Entries

09.10 勝山ダイビング

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
たまたまに予定が合ったのでサチとダイビングに行ってきました。
近くのショップFIZで千葉デーってことで勝山です。

勝山って当時カヤックに釣りに通いまくった第二のホームゲレンデですね。
たーたんにとっては南房館山の入り口というか、そこそこ思い入れのある海です。

海の中は想像と違いました。
IMG_2179b.jpg
ソフトコーラルが多くて竜宮城みたい、なぜか左右に蹴られてますが気にしないで。

カサゴはこのサイズのメバルを食べるのか?
IMG_2181b.jpg
時間かかりそうなんで観察しきれませんでした。

枝にくっつくカメレオン、何とかっていうエビです。
IMG_2194b.jpg
見つけられた??

浮島の南側、こんな景色でした。
IMG_2221b.jpg
3層な小魚、これ魚探でよく見るよね。こんな感じでした。

小魚の群れ、小アジとタカベは魚探では判別が難しいかも。
IMG_2231b.jpg

サンプル採取に落としたサビキではネンブツ、、そこらに沢山います。
IMG_2247b.jpg

でっかいヤドカリは引っ掛けたことありますよ。
IMG_2261b.jpg

石鯛メジャーな勝山、居ましたね。
IMG_2270b.jpg

ダイビング後はごはん。
太刀魚丼、700円。
DSC_0364PMB.jpg

サチの定食1200円。
DSC_0365PMB.jpg
何度か訪れたけど当時は平日釣行のたーたんは縁がなかった「潮騒」、おいしくてコスパOKです!
勝山はダイビング的にGOOだったのでつぎは裏メニュー食べよう。
内房で有名な「ばんや」では700円だとイカの入っていないタマネギ丼を散々食べたけど満足度ミニマムでした。

FIZはラクチン、寝てれば連れて帰ってくれますからねー、サンクス。

03.12 ダイビングIOP

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
ハウジングを買い換えたのでダイビングに行ってきました(笑)
ではなくサチとFIZのツアーです。

行ったのはIOP・伊豆海洋公園です。
道中、潮色は悪いものの伊東まで波も小さく穏やかだなと思っていましたが、IOPは地形的に波が立ちやすいとのことです。
エントリーポイント、右側の根が水中まで張り出しているので波が大きくなるようです。
ロープを両手で持って横歩きです。
IMG_0650q.jpg
この日はそれほどでもなかったですが、荒れ気味のハードコンディションは容易に想像がつく感じでした。

1本目、特に写真撮るものもなくイグジット。
と同時にお腹が急降下。。
タンクを下して、WCに急ぐと階段で転倒。。。
ドライスーツで足が上がらなくて、引っかかったんですが1歩、2歩、3歩まで耐えましたが転がるという。
恥ずかしかったです。それよりWCが狭くて不可能と判断し、外でドライスーツを脱ぐのが厳しかったですわ。

そんなことしてたら、皆がやってきてホタテタイム。
sFB_IMG_1489309879074.jpg
前日の3.11は海が荒れてて3.12ですがイベント継続?だったようです。
もう6年か。。

この日は5名。
sFB_IMG_1489309892440.jpg

2本目、腹に不安があったのでキャンセルもよぎりましたが、せっかくなので。
sFB_IMG_1489309928791.jpg
ゴミが浮いてましたが15mくらいは見えてました、不思議とやまちゃんと行くと見えるという。

こんな感じで岩肌にカメラをくっつけて撮影してるところをイントラのやまちゃんが撮ってくれました。
sFB_IMG_1489309992512.jpg
今回買ったRecseaのハウジングはキャノン純正と違ってアルミハウジング、アルミなんでそれほど重くはならないかなと思いましたが結構重い。なんか水中重量を軽くするフロート的なものを作ろうかな。
でも特注オレンジ色がかっこいいし純正ハウジングみたいに透明じゃないので液晶モニターが見やすくて良い商品ですね。

デカ鮃。トリミングなしです。
好きな構図だけど手前の赤い植物が邪魔、、惜しい。
それと目にジャスピンじゃない。
IMG_0674q.jpg
AFL(オートフォーカスロック)でピン合わせするのも無理があるし、AFを捨ててMFじゃ動き物の時に対応できないし。
AFフレームサイズを小さくすると小物には合わなくなるし。水中撮影も難しい。
どれにしても冬用グローブじゃ無理だからオート系操作で我慢するしかないですな。
水中デジイチだったらどうなのだろうかと興味はありますがでかくて重く非現実的な感じ。
キャノンでもKISSシリーズでX7だったかな?超小型のデジイチあったな、、なんて書くと危険。
そういえば後から思いましたがフロートの重りに80gのジグを代用してるので、手でジギングしてみればよかった。
もしかしたら鮃ジャンプが見れたかも?

あとはコレとか。
sIMG_0658q.jpg

昼食は伊豆高原のだんらんという定食屋。
皆に釣られてポキ丼800円を頼みましたが、ほぼタマネギ丼。タマネギ苦手なんですよねー。
sIMG_0681.jpg

さちの得々御前1250円と交換、美味しかったです。
sIMG_0682.jpg


鮃、釣りたいなー。
喰わせサビキやるかな。また、やることいっぱい。

10.22 西川名ダイビング

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
先日の西伊豆にて盛り上がり、またダイビングです。
今回は行き付けショップのFIZにてツアーで行ってきました。
AM5:15集合で眠いですが、ツアーの良いところは行き返り乗っけてもらえるので、寝れる。
目的地は昨年9月にも行った館山の西川名です。
DSC_0278PMB.jpg

今年に進水した新艇、名前は忘れました。
IMG_5215B.jpg
船体もでかくなり、150馬力2機掛けの大型艇です。でもポイントは港から出て1分、必要あるのかな(笑)

1本目、20m見えてました。
IMG_5188B.jpg
ヒゲダイの編隊。顎下の髭が無いとヒゲソリダイという名だったと思います。

撮るものあまりなかったのでサチ。
IMG_5218B.jpg

2本目、少し透視度が落ちたかな。
しかし、国内に限って言うと去年の伊東ダイバーズデーと今回の西川名。
どちらもヤマちゃんにガイドしてもらったら2/2でNO,1,2の透視度でした。
IMG_5251B.jpg
ハナミノカサゴ、トリミングなしできれいに取れました。

これも綺麗に取れたけど、なぜか右側に影が。右のライトが点かなかった?
IMG_5267B.jpg

イサキいっぱい。
IMG_5276B.jpg
ここでヒラマサが通り過ぎたみたいだけど、たーたんは遠くの影のみ。

テングダイの編隊。
IMG_5292B.jpg
左向きも右向きも揃っていました。

正面も。
IMG_5297B.jpg
この写真見て、さかなくんって魚に似てるよなと思いました。

サクッと2本潜って帰りは丼物。
DSC_0281PMB.jpg

サチは焼き物といつもビール。
DSC_0280PMB.jpg

タイガのお土産はウナギ。この辺は館山なんでいつもと一緒です。
DSC_0283PMB.jpg

リュウガのお土産は粘性のある液体時計みたいなの。
DSC_0284PMB.jpg

FIZのツアーレポート
翌日曜日はサチ・リュウガのサッカー大会、たーたん・タイガの模試を引率。
有意義な休日の過ごし方でした。

10.12~13 夫婦ダイビング西伊豆

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
週末のキャンプから1日空けて、サチと二人で1泊ダイビングに行ってきました。
早朝出発で向かうは西伊豆、KFでも何度か行ったことある場所です。

AM5:15に出発して目的地の田子はAM9:15着と4時間、、遠い。。
DSC00636PMB.jpg
それでも西伊豆独特の入り組んだ地形にテンションUP!

今回はシーエッグというショップに行きました。
早速、説明を受けゆっくり準備してGO、平日なんで2人で貸し切り自由ですな。
IMG_4818西伊豆ダイビング
ん、夏の座間味はレンタルしたので自分の機材で潜るのは1年ぶりで戸惑う。

1本目は沖の太根というポイントで、とにかくキンギョハナダイとかサクラダイとかイサキとかが群れてるところ。
IMG_4832西伊豆ダイビング
あとはウミウシ撮ったりしながら。

昼飯は弁当付き、普通の弁当だけど外で気持ちよく食べました。
スタッフたちの食べてるカレーも少し頂き満腹。
sDSC_0260.jpg

2本目は三ノ浦という洞窟、映画ガリレオ真夏の方程式で杏が海中を泳いだシーンはココらしい。
IMG_4852西伊豆ダイビング
撮影協力もシーエッグだったらしい、杏と泳いだのかと思うとうらやましいな。

魚は相変わらずドコでも群れてる感じ。
IMG_4859西伊豆ダイビング

もう少し透視度があればなんですが仕方ないですね。
IMG_4872西伊豆ダイビング

洞窟ポイントは光の印影が愉しいね。
IMG_4932西伊豆ダイビング

ダイビング後はショップでおしゃべりして、その後に西伊豆町役場に行ってきました。
DSC00638PMB.jpg
なんで今回はキャンプ後にダイビング旅行にしたかっていうと、昨年にたーたんが、なんとなく西伊豆町にふるさと納税して
1日分のダイビングチケットをもらっていたのです。その時はダイビング+フィッシングの2泊3日くらいのつもりでいたのですが、
今年になって2人2日分のダイビングと宿泊を追加で納税して9月に計画してましたが台風でキャンセル、
その際に郵送では間に合わなかったので役場に受け取りに行くことになっていたのです。

無事に納税チケットをゲットして宿泊は堂ヶ島温泉ホテルというところ。
2016_10_1298西伊豆ダイビング

部屋からの眺めは三四郎岩が見えてなかなかでしたよ。
2016_10_1299_11西伊豆ダイビング

風呂入って夕飯。
寝不足、運転、ダイビングに加えてサウナで汗を流して腹ペコかつヘトヘトなんで幸せな時間です。
2016_10_1299_22西伊豆ダイビング

イセエビ刺しが1匹づつでしたが、それほど美味しくはなかったです。
2016_10_1299_19西伊豆ダイビング
食後にも飲酒しようかと買い込みましたが、部屋に戻り布団に横になったら2人ともzzz。
PM8時台だったと思いますが(笑)


≪2日目≫
早起きして散歩。
2016_10_1399_1西伊豆ダイビング
島の左側がもじってますな、干潮150分前。

露天風呂に入って朝食。
2016_10_1399_10西伊豆ダイビング
食べて寝て起きただけだけど腹ペコ、イセエビの味噌汁が美味しかったです。

部屋に戻り充電しておいたカメラとかをハウジングにセットして、片付けして出発。
大潮前の中潮で干潮20分前、トロンボ現象といって干上がって道が現れるというもの。
2016_10_1399_15西伊豆ダイビング
老夫婦が渡っていったので三途の川みたいだ(笑)

さてダイビング、といってもまた貸し切りなので自由ゆっくり。帰りの渋滞等を考慮して、AM2本にしてもらいました。
sDSC_0273PMB.jpg
ガイドの藤井さんと船頭のツッチーが大の釣り好きということで、
ずっと釣りの話していたりコマセの準備してたりするので釣り宿にいるみたい。

1本目は昨日と同じ沖の太根、相変わらず群れ群れでした。
IMG_4988西伊豆ダイビング

1本目は黒抜きという、ISOを下げて背景を黒く映し、フラッシュで被写体を浮かび上がらせるのにTRY。
IMG_4980西伊豆ダイビング
歩留まり悪いけどこれが今回一の写真です。

ハコフグは動きが遅いので追いやすいです。
IMG_5000西伊豆ダイビング
怪しく光ってこれも自分的にはまぁまぁだけども少し背景がしっかり消えてるとイイです。

S120を海中で操作したり露出も体感的に慣れてきましたが、海中では失敗写真が多すぎる。
IMG_5017西伊豆ダイビング
こういう動きの少ない魚で練習ですわ。

2本目、沖ノ島。
IMG_5042西伊豆ダイビング
なんだろ、円形のモニョモニョした植物っぽいものの中心部。

カクレクマノミ。
IMG_5062西伊豆ダイビング
タイミングが合えばイイ写真が撮れそうだけど、レンズを近づけることが難しい。

なんちゃらギンポ、フジツボの穴に入ってかくれんぼしてる感じだけど魚体は細長く魚っぽくない。
IMG_5101西伊豆ダイビング

2日間4本のダイビング終了、昼食べて帰ります。そうそう、前日にお願いしました海産物を取りに行ってもらいテイクアウト。
2箱は干物詰め合わせ、1箱はリュウガを預かってもらったクワちゃん家行きです。
sDSC_0276PMB.jpg
タイガの同級生の家にリュウガが泊り、タイガは自宅で1人留守番、そりゃ羽も伸ばすよな。
夕方、タイガのポケットに入っていた携帯から押しちゃった系でたーたんに留守電。
ファイブスターのなんちゃら、カードがどうとか(笑)
いいよ、親も弟も楽しんでるんだから!

それとイセエビ1.2kg。どちらも浜値で譲ってもらいましたので激安!!
sDSC_0275PMB.jpg

お世話になりました。左がシーエッグのボス藤井さんです。右は若頭のツバサ君、なんと17歳とな!
DSC00652PMB.jpg
タイガと5歳しか違わないけど、見た目に反して?色々とお話の出来る好青年でした。

帰りに丸ごとイチゴが入ってるイチゴ大福、チョイチョイ買い食いしながら。
DSC00655PMB.jpg

都心を抜けて、夕飯はソラマチのクワアイナでハンバーガー。
DSC00659PMB_201610160839374e6.jpg

リュウガはクワちゃんがお風呂入れて我が家に配達してくれたので助かりました、ありがとう。
2016_10_1399_21西伊豆ダイビング
リュウガのお土産は古金崎クリスタルパークで買ったアメジスト原石、
宝石!ってことでメチャクチャ喜んで毎日一緒に寝たりポケットに入れて持ち歩いたりしてます。
次は緑のサファイヤがイイ!とか言ってますが、それは無理だ。クリスタルはどう?と勧めるたーたん。
タイガはチーズ納豆せんべい。。

帰宅後に干物を開けてみると23枚!金目、アジ、サバ、カマスなど。
DSC00663PMB.jpg
左奥は天然ヒジキ、たぶん自前で干したんでしょう。
スタッフが昼に食べてるおかずも釣魚っぽかったし、海の生活は憧れるなー。

翌日の夕飯、サチがイセエビ尽くしにしてくれました。
IMG_5104PMB.jpg
仮死状態だったのに急に暴れ出したそう。

食卓でこんな画はなかなかないね、ありがとう藤井さん!
このイセエビ刺しは身の弾力があり激ウマ!やっぱ活魚なんだなイセエビは。
IMG_5106PMB.jpg
写真を撮らなかったマヨチーズオーブン焼きが一番美味しかったかな。

マクロもなかなか面白い、さっそくカメラの仕様変更です。
下2枚は夏の間に買っておいたマクロレンズ、1枚でよさそう。
IMG_5107西伊豆ダイビング
レンズホルダーを2か所に増設、手に持ってレンズ交換で今回落っことしましたので。
ホルダーは裏からアームとビスで共締めすることで、Dホルダーっていうバーが不要になりました。

併せて、たまに光ケーブルや各リーシュが引っかかるライト側の蝶ネジもビスに変更。
IMG_5108西伊豆ダイビング
少しでも手返し良く。
なんですが、陸上のサブカメラS120を近いうちにG7XMarkⅡに買い替えようかと思っているので、
水中のカメラシステムをどうしようか悩みどころ。やっぱ1インチセンサー機を入手したら水中でも使いたくなるよね。。

夫婦2人で水入らず旅行なんて誰かに言われましたが、ダイビングに温泉に飲酒、水だらけ、、違うか。
サメポイントも結局行ってないし、少し期間が空くとダイビングも遠ざかりがちですが潜るとまたすぐに行きたくなる。
とりあえず、ふるさと納税プランは来年も行きたいですな。

11.19~22 沖縄一人旅~ダイビング編~

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
11月初旬、ドチザメたくさんの海に潜り予定でしたが、風邪っぴきでNG。
ん~、どこかに行きたいな~。なんて思いながら体力回復を待ちながら、ふと思う。
今年もあと少し、やり残したことは?、、、、ある。

行けなかった座間味にリベンジ。
そうだ。沖縄に行こう、慶良間諸島に行こう、座間味で潜ろう。
と思ったのが1週間前、で体調を見ながら3日前にジェットスターを予約して行ってきました。
今回は一人旅ですが、次回に家族を連れていくときの下見も兼ねてます。

~1日目~
最寄駅から成田空港まで34分、こんなに早かったのか。
お昼過ぎにゆっくり出発、時間があったのでタイムラプスで遊んでました。
 

どのアングルが良いのか、あちこちの窓から試し撮りしてたからでしょうが、出発の際にパイロットが手を振ってくれました。
なんか、恥ずかしいのぅ。

ホテル到着、沖縄は9年ぶり6回目かな。
IMG_1555OKI.jpg
少し空いたので、街並みも人並みも変わってる気がしました。

国際通りを少々歩いて、沖縄バーガー、卵の中にゴーヤが入ってました。それとオニオンとゴーヤーのリングフライ。
IMG_1564OKI.jpg
味も値段もふつうかな。年に数回だけのビールをココで飲みましたが、一人旅の解放感か??

~2日目~
さっそくダイビングです。シーサーというDS、大型店のようです。
那覇の泊港から日帰りで慶良間に行けるんですよ、そんなの知らなかったので、これでいいなって即予約しました。
12281863_888908904555620_921638133_oOKI.jpg
こんなデカいダイビングボートは初めてかもです。

20~25ノットで40分。移動中もカメが数回、期待が高まりますね。
12282103_888907084555802_2053648583_oOKI.jpg
とても丁寧で、潜ってアンカー掛けてました。

●1本目/義志布島・自津留
IMG_1580OKI.jpg
もちろん魚は多いんですけど、背景にAEロックして海の青味を出して云々、、、シャッター押したときには居ない、そりゃそうだ。。
居たら、よい写真になったのかも。

●2本目/座間味島・大曽根
IMG_1645OKI.jpg
安全停止中に年賀状背景でもと。

途中に通り過ぎた阿嘉港。シーサーは阿嘉島に宿泊施設もあるそうなので、そのうち泊まってみよう。
12268692_888906867889157_750777172_oOKI.jpg

●3本目/阿嘉島・うなん崎先端
洞窟ポイントです。たーたんは洞窟大好き。
IMG_1686OKI.jpg
差し込む光の筋がユラユラして、とてもきれいなんです。

背景とコントラストのある魚写真も。
IMG_1694OKI.jpg

光のシャワーが幻想的で素晴らしい。
IMG_1680OKI.jpg
通過したら、エネルギーチャージされそうに感じました。

まずは初日、慶良間ブルーを愉しめましたね~。

夕飯はとりあえず牧志公設市場、観光地です。
IMG_1711OKI.jpg
半分以上、中韓。

頂いたのはグルクン唐揚げセットみたいなの。
IMG_1714OKI.jpg
グルクンはあんまり美味しくない。唐揚げなら富浦のイシモチとかカレイとかのほうが美味しいね。
手前の豆腐汁は美味しい。

食後に1階を覗いて失敗に気付く。アカミーバイはハタ系だからコッチなら間違わなかったなと。
IMG_1718OKI.jpg
まいっか。


~3日目~
同じくシーサーで、ドリフトDAYというイベントに参加してきました。
ドリフトってことで島から離れて、外洋向きの根で回遊待ち&流すというスタイルでした。
●1本目/運瀬
ブリーフィング中です。右側のボードを持っているのが、2日間ガイドでお世話になった長澤君、ダイバーらしい好青年のナイスガイです。
IMG_1719OKI.jpg
ココでは泳いでいくネムリブカくらい。

●2本目/下曽根
根を巻く形でグルクンの群れがかなり大きかったですね。
IMG_1733OKI.jpg

それを狙ってか、イソマグロ。でも単体でした。
IMG_1735OKI.jpg
流れがほとんどなかったので、やはり回遊魚は少ないです。うーん、、イマイチですが、
外洋向きだからか透明度が素晴らしく50mほど見えていたようです。「抜けるような」って表現が似合う海。

●3本目/ウチザン礁
この日の、これまでの5本をすべて忘れるくらい印象的なダイビングとなりました。
ガイドの一人がシュノーケリングで入って、大きな丸の合図。
そう、マンタがいたんです。
IMG_1837OKI.jpg

いきなり近づくと逃げてしまうかもしれないので、少しづつ、少しづつ。
IMG_1796OKI.jpg
こちら側に2チーム、反対側にも2チームいて計20人くらいで距離を詰めていきます。
みなダイビング重装備で、さらにカメラを向けている姿が映画で見る立てこもり犯を追い詰めたSWATみたいで、こちらも面白かったです。

マンタも逃げることなくフィーディング(捕食)してます。
IMG_1842OKI.jpg

優雅ですね、マンタ。
IMG_1855OKI.jpg

たーたんは過去3回、沖縄離島にマンタ狙いで行ってますが、見れたのは遠くを泳ぎ去る姿1回のみ。
IMG_1864OKI.jpg
マンタには縁がないんだなと思っていました。
しかしあれから20年以上経って、ぶらりと来た本島ステイでマンタに会えるなんて、、メチャラッキーです。

優雅に15分、もうあっちのグループは真下に入ってますね。
IMG_1875OKI.jpg
しかも、かなりデカかったようで、幅3mほどはあったようです。ガイドの長澤君も過去最大!ってことでした。

3本目で水深23mですから、それほど長居はできません。
後ろ髪引かれますが、当初に予定していた根に向かいました。
IMG_1889OKI.jpg
ココはこれで1本潜れそうなくらい、大きな根に多くの魚が群がっていましたね。
これで2日間6本のダイビングは終了です。


夕飯は、ホテルから国際通りと反対に歩いてみたところで見つけた、高良食堂。
タクシーが2台停まっていたので入ってみましたが当たりです。
IMG_1898OKI.jpg
沖縄にはよくあるタイプの5~600円食堂ですね。

これは、650円のミニ丼そばセットに+100円してソーキソバにしてもらいました。
IMG_1896OKI.jpg
お腹いっぱいすぎです。


~4日目~
ダイビングの後は減圧症予防のため24時間飛行機に乗れないので夜の便にしてあります。
でも一人でやることもないので、ぶらぶら。
まずはホテル前にいたタクシーに乗って、この辺の古い街並みや民家のある場所を流してくださいな、ってリクエストしたら、
すぐ側に良いトコロありますよってバラック小屋のある通りへ。
IMG_1900OKI.jpg
聞くと、60代後半と見える運転手さんの小中学校時代の通学路だそうな。右の建物は沖縄初のストライキのあった工場だと。
私が毎日見てましたからって。。更には運転手さんの育った実家跡地も。。。。
ちょっと意図が違うけど、まあいいや、生体験も聞けたので面白かったしね。

最後に下してもらった場所は壷屋やちむん通り。焼き物の里といった感じで、古民家を利用したお店がちらほら。
裏通りには、こんな細いくねくね道に面して建物が並んでます。
IMG_1907OKI.jpg

あったあった。
IMG_1904OKI.jpg
時代背景はわからないけど、こんな石積み壁に赤瓦屋根が、まさに琉球家屋かな。
そして、離島に行くと石積みが煎餅を重ねたみたいな感じ。すべてたーたんのイメージですが。

次はゆいレールの1日券を買って、隣の栄町駅で下車してみた。
栄町なんて地名は日本中にたくさんあって、おおむね夜は飲み屋街、昼は飲食店がちらほらってイメージ。
昼食が取れるかなと、降りてみたはいいけど、連休の日曜お昼だからか食事処もなし。
IMG_1909OKI.jpg
路上で数人寝ていたのでイメージ通り、昨晩は賑やかだったのでしょう。

次は終点の首里駅。でも首里城は行ったことあるし、また家族旅行で行くだろうしパス。
駅前で自転車を借りて、周辺散策としました。
金城町の石畳。
IMG_1925OKI.jpg

NHKちゅらさんの撮影で古波蔵家の自宅として外観だけが使われた家とのこと。
IMG_1921OKI.jpg
普通の民家で、今も居住者がいるそうで。ドラマは見て無いけど、たしかに趣きあるよね。

玉陵と書いて、「たまうどぅん」と読みます。琉球王国のお墓ですね。
まず読めないはずなんですが、たーたんはなぜか読めたので、もしかしたら来たことがあるのかもしれません。
IMG_1934OKI.jpg
荘厳で好みの建造物かも。
意識してないですが、この日は石造りの建造物ばかり見てましたね。
いつか与那国の海底遺跡でも潜りに行こうかな。

電動自転車ですので1時間もあれば、首里城の周囲を散策完了。
IMG_1936OKI.jpg
このアングルもなんだか記憶にありますな~。右上に首里城が見えます。

自転車を返却して、並びにあった店でかつ丼
IMG_1938OKI.jpg
このかつ丼、、好みかも。ギュッと凝縮した甘塩味。

最後はホテルに預けた荷物を取りに戻ります。
国際通りが歩行者天国になってましたが、晩秋ですから人通りもまばら。
IMG_1942OKI.jpg
何年振りだろうか、一人でソフトクリーム完食するなんて。

PM11時に帰宅。
翌日、連休を1日残して帰宅したのでゆっくりラクチンです。
発送しておいたお土産が届き、子供たち喜ぶ。
IMG_1943OKI.jpg
ちょいと買い過ぎました。


さて、短かったですがリベンジ&下見のダイブツアーもマンタの出現で大満足。いやマンタが出なくても十分に愉しめます。
今回お世話になったシーサーは半分以上が一人参加でしたので、気兼ねなくリピート出来そうです。
リゾートとしてシステム的に完成しており、長澤君のガイドもスタッフの応対も行き届いていますね。
エアー2万、ホテル2万、ダイブ6本3万円チョイですので沖縄も近くなりました。思い立ったら遊べます、潜れます。
次回は家族で行くか、それともリュウガと2人旅で阿嘉島に泊まってみてもイイね。
直行便がある、石垣島や奄美大島なんかも射程距離ですな、LCCバンザイ\(^o^)/。

11.01 伊東ダイバーズデイ &鋸山

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
夫婦でお世話になっているご近所ダイブショップFIZにて、伊東ダイバーズデイに行ってきました。
息子たちもご褒美目当てか、留守番できるって言うんで、サチ嫁と2人で。
IMG_1342DV.jpg
ダイバーいっぱい次々と、300人くらいいるそうです。

1本目たーたん、ちょうど100DIVE目でした。だからって言うわけではないんですけど、初めてドライスーツを着用。
しかし、ドライの扱いにてこずり、宝探しや写真どころでは無かったです。慣れればんなんてことないんでしょうが、
中性浮力をとるために、ドライで調節するのか、BCで調節するのかなんて色々試してました。
自称、理屈っぽいので、実証納得しなきゃイヤなんです。

2本目、ドライに慣れて、写真も。
この伊東のポイントは以前にKFで魚探サーチしていたポイントそのものを潜りました。魚探に写る富んだ起伏、大きな根を見ることができて面白いです。
あの時期をきっかけにルアーでのマダイ釣りにのめり込んだのですが、あれからもう3年か~。

写真のほうは、ダイナミックな地形を副題に撮ろう!と思いダイブしたのですが。。
潜ってすぐ、フラッシュの電源投入してなかったし、レンズの間に気泡があって右側にスポットしちゃったけど、
DPPだけで追い込んでみました。
IMG_1345DV.jpg
ノンフラッシュだと色味にかけますが、澄んだ海色は出ますね。

次はコレ、手前はフラッシュでオーバー。空もオーバーで面積が少ない失敗写真。。
IMG_1353DV.jpg
地形を写すのも難しいな、と思った一枚でした。

空のすっきり感はGOOD。でも主題がないかなって感じ。
IMG_1361DV.jpg
ま、こんなんですわ。。

しかし、後半やっぱりドライスーツの足元にエアーが溜まって浮いてしまう。どうにも不快である。
翌日、ランチタイムTELにて別件で大阪のとある方と話していたらドライ用の重いフィンというものがあるらしく、近く送って頂くことになりそうです。
11月前半で終了予定のDIVINGでしたが、ドライ導入でもうしばらく続きそうです。

片付け後、イベントで食べ放題!!、サザエやアジサバサンマ焼き、そしてイセエビ汁&ラーメン、その他いろいろ。
s12204450_881351398644704_482208671_o.jpg
大盛況ですね。

おかわり自由なんで、お腹いっぱい。
s12209223_881351328644711_1462011276_o.jpg
ビールはサチ嫁用です。

食後には海で拾った黄玉の抽選会、サチ嫁はやまちゃんに貰いました(喜)
が、、チームFIZはつかみ無し。
s12197611_881350981978079_935307463_o.jpg

帰途爆睡。
11月のダイビングはガラッと変わり透明度UP。気持ち良い海でした。
次は、ドチザメに行きたいなぁ。11/10かな。


さて、1日明けて飛び休にて内房です。忍者村に行く予定でしたが、団体が入って不可とのこと。
所用を済ませ、毎度のおさかな倶楽部。
IMG_1426NG.jpg

マイハニーは、ビーチコーミングでお気に入りを見つけたみたい。
IMG_1424NG.jpg

腹いっぱいの一行は、鋸山へ。
IMG_1436NG.jpg

地獄覗きで。
IMG_1444NG.jpg

山頂で。
IMG_1438NG.jpg
秋晴れに恵まれ、東京湾一望が澄み渡り美しかったです。

やっぱり、たーたんはこの10年近く通った、内房が好きだな。
たいした遊びも無いんですけど、落ち着くなー。田舎がある人ってこんな感じ??

10.30 水中カメラ キャノンS120 変遷記

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
陸上での最強サブカメラであるキャノンS120ですが、RAWが取れること、TV・AV・MFで撮れること、レンズがF1.8と明るい、そんな理由で水中でもコレを使ってます。
実際はコンデジで、水中でマニュアルなんて不可能ですのでTVで運用しています。

最初はこんな感じ。WP-DC51というキャノンの純正ウォータープルーフケースにイノン製マウントベース、
それに同じくイノンのS2000はじめるパックSBという組み合わせです。
s11733882_826099114169933_1809678102_o.jpg
ワイヤレスS-TTLとか言って光ケーブルを使わずに、ミラーでS120本体のストロボ発行量を外部ストロボに伝えるシステムが面白そうで買ってみました。
と言ってもこのシステム、全く使い物にならず。購入店でもそう言われましたけどね。でもストロボは使えるので、後で光ケーブルを買えばいいかなと思ってました。
↑これ、イノンの策にハマりましたね、この後すべてイノンで揃えてますんで。でも結果的にはイノンで良かったと思います。

次がこの状態。片側のアームで保持してます。
IMG_0248R.jpg
外部ストロボをカメラの真上に置くとヨロシクない、ということでこのセッティングです。
確か、行けなかった沖縄座間味でワイドを撮ろうとワイコンとフードを急いで購入した記憶あり。

でもこれも、潜ってみると片側に影が落ちて不自然。結局、左右2灯が必要かなと。
こんな構成です。
IMG_0384q
ちなみに向かって左はイノンの光ケーブルを使ってますが、右は自作して少し節約してみました。

MD時代から使われた、光音声ケーブルってどの家にも2~3本転がってませんか?
光ケーブルなんて光量を伝えるだけだから同じでしょと思い検索したら、、、やっぱり。
IMG_0381q
純正イノンに左上の接続パーツが付いていました。左下のゴムパーツは魚探のバッテリー防水ケースをつくった時のもの。
全く問題なく使用できます。

コレは棒に巻いてテープ留めして熱湯注いで3分、カールを出しているところですね。
IMG_0382q
ちなみに巻いている棒は、いわゆる支持棒ってやつなんですけどこれも自作です。
自宅の洗面化粧台の交換で出たステン棒で、って言っても簡単ですけど。

これで、ほぼ満足なんですけど、夏を過ぎて9月の関東では海が濁ってます。
だから広く遠くまで撮るワイドはノーチャンスでしたのでマクロレンズを買ってみました。
IMG_0823.jpg
それとともに、レンズホルダーも。

このころ、サチ嫁もカメラが欲しいとのことで。
IMG_0383q
オリンパスはイイね。パッケージングで完成されてるし、仮にハウジングが水没してもカメラ自体の防水があるし。
しかも写真を見せてもらうとオートできれいに映るんですよ。でもね、しょせんはオートと言っておこう。
うまく撮れなかったとしても、駄作の山の中に納得の一枚が撮れればよし、それが歩留り無視のアマカメラ道。

ちなみに、ダイビング中なのか、2000mの山の上で起こったのか、どちらか分かりませんがS120が結露で1台死亡しました。
と、簡単オリンパスを横目にたーたんのキャノンS120は引くに引けない状況に。もう一台S120を購入して(泣)、、
なんとなく左右のストロボ高さが違うことが気になり。。
IMG_1313DV.jpg
1日潜っては都度注文、3カ月でBIGに育ちましたよS120タカアシガニ仕様、これで完成形だと思います!!
というか、こんなでっかいモノを持ってダイビングするのもどうかと思うので、ココから間引いていくのかも。
もしくは気合い入れて水中デジイチ!?に進んだら3桁になりそうなんでアウト、たーたんの性格からして危険です。
何かと物入りな時期ですので、完全却下ですわ。

陸と違って、水中写真はダイビングに行かないと撮れないので、とってもチャンスが少ないです。
今のところ、へたくそ写真で納得の一枚なんて無いですが、機材が揃ったのでココからは実践あるのみ。
この手の遊びは、持論として道具を揃えないとスキルアップは限定的と思ってます。
でもね、、重たいな~



数点以上のネット購入ならがココ安いように思います。5000円?以上で送料無料です。


あるいはココ。送料必要ですが色々と買う時には安いかも。たーたんはこの2店しかネットはチェックしていません。




INON(イノン) 28LDマウントベース【02P29Oct15】

INON(イノン) 28LDマウントベース【02P29Oct15】
価格:8,553円(税込、送料別)



INON(イノン) Zジョイント【02P29Oct15】

INON(イノン) Zジョイント【02P29Oct15】
価格:1,458円(税込、送料別)





INON(イノン) グリップベースD4

INON(イノン) グリップベースD4
価格:7,616円(税込、送料別)





INON(イノン) ZアダプターMV【02P29Oct15】

INON(イノン) ZアダプターMV【02P29Oct15】
価格:1,846円(税込、送料別)


コレ結構、秀逸です。ほどほどのテンションで光軸合わせ出来ますよ。
上記写真の通りですが、4個使用してます。

10.10~11 1泊2日でF&D海遊び。

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
初日、天気予報もそれなりに微妙だったので、サチとリュウガと3人でシースタイル。
この日はAM3時間のみで、YF-23Fに乗ってきました。
さすが23FT、ボートの快適さは大きさの絶対値に正比例します。
FE21010412.jpg
しかもカディがあるだけで、こんなにも快適なんですね。秋~春は必需品かもです。

いつものエリアで、タイラバ。
s12113001_521318841366915_237673453_o.jpg
ファミリーフィッシングは難しい!!
ヤスさんとTさんと合流。ラインをぶっちぎるモンスターが居るそうですが、たーたんは数秒ヒットの1バレのみ。

このチーバスくんは、ヤスさんが投げてくれました。
s12164549_521277751371024_257983474_o.jpg

帰りにすこーしだけ。
s12164886_521300984702034_2082943769_o.jpg

昼食は、冨浦のおさかな倶楽部。
FE21010413.jpg
美味しくって安くて、満点なんだけど、混むのがね。子連れはファミレスがイイかも。

午後は野暮用をいくつか済ませ、、夕飯は何が食べたいってリュウガに聞いたら「カップラーメン」とな。
ヒリゾ浜で覚えちゃったのかな。
FE21010415.jpg
カップ麺ってのはね、美味しく感じるように出来ているんだよって諭しても聞かず。
明朝にカップ麺を食べるからって住吉飯店のラーメンは、全く口にせずでした。

これ、美味しいんですよ。
FE21010414.jpg

宿は冨浦の情熱ペンション、3人で7000円の激安ですが、豪華だよ!ってタイガに電話してた次男リュウガ、かわいい。
FE21010416.jpg
最近キャンプ泊ばかりだからか、スマンのう。

朝食はお待たせしましたのカップ麺。
s12116568_872116439568200_1235455305_o.jpg

翌日は先日もお世話になりましたシークロップに行ってきました。
様子もわかって、ダイビング中は子守をお願いできることを確認しといたので、リュウガが一緒でも夫婦で潜れるんです。

しかも、この日は常連さんのお子様もいらしていて、退屈しなかったと思います。
s12162481_872116272901550_1684903251_o.jpg

このウツボ、ヒリゾでも見たけどカッコイイ。
FE21010418.jpg

たーたんは陸上でもワイド系が好きなんで、やっぱり海の中もワイドがイイんです。
FE21010417.jpg

でも、光量や水質の関係から、関東の海ではマクロが無難かな。
FE21010420.jpg
それでも、背景海の構図が好きです。

お昼はSAYAさんがつくってくれたタコライス、たいへんおいしゅうございました。
sDSC_0728.jpg

まだ、実写してないですが、背景はISOとSSで暗くしたりできそうですが、コンデジでは限界があるか。
FE21010419.jpg

水中写真はまだまだ入り口なんで少しずつ愉しめそうです。
FE21010421.jpg

これはSAYAさんが撮ってくれた貴重な夫婦ショット。
s12165084_521311768034289_1916339511_o.jpg

安全停止中です。
s12164863_521292384702894_1245340515_o.jpg

連休3日目はリュウガのサッカーが試合でした。
FE21010422.jpg
リュウガも前回までと違って群れから抜け出して積極的でした。。何かを掴んだみたいで2点GET!

その後は、チームそうめん召集。
FE21010423.jpg
酔っぱらいました、最近は酒が弱くなったみたい。

なかなか充実した連休、夏と秋は遊ぶにはイイね。あと少しだけですが晩秋を愉しみましょう。
次回のダイビングは、FIZで伊東ダイバーズデイです。

09.12 ひとり海合宿 2日目

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
2日目はAM4時に目が覚めてしましました。
いつものホームゲレンデ、いつもの日の出前。でも出艇しない。

散歩したり、車でごろ寝してたり。

AM8:30、予約していたシークロップダイビングサービスへ。
こじんまり、アットホーム、そんな言葉が似合う居心地の良いショップですね。
DSC00369PMB.jpg
いつも海面から魚探の反射波を通して見ていた海中を、肉眼で見てみます。

今年はたーたんのダイビング復活年となりましたが、それはサチ嫁が10年越しにやっとライセンスを取り、
信頼できる近所のダイビングショップを見つけたからに他ならないのですが、、、
土曜日に釣りをして帰宅、日曜に早朝から移動してって2往復はきつい。現地型サービスも含め、臨機応変に遊べると幅が出ますね。

たーたんはさやさんというガイドさんとマンツーマン。
DSC00370PMB.jpg

この日は大盛況。団体が2つ来ていて、個人参加はたーたん一人でした。
いつもは、こんなことないらしいですが、海で遊ぶ人たちはフレンドリーな方が多いので、愉しいです。
IMG_0390q

まず、漁礁。
IMG_0391q
これこれ、イメージと違いました。

1本目は新漁礁~カロウ根、8m位見えてました。
オトヒメエビ。
オトヒメエビ

ミツボシクロスズメダイ。
ミツボシクロスズメダイ

これ、なんだろう。
IMG_0412.jpg

エグジット間際に、イワシと下の方にワカシ。
あんまり、突っ込んでる感じはなかったですけど、カメラで動き追うので精いっぱい。
IMG_0440.jpg

お昼。朝にお願いしておくと近所の蕎麦屋さんで出前してくれるスタイルです。
たーたんは様子がわからなかったので、一応、イオンでカツサンド持参。
DSC00371PMB.jpg
団体のおばさま方が、これでもかーってくらいにお菓子をくださるので、メチャ腹いっぱいになりました~。

お昼のショップ社長の話も面白かったです。
この貝コレクションの中に、1個50万円もの値が付いたものがあるそうです。
DSC00372PMB.jpg


2本目、真っ暗でした。ナイトダイビングのよう。
IMG_0471q
イセエビはあちこちにいっぱい。

テヌウニシキウミウシ。
テヌウニシキウミウシ
水中カメラを左右2灯にしただけで、写真が上手になったような気がしますね。

オルトマンワラエビ。
オルトマンワラエビ

アオリイカEGG。
アオリイカEGG
途中から、ガイドのさやさんがライトを渡してくれたので、愉しめましたよ。

港に戻り、車のピックアップを待つ間に漁師がチャリコを晩御飯用にさばいていましたが、たーたんが色々と話しかけると、1匹くれました。
なんと、昨日の四目に加えて、五目達成となりました。
DSC00374PMB.jpg
ショップと地元の関係が良いのでしょうね。

帰り際、ガイドをして頂いた、さやさんと。海の元気娘!って感じの方でした。
DSC00376PMB.jpg


火曜日の夕飯。
IMG_0502.jpg


今年は、シースタイルのボートもシュノーケリングもダイビングも、
遊びメニューが広がって楽しい限り!(^^)!

09.08 西川名ダイビング

カテゴリ : ダイビング・シュノーケリング
さて、昨日40歳になり人生折り返しのたーたんです。
誕生日は、悪天候で自宅待機でしたが、翌日にサチ嫁とダイビングに行ってきました。

1本目、流れが速くて、濁っていて、暗くて、、、かなりタフコンディションでした。
IMG_0269R.jpg
ライトの構成を変えて左側に着けたのですが、あの濁りの中では、マリンスノー減少しているんでしょう。

だけど、影が右に出るよね、当たり前か。。
IMG_0266R.jpg


2時間の休息を経て潮待ち。
s11999296_855924367854074_953124474_o.jpg
別荘にいるかのような居心地の良いショップでした。

2本目はあのコンディションなら、、、ってことでカメラは留守番。
潜行時は半端ない流れでしたが、ボトムに行くとそれほどでもない。
しかも透明度も上がって、明るくなって。
カメラもってけばよかった。。そんなもんだね。

地形豊かなポイントで愉しめました。
マダイ、ヒゲダイ、モロコなどなど。デカい魚が逃げません。

波佐間でバショウカジキが上がったとのことで、おすそ分け。
s11991169_855926751187169_958813109_o.jpg
淡白で、なんというか、海外で食べるツナ寿司って感じ。

帰りは、みさき庵というところ。写真で気付きましたがソバ屋なんですね。
ヘギがたくさん置いてあったので、ソバが得意な定食屋さんかと思いましたが、逆ですね。
s11996396_855924334520744_1954874031_o.jpg

4人いて、誰もソバ頼まず。
s11996528_855924221187422_1227406282_o.jpg


サチ嫁に付き合う形で、ダイビングを再開した、たーたんですが、
なんだか、愉しくなってきちゃいました。
次は、どこに行こうか、なんて自然に考えてます。


Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ