびびります。
と、直後に目測50センチにえら洗いされますが一応テンションは保ったまま。
この辺りは体が自然に反応してくれましたが迷う暇はありません。
ラインフリーにしてX13を波向きにします。
やり過ごしながらラインを見ていると出て行かない。
やっぱり外れていました。
やり過ごした波もたいしたことありません。
そりゃそうです。実験ですからそんなに近くに行きませんしね。
まあいいんです。実験ですから実験で・・・。
魚ってこっちの様子見てるんですかね。
ばれそうなときに食ってくる。
なんとなくの時に食ってくる。
鼻歌交じりで別のこと考えてると食ってくる。

その後はシーバスからの反応無く、なんか知らない魚が付いてきました。
縮小SANY0025
ヒイラギみたいな感じでしたがギマというらしいです。
一応口にフック刺さってましたがこの小さな口ですからね。
写真撮ろうとしたらフックが目に移動してしまいました。


その後は干潮ホンビ狙いでゴカイウンチ浜を目指しますが
なんと大量のライバルたち出現です。
潮が引くのを待って重装備のおじさんたち。
その数50人くらい(干潮時には300人くらいいました)。
おじさんたちと話しているとこの貝の取り方わかりました。
でも鋤簾で航路側を掘りまくるようです。でもアサリ用の熊手しか持ってないし。
作戦変更です。といっても方法は持ち合わせてないので
歩きまくる!!一時間強でこんな感じです。バケツ&ビニールいっぱい!!!
縮小SANY0020

例の方法で塩抜きし翌日にはつまみとなりました。
どうやら何とか管とかいう茶色い部分を取り除いて食べたほうが苦味が無くすっきりします。
縮小IMG_0119





進水式

カテゴリ : フィッシング
いよいよ進水式です。

進水式はおかっぱりで通い試乗会やら潮干狩りやら
最近お世話になっているホームの三番瀬です。

ちなみに三番瀬は「さんばんぜ」と読むのが正しいらしいです。
ネット上で検索してみると三番瀬を守るために活動されている団体の意見がたくさん見れます。
千葉県行政やカキ礁などは団体によって賛否両論のようです。

話が横道にそれましたが、ウータンとは気合を入れて早朝4時集合です。
この日のために?準備したフラッグを立て、なれない準備に思いのほか時間がかかります。
ドーリーを後方にセットしすぎたため初めての運んだカヤックは想像比2倍くらい重かったです。
波打ち際まで距離のある早朝の三番瀬で一人格闘気味。隣のウータンは軽そうです。
なんとか波打ち際までたどり着き
SANY0004縮小

NWさんにならってパック日本酒にてお清めしました。
これって正しいんでしょうか?
でもNW育ちのカヤックフィッシャーマンは多く、NW式進水式があちこちで行なわれていそうです。
それにしても時間がかかりました。この時点で6:30、2時間半もあーだこーだと進水準備。

しかしでも、初めてのマイX13は気持ちよく滑り出します。
試乗でも乗っているので乗り心地の感動はありませんが
新しい何かが始まる感じを満喫しました。凪いだ三番瀬が迎え入れてくれています。

ホエールさんに教わったことを思い出しながらその辺を練習がてら漕いでみます。

ウータンはなぜか焦って陸に戻っていましたが、
遠くから見ているとドレンを閉めているように見えます。
真相は知りませんが。。

その後は市川航路よりを投げ、船橋側カキ山に移動し疲れてしまいます。
このとき9:30くらい。初めてのマイX13ですが、
この先続けられるかなって少しだけ不安になりました。

結構きついんです。片づけをして家に帰るとシャワーを浴びて体が動かなくなりました。
眠いわけではありませんが動けません。
こんなにくたくたになったのはいつ以来だろうか?中学校1年の部活をはじめた時や
大学でスキーをやっていたときを思い出し、いつしか夢の世界へ。。。

でもでも、心地よいです。
運動不足もあるでしょうが、能動的に体使って疲れきるって大人になるとあまりないですからね。
やっぱり楽しいですね。





カヤックスタート

カテゴリ : フィッシング
初めまして!タータンです。

まずはブログ開設してみましたが、カヤックフィッシング始めるまでの経緯です。

2007年秋に、誘われたはぜ釣りから始まりシーバスへと30歳を過ぎて釣りの世界を知ります。
元来凝り性のためシーバスにはあっという間にはまりました。週1~3回ペースで冬も春も夏も
ずいぶんと通いました。ネット上で理論武装して、ミノーやらロッドやら買い込んで全然つれません。
まったくとはいいませんが釣行回数から見たらほんっとたまに、偶然、なぜか?釣れたと。
2008年秋にしょっちゅう通っていた三番瀬でベテランさんに話しかけていただき色々ヒントをもらいます。これがきっかけではじめて爆釣を味わいます。

そんな頃、ネット上を見ているとチームNWさんのカヤックフィッシングに関するとっても面白いページに
出会ってしまいます。豊富な内容ですので読破するのにずいぶん時間がかかりました。
やってみたいなぁ~。第一印象です。一人ではじめる勇気はありませんので周りに声かけますが
まあ、そんな人あまりいませんよね。

2008~2009冬、寒さに負けて釣りはお休みです。
そういえば2008秋は9月に下の子が生まれましたので
生まれてすぐの頃にずいぶんシーバス行ってたんだなぁ。感謝です。

2009年4月中旬、はぜ釣り・シーバスに初めて連れて行ってもらった
ウータンからカヤックのお誘いが。ウータン的にも盛り上がっている様子。
そこからは早かったです。5月1日にKAYAK55ホエールさん・チャン松さんに試乗会を開催してもらいました。後から分かったのですが試乗会開催前だった様子、第一号のようで試乗会ページに写真を使っていただきました。ありがとうございます!!またこの時の様子は試乗会ブログで公開して頂いております。

IMGP1201縮小

IMGP1171縮小

試乗会は14時くらいに終わり午後からは家族が来て潮干狩りです。
大雅4歳は初めての経験で大喜び。以降、貝マニアとなり4歳にしてあさりはもとより白ハマグリ(ホンビノス)そしてカキへと大人の味覚を覚えてしまいます。
SANY0012縮小


GWも明け、カヤック購入に動き出します。
タータンは試乗したX13を購入しようと思いましたが、お世話になったKAYAK55さんのSHOPページは準備中でした。SWさんのページも何度も見ましたが売り切れ・・のはずが1艇だけあるじゃないですか!!すいませんホエールさん!と思いつつもLET'S横浜!
即購入してしまいます。
IMG_0066.jpg
ここでお世話になったのがK木さんです。
非常に親切に分かりやすくしかもユーモラスに色々教えていただきます。
行くまではPDFなんかも一番安いのでいいや~くらいなのりでしたが
「でいいや」じゃ寂しいじゃないですか!なんて楽しく良い買い物をさせて頂きました。細かなものをずいぶんとおまけしてもらいます。また購入したドーリーのバルブキャップが後日無いことに気づいたときも気持ちよく送っていただきました。

ずいぶんはしょりましたが、こんな感じでカヤックライフが始まることとなりました。
あっそうそう、時期をほぼ同じくしてウータンは埼玉のぱどるさんで
NEWターポン120を購入したのです。


Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ