Entries

03.03 長崎出張2日目の散策

カテゴリ : 出張記
2日目は早起きしてまずは出島へ。

長崎といえば出島、出島といえば長崎。
イメージではこんなでしたが実際は違います。
DPP_0973.jpg

埋め立て後にビルが建設され、取り壊され復元中の様子。
DPP_0970.jpg

位置は正確らしいですが復元された建物はセットな感じ。
DPP_0972.jpg


展示物をゆっくり見ていたら船の時間がせまり半分くらいで見学は終了。
スペイン・ポルトガルに並んでオランダは大航海時代以降の列強かと思っていましたがどうやら間違っていたみたいです。
東インド会社のイメージが強烈過ぎたようです。


乗船したのはブラックダイアモンド。
DPP_0979.jpg
2年ほど前に解禁になってからずっと来たかった軍艦島(正式名称は端島)に向かいます。

申し込んだツアーは高島観光の高島・軍艦島上陸コース

このコースは世界遺産にする会理事長の坂本氏がガイドをしています。
現在氏及び団体の活動の功にて軍艦島は世界遺産暫定リストに登録されたそうです。

ツアーはまず隣の高島にて1/100の模型や資料館で学び、そのうえで上陸するコース。
高島・軍艦島に向かう道中も三菱造船のドッグや炭鉱となっていた島々を説明して頂く。
ある島は地下海中炭鉱のため陥没してしまっっているそう。

周囲6キロ以上ある高島でさえこのように炭鉱跡が張り巡らされ陥没の危険性が指摘されているとの事で、
海中に伸びた炭鉱は水を入れて蓋をしてあるだけのようです。
DPP_0981.jpg

DPP_0982.jpg

軍艦島1/100模型では坂本氏の育った部屋や思い出も含めて興味深いお話がたくさんありました。
DPP_0980.jpg

上陸は停泊所が南側になるため冬の北風の時は確率が高いが、夏には60%程度とのこと。
うねりが大きく不可能かもと思いましたが、幸いにして上陸することができました。

第1、第2、第3と見学所があり、各所にて坂本氏説明に聞き入り移動中もぴったりくっついてお話を伺いました。
坂本氏は軍艦島に育ち、高校は隣の高島に船で通う生活だったとのことです。
坂本氏を含めこの島で育った方にとってココは故郷です。
こここでは書けないし、書ききれないくらいのお話を伺いました。
写真にて見てみてください。


DPP_0984.jpg
周囲450m×150mの島(大型タンカーを横に並べたくらいだそう)には台風時には波が島を通り越すことも多かったそうです。右側の建物は日本初の鉄筋コンクリート建物だそうです。
ココに当時5000人の人が暮らし、人口密度は世界一、東京の9倍だったとの事で驚きです。

DPP_0985.jpg

DPP_0986.jpg

DPP_0987.jpg

DPP_0988.jpg
手前は台風にて破壊された壁。
オレンジの煉瓦造りの建物の壁は台風により流されて、大きな塊が大分離れた場所に散らばっていました。

DPP_0989.jpg
写真ではわかりにくいですが中央に見える階段から右側に炭鉱に向かうエレベーターがあったそうです。
左側は浴場。仕事から帰った男たちは真っ黒の服のまま入浴したそうです。
この階段が生死を掛ける段、事故のサイレンが鳴るたびに子供同士で互いに父の安否を確認しあったそうです。
DPP_0990.jpg
石炭を運ぶベルトコンベアの橋脚が連なっています。
奥に見える建物は7階建ての小中学校。
坂本氏から3年前の写真を見せて頂きましたが、この3年で明らかに荒廃しています。


DPP_0992.jpg

DPP_0993.jpg
シルエットが軍艦土佐に似ていたことから魚雷による攻撃を受けたというエピソードもうなずけます。

DPP_0991.jpg
この軍艦島こと端島はもともとは水成岩からなる小さな島でしたので、植物が自生しておりません。
そこに幾度の埋め立てにて人が住める環境を作り出したので緑がない。
なので建物屋上に植物を植えたり壁が緑に塗られたりしていたそうで、写真中央左側が塗られているのがわかりますか?


しかし、皮肉なことから37年放置された現在には廃墟と化した建造物と自生した多くの緑が混在しています。
石炭という化石燃料を採掘するために造られた島。
石炭から石油へのエネルギー革命により放置され、廃墟となった島。
坂本氏は言いました、ここに来て感じて欲しい。

エネルギー自給率の低い日本。
化石燃料の枯渇。
これが日本の将来なのか。
これが世界の将来なのか。


まぎれもなく廃墟だと思います。
でも、たったの37年。
人類なれの果ての縮図なのか。






下船後は遅めの昼食に。
長崎にはご当地B級グルメとしてトルコライスというのがあります。
神戸にも同じ名前のものがあった気がしますがドライカレー・とんかつ・ナポリタン・キャベツの4点構成。
まさに大人版お子様ランチですね。
頂いたのは出島ワーフ内にある西洋亭。
テラスもありますが窓際の席から一人で長崎港を眺め、軍艦島のことを考えながら頂きました。
DPP_0997.jpg
これ、東京のオフィス街でランチメニューに出したら受けると思うけどなぁ~
どれも誰もが好きなものばかりで美味しいんですがボリュームありすぎて少々残してしまいました。。
とんかつがおかず、ドライカレーとナポリタンが主食、キャベツは箸休め。
主食が2品あり食べるペース配分が間違っていたようです。
最後はナポリタンを主食にドライカレーを食べるという変な組み合わせに。

荷物を自宅に送るためにホテルに戻ると目の前に
「カステラ一番電話は2番~♪」のあの店の本店が。
DPP_0994.jpg
知ってる店には親近感がわきますね。

次に向かうは長崎原爆資料館&爆心地周辺散策。
この2年で出張にて広島・松山・富山・大分と行っていますが大分以外は路面電車の町ですね。
DPP_0995.jpg
もちろん、現地の方には日常の足なので通勤通学の方が多く見受けられますが
たーたん的には物珍しくキョロキョロしているのでギャップが楽しい感じ。


原爆資料館は、広島に続き世界で唯一核攻撃を、しかも2回もうけた日本国民として
自分の中にきちんと現実を刻みたいと思いましたが正直辛いです。
爆心地にて黙祷をささげ空港へ向かいます。
DPP_0996.jpg

長崎空港ではちゃんぽん屋がおいしいらしく並んでいます。
最後に意地汚く皿うどんを頂きました。
DPP_0998.jpg
しかしココで問題発生。

ぱりぱり麺が苦手&中華丼などの餡かけが苦手なたーたん。
皿うどんはNGでした。
子供時代に某RGハットにて食べ敬遠したのはこの皿うどんだったようです。


飛行機に乗り自宅に着いたのはPM11時。一日よく遊んだなぁ~
サチに土産話をしながらいつの間にかzzz。


03.02 長崎出張の夜

カテゴリ : 出張記
AM5時出発で長崎へ。
眠いzzz

現地にはAM11:30に着。
仕事を終えて長崎市内のホテルへ移動。
1時間くらいゆっくり残務してから外をぶらぶらと。
ホテルにてレンタル自転車を借りたので楽チンです。

飲み屋街をぶらぶら。
DPP_0961.jpg

でも長崎といえばまずはちゃんぽんかなってことで中華街をぶらぶら。
DPP_0962.jpg

ココは神戸・長崎・横浜と日本3大中華街といわれているらしいですがその中でも最古との事。
長崎全般に言えるのですが、日本初の~ってのが多いです。
それもそのはず、鎖国時代に窓口となっていた長崎。
アジア文化も西欧文化も大抵は西からやってきますから
日本(江戸幕府)開港後にもまず長崎、多くは長崎にってモノは多かったんでしょうね。

でも、横浜なんかに比べると小さな中華街です。
道路が「田」の字型になっていますが、平日だからなのか営業しているのは「田」の右下部分1/4だけ。

なんとなく選んだのがこの店
DPP_0963.jpg
最古の中華街もさびれちゃってるんだなぁ~なんて思いながら入ると店内はほぼ満席。
3~4人でテーブルいっぱいにいろいろ食べてるグループが多いです。
私のように一人客でちゃんぽんや皿うどんを食べる人も数人。
さらには女性一人客もいます。

ちゃんぽんは3種あり840円~1575円。非常に悩む。
特上は牡蠣からスープを作るらしい。これにしよう!!



待つこと3~4分すぐに来ました。
DPP_0966.jpg
麺はやや太くてうどんみたいだ。
具材も20種類入ってるらしくてエビやイカはもちろん、頂上にはフカヒレ、
ミートボールみたいなのとかホタテとかさらには砂肝らしき肉?なんだか分からないものまでいっぱいです。
一番旨いのはスープ。さすがは牡蠣ダシ。30過ぎて覚えた野菜の甘みもいっぱいです。^^
麺で具材を食べるというより、スープで麺と具材を食べる感じ。
結構大盛りでしたがこの日は朝の飛行機でおにぎり1個とサンドイッチのみで過ごしてしまったので
完食できました。^^
DPP_0965.jpg

実はたーたん、近所に出来たばかりの某RGハットに小学生時分に父に連れられてから敬遠してました。
あれから25年。長崎に来なければ一生食べなかったであろうちゃんぽんが旨いということを発見してしまいました。

ちゃんぽんをラーメンというかうどんというかわからないですが
こんな1575円なんて高い麺は食べたことないのでそのせいかもしれませんが。
たぶん、長崎の人に言わせるとちゃんぽんはちゃんぽんなんだろうな~

食後は魚でも食べながら焼酎でも飲むかな~なんて思ってたんですが
ちゃんぽんがあまりに海鮮だったため刺身もなんだかな~って感じになり家族へのお土産を買い求める。
DPP_0969.jpg
家族用においしかったちゃんぽんと未開拓の皿うどん。
タイガはリクエスト通りウルトラマンの宇宙斬鉄怪獣ディノゾール。
今でも毎月新怪獣がソフビでリリースされてるんですよ~
リュウガはタイガがそうだったように電車大好きなので来週開通する九州新幹線さくら型の鈴。
親が一瞬の隙で数メートルワープする2歳児に鈴は良いかなと。


その後は自転車&徒歩で街中ぶらぶらし和洋折衷の建物や水面に写るライトアップされた景観などを撮影しながらホテルへ。
長崎の町は客引きがいるような店がないのか繁華街もうっとおしくなく快適ですね。
DPP_0967.jpg


まだ9時過ぎなので暇だな~なんて思っていると
ホテルの隣にサウナがありましたので初トライ。
スーパー銭湯的なサウナは好きでよく入るのですが、サウナ屋さんってのは初めてです。

しかしココが大当たり。
サウナの入り方っていうプレート通りにやってみたら疲労は除かれ適度に疲れて眠くなりました。
サウナには12分×3回入りましたが、退屈はしませんでした。
というのも釣り人2人が翌日の釣りを談義していたから。
じっくり聞きましたがテレビの音が大きいのと方言ですべては分からず。
サウナで頭がのぼせてたのかもしれません。。

どうやら60~70mラインでアミカゴを使って釣るらしいです。
棚が広いのでハリスは2ヒロ、ポイントに入れれば10枚は行けるだろう、でもポイント間違えればゼロだよ、
俺に任せとけみたいなこと言ってました。
「あこ」って言ってましたが何の魚かはわからず。
あご=トビウオですが違いすぎますよね。

話はサウナ屋さんに戻りますが、入口以外はタオル腰巻やガウンでマッサージ室、ちょい飲み屋、
薄暗い中で全chが見れるリラクセーションルーム、漫画コーナーすべて入れます。
スーパー銭湯ですと一度自分の服に着替えると面倒で再入浴ってしないですがこのシステムは快適でした。
ホテルに荷物も携帯も置いてきて3000円だけぽっけに詰め込んで来たのも正解でした。
携帯が鳴らないというだけで一種の安心感があります。
おかげで2時間みっちりで1260円+ビール500円で満喫。


初サウナ屋さん気に入りました。
房総でも探してみようかな。
いや、近所でも欲しい。


そんなでホテルに帰ると瞬殺でした~




いよいよ翌日はたーたんが行き焦がれていたあの島に上陸です。
~つづく~

9.18 富山出張 ~漂流パック~ 

カテゴリ : 出張記
連休初日ということ電車バス予約取れません。
ということで目論見どおり車で、屋根にX13積んで朝5時に出発。

途中SAで仮眠して所々休憩しながら現地到着は夕方4時。。
運転は正味6時間くらい、かなり疲れました。
旅のお供は干し梅。
sP9180003.jpg
眠気防止と塩分補給で海上でも常備してますが、胃腸が調子良くなる気がします。

んで、仕事してホテルに9時着。
ホテルがやはり連休で取れなかったのでLAN無し。
何食っていいかもわからず、大学時代の富山出身先輩にTEL。
B級グルメ情報を引き出す。

一通り聞いてみたがそこは地方の夜。
閉まるのが早いのであり、全滅。
まだ寝るには少し早いので北陸に滞在しているらしいこの派手なオネーチャンにTEL。
ビリヤードがやりたくなりました。
石川の某プロのお店に居たようなので富山駅近くのビリヤード場を紹介してもらいます。
行ってみると綺麗なお店でまだ3ヶ月前にオープンしたばかりとのこと。
某プロが先に電話しておいてくれたようですぐに常連さんと合撞きに。
結果は6先2回やって2勝、ラッキーでした。^^
店長さんと話してみるとたーたんの地元に共通の知人・友人がいました~、面白いですね。
地方主張の夜ってやること無いのでたーたんは割と各地でビリヤードしてます。

で、ビリヤード場で現地情報をGET、富山のお奨めは白エビの唐揚げとのこと。

早速ホテル近くの居酒屋でまずはビール。
プリン君のおかげで普段はビールを全く飲まなくなった、たーたんですが疲れと開放感で1杯だけ。
DPP_0001.jpg
久々ってのもあるけどうまい~

で、おススメの白エビ。
DPP_0002.jpg
これも揚物の割にはさっぱりしてうまい~
AMの時間帯ですが夕飯まだなのでお寿司を。
DPP_0003.jpg


何でも美味しく頂けますね、これが家族とか友人とかと一緒に食べられたらもっと美味しいんでしょうがソコは一人出張の夜。
でも調子が出てきて頼んじゃいます。

カワハギお造り
DPP_0004.jpg

鶏せせりポン酢
DPP_0005.jpg

しめはオニギリと泡盛。
DPP_0006.jpg


食べ過ぎた~、もうお腹いっぱいです~


今回、X13を積んでくるにあたり、全く知らない海にてソロなので
以前から積もうと思っていた「漂流パック」をハッチ奥に結んだ予備パドルとともに装備してきました。
sP9170002.jpg

カロリーメイトに災害用の保存水、それにやや起毛のレインスーツを布団圧縮パックしたもの、これらをドライバッグにしまってます。この装備は今後積みっぱですが、必要があれば拡充していきます。しかし、パドルとこのセットで3kg程度、装備の充実も大切ですがカヤックの自重増加も気になるところです。
ちなみにハッチ内のバッカンは田吾作さんの記事を呼んで、水汲みバケツに使うこともあるかなぁ~ってことで丸型に交換しました。
sP9170001.jpg
ここにはストリンガーと日焼け止め、それにいざという時に備えてハッチにロッドを収納するためのロッドベルトなんかが入ってます。あと空いたスペースにはパラアンカーが常時、時々2軍ルアーケースなんか入れてます。
透明の板は100均まな板ですが使ったことありません。ハッチの上で気にせず刃物使ってます。

安全装備に関してですがPDFにもいくつか装備してます。
sP9190039.jpg
簡易コンパス・温度計付のホイッスル、ロープカット用のナイフそれにBOILのマルチツール。
防水携帯をリーシュするのは当然のワイヤー入り。
A型なので過剰装備と思われるかもしれませんが、思いついたらあとで後悔しないためにも装備するようにしてます。
もちろんこれら漂流パックは使わないことが大前提ですが、備えあれば。。


話は変わって、片道の高速代は練馬から1600円、私的には嬉しいけど特殊ですよね。実現して欲しくありませんが高速完全無料なんていったら異常な世界で市場原理に歪が生じ他の交通機関の運営が阻害され一部は崩壊し、また無料化終了後の反動が怖い気がします。一度廃線した地方交通は簡単には復元しませんから高齢化した陸の孤島は更に増えるでしょうね。この陸の孤島のうち多くが農家個別保障をもう一つの目玉政策として票田となっていたのなら皮肉な話です。国民政策の観点からは一部の人だけが得をする高速道路無料化よりより多くの人が受益するガソリン税の低減程度に留めていたほうが良いと思うのですが・・。

そんなことをノートPCで書き留めながら一日目の夜は過ぎていきます。
いよいよ明日は日本海、初KF!!

~つづく~

大分出張2

カテゴリ : 出張記
二日目は朝に何本か電話を掛けてさっさと仕事終了。

ヘレン・ケラーもきたという別府地獄めぐりへ。
また写真ばかりです。
8つの地獄のうち6つを回りました。何が何地獄だかは記憶してません。
距離にして200m程度なのですが源泉が違い、湧き出る泉質もまったく違うそうです。
どろどろ系は地中の粘土が溶け出してるそうですが水分は50年ほど前の雨水とのこと。
DPP_0045.jpg

DPP_0047.jpg

DPP_0048.jpg

DPP_0050.jpg

DPP_0058.jpg

DPP_0051.jpg

DPP_0057.jpg
ワニ園的なものがあるのですがワニの飼育には年中水温を30度前後に保つらしく温泉を薄めて使用していて、
他にはピラニア等の熱帯・亜熱帯の淡水魚も展示されてました。これは温泉熱を利用しているようです。
垂れ流しの源泉を何とか利用できないか思案の模様が浮かびますね。このワニたちは年中温泉に浸かってるということです。。

売店で70円、足湯で頂きます。家族も一緒だと楽しいんですけどね、寂しいです。。
DPP_0056.jpg


タクシーでスギノイパレスへ。
運転手さんと話していると別府も不況のあおりで観光客がかなり減って厳しい状況だとのことでした。
またたーたんが、この辺りの各家庭では温泉を引いてるのか尋ねると
戸建はほとんどの家で引いている。無い家は恥ずかしい思いをするね、とのこと。
引いたときにはお母さん連中は大喜びするのに数年もすると慣れてきて泉質が合わないとか違うとか、
あっちの地域は良泉質だとか文句を言う人が多いらしい。
源泉が2800もある別府市民にとって温泉がとても身近で誇らしいことがよく分かる会話であったが
その文句を言う女性はこの運転手さんの奥さんだろうなと思った。
それにしても温泉には効能というものがあるが毎日家庭で入湯できたら効果も現れるかもしれないですね、
これも聞いてみればよかったかな。
スギノイパレスでは昨日の竹瓦温泉とまったく違う造られた景観美を愉しみます。
山の中腹に立てられた棚湯からは別府市内~別府湾や肉眼では遠く佐田岬まで一望できます。
直線的かつ立体的な棚湯と別府湾のコントラストが絶景、サウナも前面ガラス張りで絶景。
b.jpg


風呂上りには映画館でうたた寝zzz。

まだ時間も余ってますがさあ帰ろう!
博多でタイガにお土産のベイブレードを探すため高速バスで移動。
DPP_0060.jpg
仕事してる風ですがブログ記事書いてます。

ベイブレードは見つかりませんでしたがポケモンの小銭入れを買ってあげました。
リュウガには携帯電話モック105円。。

自宅に着いたのはちょうどAM12:00。携帯のアプリによると2日間で33713歩、20.4kmでした。
帰りの電車でクシャミをすると鼻血が。。
たーたんの前から2~3人居なくなりました、第2波を恐れたんでしょう。ハズカシイ。。

これで後2つ仕事を片付ければGWは楽しく遊べそうです。

大分出張

カテゴリ : 出張記
出張で大分県に来ております。
写真ばっかりですが。。

はじめてのスカイマーク。安くて良いですね。
意識してカラー統一されたかのような特急ソニック、快適です。
DPP_0023.jpg

DPP_0024.jpg

1号車一番前に乗り込み運転席を見ようとしたのだけど空いてなかった。
何だか喫煙BOXみたいですね。
DPP_0025.jpg

仕事は中津市というところ。
駅内には福沢諭吉先生、生家?と、大阪生まれだったような気がしますが。。観光名所になっているようです。
DPP_0027.jpg

仕事後を終え夕方の別府温泉へ。
といってもビジネスホテル。訳あって過去最安の1泊朝食付きで3500円!!
まったく問題なし。ネット繋がったらOK、寝るだけだからね。
DPP_0028.jpg

別府温泉。。1人でやること無し。町を散策するが月曜日ということを差し引いても・・・。
ここは昭和の温泉街。2時間ほど散策中に写真屋(本業は電気店のようですが)に活気がある頃の温泉街の写真が飾ってあるがみな白黒です。「新婚旅行で別府温泉へ」みたいな。
DPP_0032.jpg

ショッピングセンターでは1年近く探していた販売中止の置時計を見つける。しかし長期展示品のため電源アダプタも保証書も動作確認も取れないという。交渉して1000円でGET!ちょっと上機嫌♪♪
スーパーでは特大の明太子が5本で1000円!明日買って返ろう。時計と同じ値段だなぁ。
フルーツが南国なんですかね?リンゴとスイカが並んでいてその隣はパイナップル、下にパパイヤ。
DPP_0029.jpg

DPP_0030.jpg

食事所を探して歩き回ってると良い感じのお店発見。
ガイド等見れば80%の確立でまあまあ美味しいお店に当たるのだか、味的にかなり美味しいお店には行くことが出来ない。
勘を頼りに観光客が入らないお店をさがすと確立は10%以下だが、当たればかなりおいしいお店に出会える。
期待値は前者のほうが上回るがたーたんはたいがい後者を選んで失敗です。
でも、今回は当たりました!
かなりおいしい海鮮丼。最近はめったに飲まないビールまで。大分名物というとり天も。
海鮮丼ってボリュームで勝負する店が多いと思いますがここは味で勝負のようです。
出されたときに「なるべく醤油を付けずに食べてみて」って言われました。
DPP_0033.jpg

DPP_0034.jpg
カウンターのほかにもテーブルが3席あるのですが地元のおっさんでいっぱい。
それに頻繁に出前を運んでます。たーたんが食べてる間にも5組くらいは入ってはあきらめ帰っていきました。
観光客らしきは1組のみ。
DPP_0035.jpg

ビールを1杯で我慢して食後は竹瓦温泉へ。
昨年の道後温泉に続きレトロな建物、最近の日本庭園風温泉はスーパー銭湯も真似っこしてるしどこ行っても代わり映えしないので食傷気味。木造建築の公衆浴場なんてたーたん的にはGOODです。
DPP_0039.jpg

DPP_0041.jpg

DPP_0040.jpg

帰りに見つけた巨大天狗。立派な鼻だな~。
DPP_0042.jpg

ホテルに戻り、お疲れ様でした~。
DPP_0044.jpg

9/8 松山~鯛めし・鯛ラーメン

カテゴリ : 出張記
注)出張で行った松山の旅行記、しかも長文です。


9/8~9、1泊で松山出張。
松山といえばジギング!!

いやいや、仕事なので街中で真鯛を食べ歩きます。
フライトは1時間で到着。持って行ったドラクエ9はほとんど進まず。。
とりあえず到着して松山駅。

昼時に少し歩くと鯛めし食べられるところ発見。
周囲には役所が多いのでスーツ姿の人でいっぱい。
鯛めしなんか食ってる人いません。
みんな肉食ってるなぁ。

たーたんは鯛釜飯。鯛の風味おこげがうまい!
縮小P1090356

縮小P1090359

仕事を片付け夜は一人で寂しいが道後温泉。
縮小P1090439
この建物は宮崎駿「千と千尋の神隠し」の油屋(湯婆婆がいる千尋が働くところね)のモデルになったそうで確かに似ている。お風呂は普通かな。浴槽の真ん中に巨大茶碗蒸しみたいなのが置いてあり随所で千と千尋のワンシーンを思い出す。でも歴史のある温泉らしく皆入浴マナーが良いです。

その後は鯛ラーメンを食すべくあらかじめ調べておいた割烹料理へ。
宇和海
縮小uwa_800

カウンターに一人で座り、まずは鯛ラーメンを持ってきてくれ!
んで、食べ終わった頃合をみて刺身3点盛と生ビールね。と変な注文を。。
鯛ラーメン、これもうまい!!
鯛の出汁と磯の香りのラーメン。
縮小P1090450

3点盛なんだけど4点サービスしてくれた。
カンパチ・真鯛・サワラ・ブリと生ビール。
某数値上昇のため控えていた生ビールをゴクリ!プハァ!!!
やっぱビールだね。それからの写真。
縮小P1090453

しばらくTVを見ながら(ドラクエやりたかったが恥ずかしくて)ゆっくりしてると
板さんが「仕事ですか?観光ですか?」と。鯛ラーメンのことを尋ねると、鯛と複数の貝を出しに使ってるとのこと、磯の香りに納得する。
色々話をしてると真鯛の養殖の話に。
詳しいですねといわれる。(前回真鯛を釣ったときググッタだけなんだけど。。)
カヤックで真鯛を釣った話を振ると板さんの目が輝く。この目は釣り人だなと一瞬で気付きます。
釣りが好きで本州でブラックバスからシーバス、愛媛に来てからジギングにはまったとのことでした。
この数年は子供が生まれて釣りは休止中だが、またやりたいとのこと。愛媛の釣り事情と関東の釣り事情を交互に話し楽しい時間をすごしました。
翌日も朝一に仕事があるのでゴメンねと思いながら会計へ。
店員
「1800円です」
たーたん
「???・・・間違ってませんか?」
店員
「鯛ラーメン、刺盛に生ですよね、1800円ですよ」
安い、安すぎる。。結構きれいなお店で美味しかったのですがこんなに安いのです。
新橋にもお店があり鯛ラーメン食べれるみたいです。
麺はたいしたこと無いけどスープがおススメですよ。たーたんも今度行ってみます。

その後はホテルで仕事をしながらドラクエをやりながら(おいおい)、
缶チューハイを2~3本(おいコラ)。
そのまま夢の中へ。。。
(朝6時に目が覚めたらすべてが中途半端で早朝の朝日を浴びながら仕事をする羽目に)
早起きしたおかげでPCでの仕事も、外での仕事も速攻完了したので夕方までフリー。

スーパーを覗くと天然チャリコ真鯛が売ってます。
値段にびっくりしてパチリ、123円也。
縮小P1090454

んじゃ海まで足を伸ばしてみよっと、特急に乗り込み今治経由でしまなみ海道へ。
自転車をレンタルして展望台を目指します。

展望台からの写真。
縮小P1090462

縮小P1090467
ここ来島海峡は「一に来島、二に鳴門、三と下って馬関瀬戸」と唄われた日本三大急潮の一つ。
潮流は最大10ノット(≒18km/h)にも達すると。18km/hっていったらママチャリ軽快に漕いでるくらいでしょうからこんなとこでカヤック浮かべたらすごいことになりますね、そのうち渦に巻き込まれて・・・くるくるして死ねます。

ここには世界にも類を見ない順中逆西という航行ルールがあるそうで、
船が潮流に乗って航行する順潮の場合は四国側を、逆潮の場合は本州側をと決まってるということで潮の流れで航路が入れ替わるようです。
こんな場所で海上標識浮かべると衝突するのでしょうか?確かに赤や緑の航路灯や標識の類は一切見当たりません。あるのは灯台のみ。
それゆえ海上には何も浮かんで無いのでさらに綺麗な景色な訳ですね。
でも海運が盛んなので1日1000隻も通るとのことです。

3連吊橋なので自転車で結構アップダウンあります。
たーたんは高所苦手なのでなるべく車道よりを走っていますが潮流を見ているといつの間にか
海側に自転車は寄ってしまいますね。目的地は急流観潮船。
中潮ですが目の前で見てみたいので。。

途中で眼下を見下ろすと潮流を横切る今通ったばかりのスピードのある小型船の後が
面白いようにグニャグニャになります。船も少々蛇行してる。。
縮小P1090470

30分くらいで目的地に到着。出船まで1時間以上ありますので
ここで昼食。自由に食材を選んで七輪を使って焼いていただきます。
縮小P1090474

ここでもご飯は鯛めしです。食材はシロギス・ツブガイ・カキ・タコ・アナゴ・ハマグリをチョイス。
縮小P1090475

縮小P1090476

シロギスでかい。結構うまい。
調子に乗って具財追加。アジと太刀魚。
縮小P1090480
カキがメチャうまです。
4月に広島出張のとき(出張はいつも遊んでるみたい。^^)宮島で食べたカキに近いですね。
あの時は帰ってからカキが恋しくなってもっと食べればよかったななんて思ってたので
今回はカキ追加。思い残すことはありません。
縮小P1090481
調味料も何じゃこりゃ?ってくらいに大量にありました。
減塩醤油は分かるけどなぜかガラムマサラが?
縮小P1090478

結構お腹いっぱい贅沢に食べましたが3000円以下。
観光地価格ではありますがそれでも安いです。関東だったら4~5000円の感覚です。
小さいけどハマグリ100円だったし。

まだ時間があるので自転車でお散歩です。
凪いだ海のそよ風が軽く汗ばんだ体に気持ちいい。
あの岬まで行って引き返そうかな~なんて思ってると
縮小P1090485
となりの島なんですよ!
縮小P1090486


食後の運動も済ませいよいよ潮流船へ。
縮小P1090489

今治造船を海から見学して潮流ポイントに向かいます。
このサイズの大型船でこれだけ喫水が浅い絵はなかなか見れません。
縮小P1090529
同世代の方なら必ず宇宙戦艦ヤマトを思い出しますね。

海と空が同じ模様でさざなみます。
鏡模様でも無いのに写したかのよう。
縮小P1090515

こんなプライベートビーチは無数にありますが
カヤックではたぶんたどり着けません。。
縮小P1090495

急流ポイントを3箇所回りますが予想通り大渦はありませんね~。
中潮のあまり潮の動かない時間でしたから。(でもとっても早いように見えるが・・)

船頭さんいわく出来たら潮の早いとき狙って着てくれと、でも今日はとっても大型船が多いので
それはラッキーだよと。(関西弁的なしかも猟師言葉的な話し方なので聞き取りにくい)
サービスなのか大型船通過後の真後ろを高速で横切ります。大型船との距離感がすごい!
縮小P1090563
大型船の数だけでも三番瀬の比じゃないくらい多くて行きかっていて圧巻です。

出張ついでの割には十分愉しみましたので帰りの飛行機の時間を考えながら早めに帰りましょう。
帰りもなるべく車道よりを走りながら眺めていると先ほどの写真の潮流ポイントが。
さっきより荒くなっています。船頭さんは22時くらいには渦になるかもって言ってましたね。
縮小P1090603

さらに自転車をこぎ進むと小渦?渦になりきれなくて、うずうずしていますね^^。
[高画質で再生]

うずうず

[広告] VPS
自転車を返して100円でシャワーを浴びてバスを待ちますが、
この日の潮は7ノット前後のようでした。縮小P1090621
あれで7ノット、10ノットはすごいでしょうね~。

今回はもちろん仕事メインですので短時間で一人寂しいサイクリングでしたが
このしまなみ海道は今治~尾道全長70kmあるそうで、この日も10人くらいが尾道から
きたそうです。あと10年位したら家族4人1泊計画で完走してみたいですね。
また、しまなみ海道をとおる100kmマラソンもあるようです。風とアップダウンがきつそう。


今回の鯛めし鯛ラーメンはぜひ自分の釣果で調理したいですね。
また鯛めしは炊き込みタイプ(北條式)とご飯に鯛の刺身をのっけて醤油系のあまだれと薬味で頂く宇和島等の南予式とあるようで(板さんに聞きました)こちらは鯛に限らずアジ等の刺身になるような食材なら何でもいけるとのことでした。いわゆる漁師飯でしょうね。こちらもぜひ試してみたいですね。

家族にも鯛めしを食べさせたくてお土産鯛めしの中でちょっと高級な物を選んで買って来ました。
縮小IMG_0217
でもさっちーは見つけてしまいます。原材料「イトヨリ」と。がっかりだけど笑いネタ。
あれか!あの勝山で釣ったやつね。
縮小IMG_0216


さてカヤックはしばらくご無沙汰ですが、今週末時間が取れるかもしれないので行きたいところ。
天気が気になりますね。ホーム三番瀬の様子でも見て来ようかな。。

長文に最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

Appendix

カヤックフィッシングRANKING参加中!!

更新の原動力になりますので押してくださいね!!!

月別アーカイブ

最新記事

★ティップラン★

ブログ内検索

たーたんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Appendix

カウンター

プロフィール

たーたん

Author:たーたん
2男児の父がカヤックを使って釣りを愉しみます。無理せずゆっくりと目指せ親子カヤックフィッシャーマン?カヤックフィッシングを初めから出来る限りブログに記していこうと思います。千葉県松戸市在住ですのでお近くの方、ご一緒しましょう!!水色デリカD:5にホビー・レボ11を車載。見かけたらお声かけてくださいね!!

★キャンプ★

Powered by FC2ブログ.
まとめ